督促でのSMS活用例

SMSは督促業務でも活用されています。
カードや家賃、税金などの滞納時に、視認性の高いSMSで連絡することで、回収率UPにつなげられます。

3分でわかる!SMSLINKの特徴と活用方法がわかる資料はこちら

このようなお困りごとはありませんか?

1件1件電話しても、なかなか電話に出てもらえず、かけ直す工数がかかっている
DMを郵送すると、印刷費・郵券代などのコストがかかる
業務負荷が大きいものの、回収率に直結するので督促業務をやめる訳にはいかない

SMSLINKを活用して、督促シーンの課題を解決できます

SMSLINKを活用して、督促シーンの課題を解決できます

視認性が高いので気づいてもらいやすい

SMSは、受信する数がメールよりも少ないため、ユーザーに確認してもらいやすいです。

また、迷惑メールとも混同されにくく、しっかりと内容を確認してもらえることで、回収率UPが期待できます。

視認性が高いので見てもらいやすい
低コストで案内が可能

低コストで案内が可能

SMSはDMや電話と比べると、コストが比較的安価で済みます。たとえば、DMでは印刷費や郵券代、電話では対応する人の人件費などがかかります。

その一方で、SMSは送信数と文字数によって金額が決まります。送信に料金がかかるといえど、前者のDMや電話に比べると料金が安くなるケースが多いです。

\SMSで機会損失を防止できる秘訣がわかる資料はこちら/
事例|不動産

督促における業務負荷削減&早期回収の実現!

導入前の課題

  • 不動産賃貸管理にて家賃・更新料金未納者への督促連絡をしていた。
  • 郵送は手間がかかるわりに見てもらえない、電話はでてもらえないなど、業務効率が悪く業務負荷がかかっていた。

SMSLINKの活用POINT

  • まずSMSを送り、その後電話、反応がない人には訪問する、と段階を分けた。
  • SMSには名前・物件名・口座情報などの個別情報を差込み、不信感を低減するように工夫した。

導入効果

  • 未納金の早期回収を実現!
  • 未払いを忘れていた層へのリマインドを効率的に実施。
  • 郵送や電話などにかかっていた時間が大幅に短縮でき、業務負荷を低減。
 
事例|弁護士事務所

督促の回収率50%UP!

導入前の課題

  • 受託債権対象者に対する督促で、督促料金の回収率が悪かった。

  • 郵送と電話で督促の連絡をしていたが、回収率が10%程度しかなかった。

SMSLINKの活用POINT

  • SMS、郵送、電話を組み合わせて複数の手段で連絡を行った。
  • 定型文機能や個別情報の差込み機能を活用し、少人数で効率的に運用できるようにした。

導入効果

  • 郵送&電話&SMSの組み合わせで、回収率を約50%向上できた。

  • 郵送や電話などにかかっていた工数を大幅に削減でき、業務負荷を低減。

 
事例|脱毛サロン

API連携によるSMS督促で回収率30ptカイゼン!

導入前の課題

  • 未納金の回収率が悪い

  • 未納者へ電話連絡をしていたが、業務負荷がかかっていた

SMSLINKの活用POINT

  • SMSで未納者へ督促連絡
  • API連携により、入金期日の1日後、15日後、1か月後…と自動でSMS配信する仕組みを構築

導入効果

  • 未納金の回収率が10pt改善
  • SMS配信の自動化で業務負荷を削減
  • API連携により、配信漏れや誤送信リスクを回避
\SMSで機会損失を防止できる秘訣がわかる資料はこちら/

関連資料

他の活用シーン

顧客とのコミュニケーションに

SMS配信サービスを導入してみませんか?

デモ依頼やサービスに関するお問い合わせはこちらから
SMSLINKに関する資料をこちらからダウンロードできます
パートナー制度に関するお問い合わせはこちらから