二段階認証とは?仕組みや二要素認証との違い、利用時の注意点を説明

二段階認証とは?仕組みや二要素認証との違い、利用時の注意点を説明


二段階認証とは、システムやアプリなどへのアクセスの際に、2回認証を行うことを指します。この記事では二段階認証とは何なのか、仕組みや利用するメリットなどを詳しく解説します。

この記事を読んで、自社に合う二段階認証の方法を見つけましょう。


>>SMS認証を実現できる!SMS配信サービス「SMSLINK」の資料を請求する【無料】


目次[非表示]

  1. 1.そもそも二段階認証とは?
  2. 2.二段階認証の仕組みを解説
  3. 3.二段階認証の必要性が注目される理由とは?
  4. 4.二要素認証と二段階認証の違いを押さえよう
  5. 5.二段階認証を利用するメリット・デメリット・注意点
    1. 5.1.メリット:サイバー攻撃による被害を抑える
    2. 5.2.デメリット:設定・認証作業が面倒
    3. 5.3.注意点:フィッシング詐欺は防げない
  6. 6.二段階認証の活用シーンを紹介
    1. 6.1.シーン①振込
    2. 6.2.シーン②ログイン
    3. 6.3.シーン③チケットの購入
  7. 7.二段階認証にはいろいろな方法がある
    1. 7.1.①コード
    2. 7.2.②パスワード
    3. 7.3.③生体情報
    4. 7.4.④USBスティック
    5. 7.5.⑤乱数表
    6. 7.6.⑥SMS
    7. 7.7.⑦通話
    8. 7.8.⑧メール
    9. 7.9.⑨アプリ
    10. 7.10.⑩トークン
  8. 8.ウイルス対策ソフトやWAFとの違いを知っておく
  9. 9.二段階認証を利用する前に注意すること
    1. 9.1.注意点:パスワードなどの管理が必要
    2. 9.2.注意点:できれば複数のデバイスで認証を行う
  10. 10.まとめ

そもそも二段階認証とは?

二段階認証とは、その名のとおりサービスやシステムにアクセスする際に、二段階の認証が行われることを指します。例えば、パスワードを入力した後に指定されたコードを入力する必要があるものなどがあります。


二段階認証の仕組みを解説

二段階認証では、1回目の認証の後に再度認証を行ってどちらも問題なくクリアした場合にのみ、サービスやシステムなどへのアクセスが許可されます。

詳しい認証方法については後述しますが、パスワードやコードを使用したり、指紋などの生体情報を利用したりする方法があります。

また、スマホやパソコンといったように、異なるデバイスで認証作業を行うケースも多いです。


二段階認証の必要性が注目される理由とは?

インターネットが広く普及したことにより、インターネットを利用するサービスも拡大を続けており日常生活に浸透しつつあります。例えば、ネットショッピングやネットバンクなど、そのサービスは多岐にわたります。

インターネットの普及とともに、セキュリティを突破する技術も向上しており、さまざまな方法で不正アクセスなどが行われているのが現状です。利用者はより強固なセキュリティ対策が求められているため、二段階認証の重要性が高まっています。


参考記事:SMS認証とは?本人確認の重要性やメリット・デメリット、活用例について


二要素認証と二段階認証の違いを押さえよう

二段階認証と似た言葉に、二要素認証というものがあります。二要素認証とは、知識要素、所有要素、生体要素のうち、いずれか2つの要素を使った認証のことを言います。例えば、パスワード(知識要素)と指紋認証(生体要素)、パスワード(知識要素)とSMS(所有要素)など異なる要素を組みあわせます。

一方、二段階認証とは、認証方法の要素が同じものも異なるものもどちらも含まれます。認証の"段階"を2回経て認証しますが、要素の数は問われません。


二段階認証を利用するメリット・デメリット・注意点

二段階認証にはメリット・デメリットどちらもあります。ここでは、二段階認証を利用するメリットとデメリット、注意点について解説します。


メリット:サイバー攻撃による被害を抑える

認証が1回のみの場合、サイバー攻撃を1回受けただけで突破されてしまう可能性があります。しかし、二段階認証であれば1回目の認証を突破されたとしても、再度認証しなければいけません。認証が2回あれば、その分サイバー攻撃をブロックできる可能性が上がります。

