SMSを一斉配信するには?|サービスの選び方や導入方法、注意点を解説

​​​​​​​SMSを一斉配信するには?|サービスの選び方や導入方法、注意点を解説


SMS(ショートメッセージサービス/ショートメール/Cメール)は通常、1つの宛先にしか送信できませんが、SMS一斉配信サービスを利用することにより、複数の宛先にメッセージを届けられます。SMS一斉配信サービスは、SMSのメリットを活かし、さまざまな使い方ができます。

この記事では、SMS一斉配信サービスとは何か、どのようなメリットやデメリットがあるのかを解説します。SMSを一斉配信したいと考えている方はぜひご一読ください。

SMSの一斉配信を効果的に行いたい方へ
>>>業界最安値水準「SMSLINK」のサービス資料を請求する【無料】


目次[非表示]

  1. 1.SMS一斉配信サービスとは?
    1. 1.1.通常のSMSとの違い
    2. 1.2.SMS一斉配信サービスの内容
    3. 1.3.SMS一斉配信サービスにかかる費用
  2. 2.SMS一斉配信サービス導入のフロー
    1. 2.1.SMSの用途を確認する
    2. 2.2.サービスを選ぶ
    3. 2.3.配信テストを行う
    4. 2.4.配信を開始する
  3. 3.SMS一斉配信のメリット
    1. 3.1.視認性が高い
    2. 3.2.到達率が高い
    3. 3.3.アプローチ幅が広い
  4. 4.SMS一斉配信のデメリット
    1. 4.1.文字数が制限される場合がある
    2. 4.2.画像が入れられない
    3. 4.3.1通ごとに料金がかかる
  5. 5.SMS一斉配信の活用例
    1. 5.1.本人確認・ニ要素認証
    2. 5.2.予約の確認・リマインド
    3. 5.3.税金・家賃などの督促
    4. 5.4.決済の完了
    5. 5.5.日程の連絡
    6. 5.6.業務連絡
    7. 5.7.緊急連絡
  6. 6.SMS一斉配信サービスを選ぶポイント
    1. 6.1.導入費用
    2. 6.2.送信元電話番号の表示
    3. 6.3.文字数
  7. 7.SMS一斉配信サービス利用の注意点
    1. 7.1.特定電子メール法
    2. 7.2.国内直収接続
  8. 8.まとめ

SMS一斉配信サービスとは?

SMS一斉配信サービスとは、複数の相手の携帯電話にメッセージを送信できるサービスです。通常のSMSと同様、電話番号だけで送信可能で、到達率が高く、また端末の電源が入っている状態であれば自動的に受信し、画面にポップアップ通知されるため視認性が高いというメリットがあります。


通常のSMSとの違い

SMS一斉配信サービスは、通常のSMSとは異なり、スマートフォンや携帯電話ではなくパソコンで送信を行います。パソコンのWebブラウザ画面で送信する「Webタイプ」や、システム連携で自動送信する「APIタイプ」などがあります。また、通常のSMSでは、1日あたりの送信件数に限りがありますが、一斉配信サービスには上限がありません。


SMS一斉配信サービスの内容

SMS一斉配信サービスでは、どのようなことができるのでしょうか。


◆長文の配信機能

通常SMSは70字程度の文字数制限がありますが、長文配信機能があるSMS一斉配信サービスなら、長文での配信が可能です。SMSLINKの場合、最大660文字まで配信できます。


◆URLの短縮機能

長いURLを自動的に短縮する機能です。長いURLを短縮することで、配信するSMSの文字数を節約して情報を送信できます。


◆配信結果の確認機能

SMS一斉配信サービスの管理画面上で、配信結果を確認できる機能です。SMSが届いているかどうかなどの確認が可能です。


◆予約配信機能

SMSを一斉配信する日時を事前に指定して、自動送信できる機能です。キャンペーンなどにあわせた配信が簡単にできます。


SMS一斉配信サービスにかかる費用

SMS一斉配信サービスの多くは、初期費用や月額料金が不要の従量課金制です。1通あたりの送信料金はサービスにより異なりますが、10円前後から利用できます。SMSLINKの場合、業界最安値水準の1通8円~配信できます。


