【法人向け】SMSで写真を送付する方法|電話番号しか連絡先を知らない場合の対処方法や注意点とは

\\NXW701FILSRV01\fnxoa\IF5010\15_15期\SMS推進室\個人\加藤凸\マーケティング\SEO\コラム\34


この記事では、SMS(Short Message Service/ショートメッセージサービス/ショートメール/Cメール)を使って顧客に写真を送付する方法を知りたい人に向けて、SMSとは何なのか、写真を送付するにはどうすればよいのかなどを解説します。

この記事を読めば、SMSについての理解が深まり顧客にSMSで写真を送れるようになります。SMSの活用を検討している人はぜひ参考にしてください。


>>SMS配信で業務を効率化できる!SMS配信サービス「SMSLINK」の資料を請求する【無料】


目次[非表示]

  1. 1.そもそもSMSとは?
  2. 2.SMSの最大のメリット
  3. 3.SMSが活用されているケースを紹介
    1. 3.1.ケース(1)重要な連絡をする
    2. 3.2.ケース(2)本人認証で利用する
    3. 3.3.ケース(3)アンケートを実施する
  4. 4.SMSで写真を送付する方法とは?
  5. 5.【個人向け】SMSで写真を送れない場合の対処方法
    1. 5.1.「+メッセージ」を使う
    2. 5.2.MMS
    3. 5.3.iMessage
    4. 5.4.Androidメッセージ
  6. 6.【個人向け】SMSで写真を送付する際に注意すべきこと
    1. 6.1.送信料がかかる
    2. 6.2.送信数に上限がある
  7. 7.【法人向け】SMSで写真を送付する際に注意すべきこと
    1. 7.1.文字制限があるので短縮URLを活用する
    2. 7.2.適切な頻度で送信する
  8. 8.まとめ

そもそもSMSとは?

SMSとは、「ショートメッセージサービス(Short Message Service)」の頭文字を略した言葉です。携帯電話同士でメッセージのやり取りが行える機能で、個人間の利用だけでなく法人でも広く利用されてきました。

SMSはその名のとおり、短いメッセージのやり取りができます。そのため、簡単な文章や短めの用件の送付などに適しています。また、携帯電話のキャリアが異なっていても、SMSに対応しているキャリアであれば他社間のやり取りが可能です。


SMSの最大のメリット

SMSの大きなメリットは、携帯の電話番号さえわかっていればメッセージを送信できることです。

携帯電話番号の場合、緊急連絡先として顧客に確認している法人も多いでしょう。そのため、メールアドレスなどを聞いておかなくても、簡単にメッセージ送信可能です。

また、メールアドレスは英数字が混在していたり長かったりするため、記載ミスや登録ミスが起きやすいというデメリットがありますが、電話番号なら11桁の数字のみでこのようなミスが起こりにくいといえます。顧客側も電話番号なら記載しやすく、連絡先を把握しやすい点もメリットです。


SMSが活用されているケースを紹介

どのようなケースでSMSは使われているのでしょうか。ここでは、具体例を紹介します。

参考記事:SMSの活用方法を徹底解説!~企業でのおすすめのSMS活用方法とは?


ケース(1)重要な連絡をする

SMSの内容は、顧客の目に触れる可能性が高いです。例えば、知らない電話番号から電話がかかってきた場合、出てもらえない可能性もあります。一方、SMSであれば通知を見てもらいやすく、開封率も高いという特徴があります。

そのため、重要な連絡をした場合、その内容を確認してもらえる可能性が高まります。

ただし、SMSは短いメッセージしか入れられないため、重要事項のポイントだけを記載しましょう。詳細はURLなどで使って伝えるのがおすすめです。

参考記事:重要な業務連絡に必須!SMSで情報を確実に届けよう


ケース(2)本人認証で利用する

携帯の電話番号を利用して、SMSで本人確認をするケースも増えています。

SMSで4桁や6桁のショートコード(ワンタイムパスワード)が送信され、そのコードを入力してアプリやシステムにログインする仕組みです。

本人確認を行うSMS認証は、シンプルでありながらセキュリティ面の強化に役立ちます。二段階認証の手法として採用する企業も多く、セキュリティ強化を目指す場合にはぴったりの方法といえるでしょう。

参考記事:SMS認証とは?本人確認の重要性やメリット・デメリット、活用例について


ケース(3)アンケートを実施する

アンケートページのURLをSMSで送付するケースもあります。

SMSは前述したとおり、顧客の目に触れやすいメッセージです。Eメールなどでアンケートを送付する場合もありますが、迷惑メールに振り分けられたり、メールアドレスが間違っていたりして、顧客に到達しない可能性もあります。

その点、SMSはEメールほど受信件数が多くなく、顧客の目にとまりやすいです。そのため、アンケートに答えてもらえる可能性も高まり、顧客のニーズや要望などの把握に役立ちます。


SMSで写真を送付する方法とは?

