物流・運送業界でのSMS活用例

SMSは物流・運送でも活用されています。
配達時間を事前にSMSで通知することで、受取人の不在による再配達の工数削減につながります。
また、バース入構指示を運送ドライバーにSMSで通知することで、電話連絡工数の短縮にもつながります。

3分でわかる!SMSLINKの特徴と活用方法がわかる資料はこちら

このようなお困りごとはありませんか?

配達予定時間に在宅してもらえず、再配達が増え、工数増加につながっている
引っ越しの見積をメールで連絡したが、その後メールに返信がない。電話をかけてもつながらない
バース予約の空き状況をドライバーに電話で連絡していて、工数がかかっている

SMSLINKを活用して、物流・運送での課題を解決できます

配達日時の事前リマインドで在宅率UP

SMSはメールに比べて受信数が少ないため、ユーザーに確認してもらいやすいチャネルと言われています。

配達予定日時や変更方法の案内など、伝えたい情報を文字で伝えることができるようになり、「日時変更を忘れていた」「急遽外出してしまった」といった配達時の不在を抑制し、再配達数の減少に効果的です。

また「宅配業者を装った偽SMSと勘違いされるのでは」と不安に感じることもあるかもしれません。お客様の安心感につなげるために、名前や住所などの個別の情報差込することがオススメです。

配達日時の事前リマインドで在宅率UP
見積もり依頼者へのフォロー・案件掘り起こし

引っ越しの見積もり依頼者へのフォロー

引っ越しの見積もり提出後、連絡が取れない依頼者に対して、SMSでメッセージを送ることで、依頼者の状況を効率的に確認できます。

双方向SMS(送受信)を活用すれば、依頼者がSMSでそのまま返信することができ、依頼者とのスムーズなやり取りが可能になります。成約率の向上も期待できます。

バース管理システムと連携すれば、ドライバーへのSMS配信を自動化

バース予約管理システムとAPI連携することで、バース入庫指示や予約受付などのSMSの自動配信が可能になります。

SMSは携帯番号宛にメッセージを送るため、アプリのダウンロードやLINEの友達追加が不要で、ガラケーのドライバーでも通知が受け取れるなど、汎用性の高い連絡手段です。

バース管理システムと連携すれば、ドライバーへのSMS配信を自動化
\SMSで機会損失を防止できる秘訣がわかる資料はこちら/

関連資料

他の活用シーン

顧客とのコミュニケーションに

SMS配信サービスを導入してみませんか?

デモ依頼やサービスに関するお問い合わせはこちらから
SMSLINKに関する資料をこちらからダウンロードできます
パートナー制度に関するお問い合わせはこちらから