SMS一斉配信サービス導入のフロー

SMS一斉配信サービスを導入するには、どのようにすればよいのでしょうか。ここでは、導入の流れを解説します。


SMSの用途を確認する

はじめに、配信する内容やSMSを利用する目的を確認しましょう。例えば、多くの情報を送信したい、確実に情報を届けたいといった目的を明確にしたうえで、必要な機能を取り揃えたサービスを検討することが重要です。


サービスを選ぶ

必要なサービスや機能を明確にしたうえで、サービスを選びましょう。サービスによって提供されている機能は異なるため、比較検討が必要です。トライアルを利用するのもおすすめです。

配信テストを行う

利用するサービスが決定したら、配信リストや内容をアップロードして、配信テストを行いましょう。また、API接続を行う場合には、エンジニアがシステム接続を行って、エラーが発生しないように配信テストをする必要があります。


配信を開始する

配信開始後はテストの延長線と考えて、少しずつ配信し、問題がなければ徐々に増やすのがよいでしょう。また、効果の検証や改善を行って、継続して配信することも大切です。


SMS一斉配信のメリット

SMS一斉配信には、主に3つのメリットがあります。ここでは、それぞれのメリットを解説します。


視認性が高い

SMSは視認性が高いことが大きなメリットです。他の情報伝達手段である、キャリアメールやフリーメールなどと比較すると、受信件数が少ないため埋もれにくく、また、受信時にはポップアップ表示が出るため目に留まりやすいといった特徴があります。


到達率が高い

SMSは電話番号のみで送信可能です。現在では、ほとんどの人が携帯電話やスマートフォンを持っているため、多くの人に情報を届けやすい、リーチが広いといったメリットがあります。また、MNPにより電話番号の変更が少なくなったため、長期間にわたって情報を届けやすい、接点を持ちやすいのもメリットといえるでしょう。


アプローチ幅が広い

SMSはキャリアに関係なく、携帯電話にもスマートフォンにも送信できます。また、SMSを受信するために特別なアプリは不要であるため、受け取る側は面倒なインストール作業をせずに利用できます。携帯電話・スマートフォンに不慣れな高齢者などにも、情報を届けやすいのは大きなメリットです。


SMS一斉配信のデメリット

メリットも多いSMS一斉配信ですが、デメリットもあります。ここでは、4つのデメリットについて解説します。


文字数が制限される場合がある

送信文字数は全角670文字まで、もしくは660文字までと、キャリアによって異なります。そのため、文字数上限が660文字の端末に670文字のメッセージを送信すると、途切れてしまうかもしれません。また、従来のSMSへの送信可能は文字数は70文字までだったため、古い仕様の端末では、受信時に分割される可能性があります。


画像が入れられない

SMSは、通常のキャリアメールやフリーメールなどのように、画像の挿入や添付ができません。送信できる内容は文字のみであるため、商品画像などの添付資料を届けられないことを覚えておきましょう。添付資料を送信したい場合は、画像などをオンラインストレージに保管したうえで、URLをSMS本文内の記載する方法があります。受信者はSMS内のURLをクリックして画像を確認できますが、一手間がかかります。


1通ごとに料金がかかる

SMSは1通ごとに料金が発生する仕組みです。通数は宛先数ではなく、文字数によってカウントされます。何文字を1通とするかは、キャリアによって異なるため注意が必要です。そのため、送信するメッセージ本文の文字数が多いと、想定よりコストが高くなるケースもあります。一斉配信サービスの月額料金以外もかかる可能性があるため、送信件数や頻度、メッセージ本文の文字数などから、どの程度の料金がかかるのかを、あらかじめ確認することをおすすめします。