また、システムやアプリを利用しているユーザーの情報を漏えいしてしまうリスクも軽減できるため、サービスなどを利用する際の安心感が高くなります。


デメリット:設定・認証作業が面倒

二段階認証では、設定や認証作業が面倒だと思われる可能性もあります。1回の認証ではサービスなどにアクセスできないため、手間がかかると感じるケースも多いでしょう。素早くログイン・アクセスしたいというニーズのあるユーザーにとっては、使いにくいと思われるケースもあります。

二段階認証には、さまざまな種類があります。そのため、サービスやアプリ利用者にとって使いやすいもの、例えば指紋などの生体認証、SMSなどを選ぶとよいでしょう。


>>SMS認証を実現できる!SMS配信サービス「SMSLINK」の資料を請求する【無料】


注意点:フィッシング詐欺は防げない

フィッシング詐欺とは、ユーザーを偽のサイトへ誘導して情報を盗む詐欺です。正規サービスを装っているため、詐欺だと気づきにくいです。フィッシング詐欺だと気づかず二段階認証を行ってしまうと、攻撃者にログイン情報が知られてしまいます。

二段階認証ではフィッシング詐欺は防げませんが、ウイルス対策ソフトなどと併用して弱点をカバーする方法があります。


二段階認証の活用シーンを紹介

二段階認証が活用される場面にはどのようなものがあるのでしょうか。以下では活用シーンを3つ紹介します。


シーン①振込

ネットから振込手続きをする場合、二段階認証が行われます。各銀行で方法は異なりますが、多くの銀行で導入されています。パスワードやIDでネットバンキングにログイン、アプリなどでワンタイムパスワードを発行、発行されたパスワードを入力するのが一般的です。


シーン②ログイン

金融機関でもSMSによる二段階認証を導入しているケースは多くあります。銀行などのWebサイトでパスワードやIDを入力、その後SMSによる認証を行い、認証が完了すれば口座情報にログインできるといった仕組みです。


シーン③チケットの購入

ネットなどでチケットを購入する場合、なりすまし防止などの理由から発券の際に二段階認証が導入されています。チケットサービスにパスワード・IDを使ってログイン、SMSなどで発券番号の発行、発券機に番号を入力といった流れが一般的です。


二段階認証にはいろいろな方法がある

二段階認証にはさまざまな方法があります。以下では、二段階認証の種類について解説します。


①コード

コードとは、SMSなどで送付される文字列を指します。例えば、パソコンからパスワードやIDなどを入力した後、スマホにSMSでコードが送信され、そのコードをパソコンの画面上から入力するといった方法で使われます。


②パスワード

認証方法としては一般的で、広く知られている方法です。あらかじめ設定した文字列を認証画面で入力する方法で、1度目の認証で用いられるケースが多いでしょう。人に知られないようにする、パスワードを使い回さないなど、適切な管理が必要です。


③生体情報

生体情報とは、例えば指紋や虹彩(瞳)、筆跡などを指します。これらの生体情報は他人が簡単に模倣できないため、サイバー攻撃などでも突破されにくいというメリットがあります。ただし、身体的理由から使用できるユーザーが限られるケースもあるため、注意が必要です。


④USBスティック

物理的機器を用いた認証方法でVPNアクセスの際に有効です。ポートにUSBスティックを挿入することで、アクセス可能になりますが、USBスティックの管理が必要になります。また、挿入する機器がない場合、アクセスできなくなるため注意が必要です。


⑤乱数表

金融機関などで使われている方法で、ユーザーごとに乱数が記載されたカードを配布し、乱数表に書かれた数字を使って認証を行います。しかし、乱数表を不正入手する事件が発生したため、乱数表の使用を止めてワンタイムパスワードに移行する銀行も増えました。


⑥SMS

SMSとは、電話番号のみでメッセージのやり取りが行えるサービスです。SMSで送付された認証コードを用いて二段階認証を行います。大企業を中心にSMSでの二段階認証は増えていますが、格安スマホなどはSMSに対応しておらず、使用できないユーザーもいます。