基本的に、SMSは写真の添付ができません。では、SMSで写真を送付するにはどうすればよいのでしょうか。

SMSで写真を送付したい場合は、ネット上に画像をアップロードしてそのURLをSMSで共有する方法が一般的です。


ただし、SMSは文字数が限られているため、短縮URLを用いましょう。個人間であればそのままURLを貼り付けても構いませんが、法人間ならクリック率などが把握できる短縮URLのほうが便利です。

なお、短縮URLを作成するためには、専用サービスの利用が必要になります。

参考記事:SMSには文字数制限がある?上限について説明


【個人向け】SMSで写真を送れない場合の対処方法

SMSで写真を送れない場合には、その他のサービスを使ってみましょう。

以下では、具体的なサービスについて紹介します。


「+メッセージ」を使う

+メッセージ(プラスメッセージ)とは、SMS同様に電話番号のみでメッセージのやり取りが行えるアプリです。アプリをダウンロードすれば簡単に利用できますが、「ドコモ」「au」「ソフトバンク」の大手3キャリアのみでしか利用できないため、注意しましょう。

+メッセージでは、メッセージの送受信や写真や画像・ファイルなどの送信ができます。また、スタンプの使用も可能となっており、チャット形式で比較的気軽にやり取りできるのが特徴です。


MMS

MMSとは、「マルチメディアメッセージングサービス」を略したものです。電話番号のみで送受信できるSMSとは異なり、MMSの場合には各キャリアのメールアドレスを用いてメッセージのやり取りを行います。そのため、キャリアメールがなければ利用できません。

MMSはメッセージの送受信だけでなく、写真もチャットのように送信できます。文字数の制限もないため、使いやすいでしょう。また、電話料金はかからずデータ通信料のみ発生します。


iMessage

iMessageとは、専用のアプリを用いてメッセージのやり取りを行う方法です。専用アプリをインストールすれば、チャット形式でやり取りができるため、スピーディーに連絡が取りあえることが特徴です。また、テキストだけでなく画像や写真、ファイルなどの送受信もできます。

ただし、iMessageはiPhoneのみのサービスとなっているため、注意しましょう。自社もしくは顧客がAndroidスマホやガラケーを使用している場合には、利用できません。


Androidメッセージ

Androidメッセージとは、専用アプリを用いてメッセージのやり取りを行うものです。

専用アプリをインストールすれば、写真や画像だけでなく動画や音声メッセージなどのやり取りも可能で、幅広い用途に使えます。チャット形式での会話ができ、ステッカーやGIFも使えるなど機能が豊富です。

ただし、双方がAndroidメッセージをインストールしている必要があります。Androidメッセージ未インストールの端末とはやり取りできないため注意しましょう。


【個人向け】SMSで写真を送付する際に注意すべきこと

SMSで写真を送付する際には、注意してほしいポイントがあります。ここでは、3つの注意点について解説します。


送信料がかかる

SMSは1通送信するごとに料金がかかります。カケホーダイなどのプランに加入している場合であっても、別途送信料がかかるため注意しましょう。

SMSは1通送信するごとに約3円の送信料がかかるとされていますが、これはあくまでも目安です。実際には文字数が多くなるほど料金がアップするため、注意が必要です。


送信数に上限がある

SMSは無制限に送信できるわけではなく、上限が決められています。基本的には、1日に200通までです。法人で利用する場合に、この上限を超える場合もあるため注意しましょう。

また、キャリアや契約プランによっては1カ月3,000~6,000通の制限になっている場合もあります。


【法人向け】SMSで写真を送付する際に注意すべきこと

一般的な注意点の他に、法人がSMSで写真を送付する際に気をつけたいポイントもあります。


文字制限があるので短縮URLを活用する

SMSで写真を送付したい場合は、ネット上に画像をアップロードしてそのURLをSMSで共有する方法が一般的と伝えましたが、SMSには文字数制限があり、送信先のキャリアによって制限数が異なります。

キャリア別の上限文字数は下記の通りです。

  • au 全角670文字
  • ドコモ 全角660文字
  • ソフトバンク 全角670文字

上記から分かる通り、どのキャリアのSMSも文字数はEメールなどに比べると少ないです。


URLをそのまま貼り付けるとそれだけで文字数がいっぱいになってしまうケースもあるため、写真などを送付する際には短縮URLを活用しましょう。

SMSLINK」の場合、サービス側で短縮URLを自動生成することが可能です。都度、自分で短縮URLを作成する手間もなく、またクリックカウントも取得可能なため、送付後のフォローなどにも活用できます。


参考記事:SMS送信サービスとは?特徴や料金、選び方を徹底解説!


適切な頻度で送信する

SMSは電話番号のみで気軽に送信できるというメリットがあります。しかし、内容の薄いSMSを頻繁に送付していると、迷惑メールだと判断されてしまうケースもあるため、注意が必要です。迷惑メールだと思われれば開封されなくなり、顧客の目に触れにくくなります。

また、キャリアによっては、高い頻度で送られてくるSMSをスパムとして判断するケースもあるようです。

そのため、顧客に届けたい情報や顧客に有益な情報を適切な頻度で送信するように気を付けることが大切です。


まとめ

SMSは基本的に写真を添付できないため、アップロードしてURLを共有するといった方法が一般的です。SMSは文字数が限られているため、URLを共有する際には短縮URLを活用するとよいでしょう。

ネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」は、マニュアルレスで簡単に操作できます。使いやすい機能が充実しているのに加え、1通あたり8円~という業界最安値水準です。 FAX、郵送、メールなどの通信インフラを30年間に渡って提供してきた実績があり、保守・運用・サポートが充実しています。


>>SMS認証を実現できる!SMS配信サービス「SMSLINK」の資料を請求する【無料】


活用事例集


一覧に戻る >

SMSLINK紹介ページへ戻る >


株式会社ネクスウェイ SMS推進室
株式会社ネクスウェイ SMS推進室

主にtoC領域の企業様のコミュニケーション課題に対し、SMS配信サービス「SMSLINK」を用いた改善策の立案、サポートを提供。 顧客との様々なコミュニケーションにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

顧客とのコミュニケーションに SMS配信サービスを導入してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら
デモ依頼やサービスに関するお問い合わせはこちらから
SMSLINKに関する資料をこちらからダウンロードできます