SMS一斉配信の活用例

SMSには、視認性や到達率が高いというメリットがあり、その特性を利用したさまざまな通知や連絡に活用されています。ここでは、具体的な活用例を紹介します。


本人確認・ニ要素認証

SMSはアプリやシステムにログインする際の本人確認・二要素認証にも使われており、「SMS認証」と呼ばれています。携帯電話宛てに4桁や6桁のショートコード(ワンタイムパスワード)が送信され、そのコードを入力して本人確認を行う方法です。
携帯電話やスマートフォンの契約には、本人確認が必須とされています。そのため、携帯電話などの電話番号に送信するSMSは、本人確認としての信頼性が高まります。なりすましのリスク回避にもなるため、本人確認や二要素認証などで活用されています。

参考記事: SMS認証とは?本人確認の重要性やメリット・デメリット、活用例について


予約の確認・リマインド

SMSは、飲食店や美容院の予約の確認・リマインドにも活用されています。電話番号だけでメッセージを送信できるため、電話対応の際にメールアドレスなどの情報を聞く必要がありません。また、予約日時が近くなった段階で、確認のメッセージを送信することで、無断キャンセルや予約忘れなどを防ぐ効果があります。

参考記事: 飲食店無断キャンセル対策で活躍するSMS配信とは?


税金・家賃などの督促

税金滞納者への督促連絡や、家賃回収の連絡にもSMSは活用されています。滞納者への電話連絡を減らせるなど、連絡する担当者の精神的負担の低減にもなります。先述のとおり、携帯電話やスマートフォンは、本人である確実性が高いという特徴があり、また、視認性や到達率が高いため、期限がある支払いの通知や督促などに向いています。


決済の完了

ネットショップやクレジットカードを利用した際の、決済通知にも広く活用されています。SMSは視認性が高いため、必ず確認してほしい、確認しなければいけないなどの通知に適しています。


日程の連絡

メッセージを確認してもらえる可能性が高いため、荷物の配送、修理や点検などの訪問日時の連絡にも向いています。顧客が在宅していなければ完了しない業務では、事前に日程をSMSで連絡することで、スムーズに業務を進められます。


業務連絡

シフトの変更や社員全員に連絡が必要な通知など、さまざまな業務連絡に活用できます。チャットツールを使う必要がなく、メールよりも確実に届けられるため、情報の伝達度が高まります。

参考記事: 重要な業務連絡に必須!SMSで情報を確実に届けよう


緊急連絡

SMSは災害に強い連絡方法としても知られています。災害時には、多数の人への電話連絡は時間がかかってしまいますが、SMSによる一斉配信なら、正しい情報を迅速に伝えられるというメリットがあります。


SMS一斉配信サービスを選ぶポイント

SMS一斉配信サービスを選ぶ際には、どのような点をチェックすればよいのでしょうか。ここでは、3つのポイントについて解説します。


導入費用

SMS一斉配信サービスは、初期費用が無料のものを選ぶとよいでしょう。先述のとおり、事業者の多くは従量課金制を採用しており、1件送信するごとに料金がかかります。初期費用や月額料金が無料のサービスを選ぶと、コストが抑えられます。月額料金で選ぶ際には、1ヶ月あたりの送信件数、メッセージ本文の文字数も考慮しましょう。


送信元電話番号の表示

SMSを送信した際、相手側に表示される送信元電話番号を変更できるかどうかも、ポイントの1つです。送信元の電話番号が変更できないと、受け取った人が折り返しの電話ができません。また、他社との区別がつかなかったりするため、受信した相手が不信感を抱き、メッセージを読まない可能性があります。自社の保有する電話番号での配信が可能かどうかをチェックすることをおすすめします。なお、自社の保有する電話番号で配信を希望する場合は、初期費用や月額費用がかかることが一般的です。


文字数

サービスによって、送信可能な文字数は異なります。多くの情報を送信したい場合には、長文対応しているかどうか、URLの短縮機能があるかなどのチェックは欠かせません。また、キャリアによる違いがあるケースも多いです。特定のキャリアでのみ長文の送信が可能なサービスなどもあるため、確認も必要です。