SMSで二段階認証を行う場合には、既存システムとAPI連携することが一般的です。

参考記事:SMSのAPI連携とは?SMSを自動送信するには既存システムとのAPI連携がおすすめ


⑦通話

ユーザーが登録した番号に電話がかかってきて、自動音声でコードを案内される方法です。しかし、電話に対応できる環境にいなければ使用できない、耳が遠い人などは使いにくい、などのデメリットがあります。


⑧メール

あらかじめユーザーが登録しておいたメールアドレスに、認証URLやコードなどが送付されるタイプの認証方法です。認証URLにアクセスしてログインを行ったり、届いたコードを入力したりして認証を行います。


⑨アプリ

専用アプリを通じてログインを行う方法です。例えば、認証しようとした場合にアプリに通知が届き、許可するとログインできるといった仕組みになっています。生体認証やコード認証とも相性がよく、組み合わせやすい認証方法です。


⑩トークン

トークンとは、自動でワンタイムパスワードを生成するもので、手のひらに収まるぐらいの小さな機械です。外部デバイスを使用する方法の中では安全性が高くなっていますが、紛失しないように、ユーザーにしっかりと管理してもらう必要があります。


ウイルス対策ソフトやWAFとの違いを知っておく

ウイルス対策ソフトとは不審なファイルを検知・駆除するもので、マルウェア対策として用いられるケースが多いです。怪しいファイルのダウンロードや実行などを防げ、ウイルスの侵入を防御します。

一方、WAFとは「Web Application Firewall」略で、Webアプリに対する攻撃の検知や遮断などが可能です。セキュリティの脆弱性をついた攻撃を防御できます。

二段階認証は、第三者にアカウントを悪用されないための対策です。このように、セキュリティ対策はそれぞれに役割が異なるため、組み合わせて利用しましょう。


二段階認証を利用する前に注意すること

二段階認証を利用する前に、注意したいポイントがあります。ここでは、2つの注意点を解説します。


注意点:パスワードなどの管理が必要

パスワードやトークンなどを使って二段階認証をする場合には、ユーザーにしっかりと管理してもらう必要があります。パスワードを盗まれれば認証が突破されるリスクも高まります。

パスワードを第三者に知られないように管理する、トークンを紛失しないようにしてもらうなど、ユーザーのセキュリティ意識を高める必要があるでしょう。


注意点:できれば複数のデバイスで認証を行う

二段階認証は、複数のデバイスで認証を行ったほうがよいでしょう。2回とも同デバイスから認証すると、その端末がウイルスなどに侵されていた場合、二段階認証を突破されるリスクが高まるからです。

そのため、スマホ+パソコン、パソコン+タブレットなど複数デバイスから二段階認証を行うようにしたほうが、セキュリティリスクは軽減できます。


まとめ

二段階認証とは、パスワード+指紋認証というように2回認証を行う方法です。組みあわせはさまざまですが、SMSを使った二段階認証は複数デバイスで認証ができるため、セキュリティリスクが軽減できるなどメリットが大きいです。

ネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」は、マニュアルレスで簡単に操作できます。使いやすい機能が充実しているのに加え、1通あたり8円~という業界最安値水準です。 FAX、郵送、メールなどの通信インフラを30年間に渡って提供してきた実績があり、保守・運用・サポートが充実しています。


>>SMS認証を実現できる!SMS配信サービス「SMSLINK」の資料を請求する【無料】


活用事例集


一覧に戻る >

SMSLINK紹介ページへ戻る >


株式会社ネクスウェイ SMS推進室
株式会社ネクスウェイ SMS推進室

主にtoC領域の企業様のコミュニケーション課題に対し、SMS配信サービス「SMSLINK」を用いた改善策の立案、サポートを提供。 顧客との様々なコミュニケーションにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

顧客とのコミュニケーションに SMS配信サービスを導入してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら
デモ依頼やサービスに関するお問い合わせはこちらから
SMSLINKに関する資料をこちらからダウンロードできます