二段階認証とはどのような仕組みなのか?必要性やメリット・注意点などを解説!

二段階認証とはどのような仕組みなのか?必要性やメリット・注意点などを解説!


二段階認証は、Webサービスやシステムのセキュリティ強化に有効なのでしょうか。そもそも二段階認証とは、どのような仕組みなのか知りたいと考えている人もいるでしょう。


この記事では、二段階認証の仕組みや必要性、メリット、注意点などを解説します。二段階認証の仕組みを詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてください。


二段階認証とはどのような仕組みなのか?必要性やメリット・注意点などを解説!


目次[非表示]

  1. 1.二段階認証とは
  2. 2.二段階認証が必要な理由
  3. 3.二段階認証の特徴
    1. 3.1.二段階認証の仕組み
    2. 3.2.二要素認証との違い
  4. 4.二段階認証を活用するメリットとは
  5. 5.二段階認証によく使われる3つの要素
    1. 5.1.知識
    2. 5.2.所有物
    3. 5.3.生体
  6. 6.二段階認証の主な方法
    1. 6.1.パスワード
    2. 6.2.ワンタイムパスワード
    3. 6.3.秘密の質問
    4. 6.4.生体情報
    5. 6.5.キャプチャ認証
    6. 6.6.シングルサインオン
    7. 6.7.確認コード
  7. 7.二段階認証を採用する際の注意点
  8. 8.まとめ

二段階認証とは

二段階認証とは、Webサービスやシステムなどにログインする際に、パスワードによる認証をしたうえで、さらにもう一段階別の認証を行うことです。パスワードが盗まれた場合に、二段階認証を行うことで不正ログインを防止できます。


二段階認証にはさまざまな方法があるため、自社に合った方法で導入を検討しましょう。詳しい二段階認証の方法については後述します。


二段階認証が必要な理由

近年、インターネットバンキングやモバイル決済など、さまざまなサービスをWeb上で行えるようになってきました。一方で、情報漏えいや不正ログインなどの問題が多発しています。そのため、より高度なセキュリティ対策が求められるようになりました。


従来の一段階の認証システムに比べて、二段階認証を行うことで、セキュリティを強化できます。したがって、現在では多くのサービスで、二段階認証が必要とされています。


二段階認証の特徴

二段階認証とは具体的にどのようなシステムなのでしょうか。ここでは、二段階認証の特徴について解説します。


二段階認証の仕組み

二段階認証は、2つの方法でユーザー認証を行うことでセキュリティを高める仕組みです。やり方としては、同じ方法で2回認証を行ったり、異なる方法を組み合わせたりします。


たとえば、2種類のパスワードによる認証、パスワードと指紋による認証、パスワードと秘密の質問による認証などがあります。いずれの場合も、2回の認証がクリアできなければログインできないのが特徴です。


二要素認証との違い

二要素認証とは、二段階認証のうち、2種類の要素による認証を行うことです。認証を行うための要素には、以下3つがあります。


●      ユーザー本人しか知り得ない知識

●      スマホやICカードなどの所有物

●      指紋や虹彩などの生体


これらの3つ要素のうち2つの要素を用いた二段階認証を「二要素認証」と呼びます。


たとえば、Webサイトにログインする際、IDとパスワードを入力して(知識)さらにスマホに送信されたパスコードを入力する(所有物)方法が二要素認証です。


二段階認証を活用するメリットとは

二段階認証を活用するメリットは、何よりもセキュリティ面の強化にあります。


二段階認証を行うことで、第三者に最初の認証を突破されても、次の認証でブロックできる可能性が高いでしょう。とくに二要素認証が設定されている場合は、最初にIDとパスワードを入力できても、不正アクセス側では次の要素が入力できず、ログインできない結果となります。


二段階認証を設定することで、高度なセキュリティを必要とするWebサービスも安心して利用できるようになるのです。


二段階認証によく使われる3つの要素

ここでは、二段階認証によく使われる3つの要素について、それぞれ解説します。


知識

「知識」は本人しか知り得ない知識を使った認証方法です。代表的なものはパスワードによる認証です。多くのサイトではログイン時にIDとパスワードが求められます。パスワード情報は本来、他人に教えることなく自分が知識として保管しているものです。


そのほか、秘密の質問による認証、画像に含まれる文字情報による認証、パターン認証などがあります。パスワードの後、秘密の質問の答えを入力する方法なども、二段階認証にあたります。


所有物

「所有物」は、ユーザーのみが所有する物を使った認証方法です。ICカード、ハードウェアトークン、ワンタイムパスワードなどが挙げられます。


スマホのメールやSMSにパスコードを送信して入力させる方法もよく使われていて、ログイン時にSMSの確認を求められたことのある人も多いでしょう。ハードウェアトークンやワンタイムパスワードも、ユーザーの手元にあるトークンもしくはスマホなどの端末に表示される情報でロック解除を行います。


生体

「生体」は、指紋や虹彩、顔、静脈など、ユーザーの身体的特徴を使った認証方法です。ユーザーだけが持つ唯一のものですが、生体認証を使うには、身体的な特徴を読み取る機器が必要になります。


