学校にも保護者にもメリット大!SMSで学校連絡を行おう

学校にも保護者にもメリット大!SMSで学校連絡を行おう


学校から保護者へ連絡を行う際、2015年頃までは、電話が一般的でした。しかし、電話は相手の状況によって出てもらえないことが多々あります。学校からの連絡は緊急性が高い内容も多いため、保護者に連絡が取れず頭を抱えた先生も多いことでしょう。そこで、2015年頃以降に多くの学校が取り入れ始めたのが、SMS(ショートメッセージサービス/ショートメール/Cメール)を利用した連絡です。

学校連絡においてSMSを使うことには、どういったメリットがあるのでしょうか。今回の記事では、学校連絡におけるSMS利用のメリットと併せて、具体的な活用例をご紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.学校から保護者への連絡は迅速かつ確実に行う必要がある
  2. 2.従来の連絡手段とその問題点
  3. 3.抜け漏れのない連絡に最適なSMS
  4. 4.SMSはこんな連絡に向いている
    1. 4.1.学校行事の開催・中止・変更連絡
    2. 4.2.災害時の緊急連絡
    3. 4.3.生徒欠席時の連絡にも
  5. 5.学校からの連絡はSMSを利用して素早く効率的に

学校から保護者への連絡は迅速かつ確実に行う必要がある

台風や地震などの自然災害が発生した場合だけでなく、運動会や遠足のような学校行事の開催・中止連絡など、学校から各家庭へ速やかに連絡しなければならないケースは数多く存在します。大切な生徒を預かる学校現場では、あらゆる状況に備えて、保護者との迅速かつ確実な連絡網を構築しておくことが常に求められているのです。


従来の連絡手段とその問題点

従来、学校から保護者へ連絡を取る際は電話が主流でした。各クラスで電話連絡網が作られ、担任から連絡内容を一番目の家庭に連絡し、それを決められた順番通りに各家庭が回していく手法が取られていました。

しかし、家庭によっては保護者が不在や多忙で連絡が取れないこともあり、スムーズに連絡が回らない、といったことも少なくありませんでした。

電話連絡網以外にも、担任が各家庭に直接連絡を入れて伝達する学校もありました。しかし、40人程のクラスに対し先生は1人です。クラス全員に連絡し終えるまでにかなり時間がかかります。

電話ではなくメールを利用して保護者へ連絡する学校も一定数存在しました。ですが、日ごろからメールの受信数が多い保護者の場合、学校からの大切な連絡を見逃してしまうため、こちらの手段にも問題点があるといえます。

このように、あまりに非効率的だったのがこれまでの学校連絡の方法です。電話もメールも迅速さを兼ね備えた確実な連絡方法とは言えなかったのです。


抜け漏れのない連絡に最適なSMS

電話やメールは教員の負担が大きく、確実に連絡を取ることが難しいことを前述しました。このような問題点を解消するため、ここ数年では、連絡にSMSを取り入れる学校が増えてきています。

SMSは携帯の電話番号宛てにテキストメッセージを送れるサービスです。SMSはスマートフォンだけでなく、フィーチャーフォン、いわゆるガラケーにも送信できるため、ほとんどの家庭に連絡が可能です。また、SMSは携帯電話に標準搭載されている機能であるため、保護者に専用のアプリなどをダウンロードしてもらう必要がないところも利便性が高いと言えるでしょう。

また、SMSは電話番号に対して送信するため、メールアドレスのように変更される可能性が少なく、不達率が低いのもポイントです。そのため、重要な連絡が他の手段と比較すると、より早く確実に保護者に伝わるのです。

SMS配信サービスを利用すれば一斉送信なども可能なので、教員の負担軽減にも繋がります。まさに学校連絡にふさわしい連絡方法として活用されているのです。

参考記事:SMS送信サービスとは?特徴や料金、選び方を徹底解説!


SMSはこんな連絡に向いている

SMSでの連絡は、「保護者に早く確実に伝えたい」といった内容に適しています。具体的な例をいくつか紹介します。


学校行事の開催・中止・変更連絡

運動会や遠足などの学校行事の当日朝、天候が怪しいと、予定通りに開催するのか中止するのか、速やかに各家庭に連絡しなければなりません。このようなとき、SMSであれば開催・中止の決定連絡を、迅速に、ほぼ確実に伝えることができます。
また、保護者の迎えが必要な行事において、行事の終了時刻が変更になりそうな場合や、PTA集会の日時が変更になった場合なども、SMSで連絡をすれば安心です。


災害時の緊急連絡

台風が近づいているときのように、午前中を休校にするのか、午後からは登校にするのかなどを迅速に各家庭に伝えなければならないシーンでも、SMSが非常に便利です。
SMSはメールとは異なり、電話と同じ回線交換ネットワークという通信を利用します。この通信方法にテキストメッセージのみを伝達させることで、電話より軽いデータ量で相手に届けられます。悪天候や地震など、素早くかつ確実に情報を届ける必要がある場面では、SMSが最適です。


生徒欠席時の連絡にも

生徒が欠席した日に緊急のお知らせプリントがある場合、SMSで内容を連絡すれば、プリントを直接その生徒の自宅まで届ける必要がありません。また、SMSであれば、電話連絡のようにメモを取る必要もなく、後から繰り返し確認することができるため、保護者にとってもメリットが大きいといえます。


学校からの連絡はSMSを利用して素早く効率的に

学校からの連絡は、確実に保護者に伝えなければならないものが多いです。また、クラス担任を持っている先生はただでさえ多忙であるため、従来の電話連絡のように時間をかけるのは非常に非効率的だといえます。

SMS配信サービスを利用すれば、保護者に連絡が確実に届くことはもちろん、一斉送信や送達・不達の確認などもできるため、教員の業務が一気に効率化するでしょう。保護者にとっても、学校側にとってもメリットの多いSMS。抜け漏れがあってはいけない情報の伝達にこそ、SMS配信サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

ネクスウェイの「SMSLINK」は、3ステップで簡単にSMS送信・管理を実現する業界最安値クラスのSMS配信サービスです。連絡業務を効率化させる、一斉送信や予約送信といった機能も充実しています。また、初期費用、月額固定費用ともに0円から導入可能なため、コストをかけずに運用をはじめられます。

SMS配信業務に課題を抱えている企業は、ぜひお気軽にご相談ください。

活用事例集


一覧に戻る >

SMSLINK紹介ページへ戻る >


株式会社ネクスウェイ SMS推進室
株式会社ネクスウェイ SMS推進室

主にtoC領域の企業様のコミュニケーション課題に対し、SMS配信サービス「SMSLINK」を用いた改善策の立案、サポートを提供。 顧客との様々なコミュニケーションにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

顧客とのコミュニケーションに SMS配信サービスを導入してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら
デモ依頼やサービスに関するお問い合わせはこちらから
SMSLINKに関する資料をこちらからダウンロードできます