SMS一斉配信サービス利用の注意点

SMS一斉配信サービスを利用する際には、以下の2点に注意しましょう。


特定電子メール法

宣伝や販促へのSMS利用は、通常のメールなどと同様に「特定電子メール法(特電法)」の対象になります。そのため、SMSを用いて広告や宣伝など営利目的を伴う情報を送信する際には、受信相手に「広告宣伝メールの送信をしてもよいか」を必ず確認し、同意を得なければなりません。また、送信元の提示や受信停止方法の明記も必要です。

参考記事: 特定電子メール法とは?SMSも対象?担当者の疑問にお答え


国内直収接続

国内直収とは、国内の携帯キャリアにSMS配信サービスが直接接続していることを指します。国内直収接続のSMSを送信することで、国内の顧客への到達率が高まります。料金が安いのは国際網接続ですが、到達率が低いというデメリットがあります。また、スパムメールと判断されないためにも、国内直収接続のSMS配信サービスを選ぶのがよいでしょう。


まとめ

SMS一斉配信サービスを利用すると、複数の相手の携帯電話やスマートフォンにメッセージを送信できます。SMSは視認性や到達率が高いため、宣伝や販促のほかにも、さまざまな通知や連絡に活用できます。

ネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」は、マニュアル不要の簡単操作で、使いやすい機能が揃っています。また、業界最安値水準(8円/通~)で、保守・運用・サポートも充実しています。SMS配信サービスをお探しなら、ぜひお問い合わせください。

>>SMS配信で業務が効率化できる「SMSLINK」のサービス資料を請求する【無料】


活用事例集


一覧に戻る >

SMSLINK紹介ページへ戻る >


株式会社ネクスウェイ SMS推進室
株式会社ネクスウェイ SMS推進室

主にtoC領域の企業様のコミュニケーション課題に対し、SMS配信サービス「SMSLINK」を用いた改善策の立案、サポートを提供。 顧客との様々なコミュニケーションにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

SMS配信の基礎知識

SMS送受信にかかる料金は?法人向けに徹底解説

SMS(ショートメッセージサービス)の利用には料金が発生します。今回はSMS配信サービスを利用した際の料金体系、またコストを抑えることが可能なネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」についてご紹介します。

SMS配信とは?注目されている理由や優れているポイント、事例を紹介!

社会にIT技術が浸透していくとともに、顧客への連絡にSMS(ショートメッセージサービス)を配信する企業が増えています。SMSは視認性が高く、ユーザーへ連絡する手段として優れており、ツール(SMS配信サービス)を導入している企業も少なくありません。 今回は、SMS配信について注目されている理由、他の連絡手段と比べて優れているポイント、活用事例などを解説します。ぜひ参考にしてください。

【法人向け】SMS配信サービスの料金や使い方、メリットなどを解説

SMS(ショートメッセージサービス)は携帯電話の番号宛にメッセージを送る仕組みのことです。法人がSMS配信サービスを使用する際の料金やメリット、個人でのSMS利用との違いなどを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

企業におすすめのSMS配信サービスとは?到達率アップ&コストダウンを実現

メールを送っても反響がない・視認性が低い、電話だと工数がかかるというお悩みはありませんか。本記事では、SMS(ショートメッセージサービス)をPCから送れるSMS配信サービスが企業の顧客コミュニケーションにおすすめの理由について解説します。視認性が高いSMSを用いて、顧客コミュニケーション効果を高めてください。

【法人向け】おすすめのSMS配信サービスについて解説。料金や特徴などのポイントをご紹介

法人向けSMS配信サービスのメリットや選び方を解説します。メールに比べて到達率と視認性が高い情報伝達手段として、特にBtoCの分野でSMS(ショートメッセージサービス)の再評価が進んでいます。ユーザーへ確実にメッセージを届けるSMS配信サービスについてご紹介します。

顧客とのコミュニケーションに

SMS配信サービスを導入してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら
デモ依頼やサービスに関するお問い合わせはこちらから
SMSLINKに関する資料をこちらからダウンロードできます