生体認証は機械に読み取らせるだけで簡単に認証ができるうえ、安全性が高いこともメリットです。銀行のATMでも、すでに生体認証が使われている場合があります。指紋や顔などを読み取れるスマホの普及に伴い、生体認証の利用シーンは年々増え続けています。


二段階認証の主な方法

それでは、二段階認証の主な方法について確認してみましょう。これからご紹介する方法のうち、2つを組み合わせることで二段階認証となります。


パスワード

パスワードは従来、最も使われている認証方法です。現在では、二段階認証の第一段階として使われることが多くなっています。


多くの人にとって馴染みのある方法ですが、漏洩しやすいというデメリットもあります。不正ログインを防ぐためには、英字(大文字・小文字)、数字、記号などを組み合わせて文字数を多くする方法が有効です。


ワンタイムパスワード

ワンタイムパスワードとは、一定時間、かつ一回しか使用できないパスワードのことをいいます。ログイン時にハードウェアトークンやスマホアプリを確認し、表示されたパスワードを入力する形式です。


ハードウェアトークンやスマホアプリなどを使って生成されたパスワードを使用することで、セキュリティ性を高められます。


秘密の質問

秘密の質問とは、「ペットの名前は?」「母親の誕生日は?」などの個人的な質問をすることで、認証を行う方法です。パスワードを忘れ、再設定するときなどに用いられることが多いでしょう。このほか銀行のサイトの二段階認証に使われているケースもあります。


本人しか答えを知らない質問にあたるため、セキュリティ効果は高いといえます。


生体情報

指紋や虹彩、静脈、顔などの生体情報による認証方法を総合して「生体情報」と呼びます。


生体情報は、セキュリティ性や利便性が高いことが特徴です。本人だけが持っている情報によるため、機械で読み取るだけですぐログインできるのが便利な点です。ただし、身体の変化に対応できないこともあります。


キャプチャ認証

キャプチャ認証とは、画像認証のことで、画像を使ってコンピューターと人間を識別する方法です。


キャプチャ認証の具体的な方法はいくつかあります。例えば、画面に画像として表示された文字を入力させる、パズルを完成させるなどの方法などです。キャプチャ認証を行うと、機械による不正アクセスでないかどうかを確認できます。


シングルサインオン

シングルサインオンとは、1度認証を行うと、複数のシステムやアプリケーションを利用できるようになる認証方法です。


通常はシステムごとに行う認証を1度の認証で利用可能にするため、ユーザーの負担が軽くなります。複数のシステムをユーザーが頻繁に使うようなサービスでは、シングルサインオンを採用しておくと利便性が高まるでしょう。


確認コード

確認コードとは、SMSやメールなどに送られてくるコードを入力する認証方法です。SMSやメール、音声通話を使って、専用のコードが送られてくる仕組みとなっています。


ワンタイムパスワードともよく似ていますが、ワンタイムパスワードはトークンやアプリを使い、1度だけ、しかも一定の短時間だけ表示されるものです。確認コードは二段階認証の2段階目などに使われることがほとんどです。


参考記事:SMS認証は必須?SMS認証サービスを導入するための必要知識を解説します


二段階認証を採用する際の注意点

二段階認証にはスマホが使用されることが多いため、スマホを紛失したり盗まれたりした場合に使用できなくなってしまうのが難点です。また、スマホを機種変更した場合に使用できなくなるケースもあります。


スマホを使う二段階認証では、バックアップとして別の認証方法を設定しておく必要があるでしょう。ユーザーにバックアップコードを保存してもらうなど、あらかじめ二段階認証がうまくいかないことを想定した対応が必要です。


まとめ

二段階認証は、セキュリティを強化するために必要とされている認証機能です。二段階認証を行うにはさまざまな方法があるため、自社に最適な方法を選択し、システムの整備をおすすめします。


自社のシステムに二段階認証を設定する場合、信頼性のあるサービスを利用することでより安全、かつ安定した認証をユーザーに提供できます。SMS認証を取り入れたい場合は、SMS配信サービス「SMSLINK」であれば、充実した保守運用、かつ業界最安値水準で、実績のある安定した二段階認証を提供可能です。活用事例などをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。


>>【無料ダウンロード】安全で確実なSMS配信サービスなら「SMSLINK」

>>「SMSLINK」を詳しく見る


活用事例集


一覧に戻る >

SMSLINK紹介ページへ戻る >


株式会社ネクスウェイ/SMS推進室
株式会社ネクスウェイ/SMS推進室
主にtoC領域の企業様のコミュニケーション課題に対し、SMS配信サービス「SMSLINK」を用いた改善策の立案、サポートを提供。 顧客との様々なコミュニケーションにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

今月の人気記事ランキング

SMS配信の基礎知識

顧客とのコミュニケーションに

SMS配信サービスを導入してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら
デモ依頼やサービスに関するお問い合わせはこちらから
SMSLINKに関する資料をこちらからダウンロードできます