SMSとCRMツールを連携させるメリットや活用例、ツールを選ぶポイントを解説

SMSとCRMツールを連携させるメリットや活用例、ツールを選ぶポイントを解説


企業のビジネスをよりスムーズに進めるため、自社のCRMツールとSMS(ショートメッセージサービス/ショートメール/Cメール)を連携させたいと考えている人も多いでしょう。この記事では、SMSとCRMの連携を検討している人に向けて、SMSとCRMを連携させるメリットや活用事例について解説します。注意点やサービスを選ぶときのポイントについても解説するため、ぜひ参考にしてください。


☆SMS配信サービスをご検討の方へ

>>>「SMS配信サービス選び方のポイント」ダウンロード(無料)はこちらから


目次[非表示]

  1. 1.SMS・CRMとは
    1. 1.1.SMSの概要
    2. 1.2.CRMの概要
  2. 2.SMSはAPIでCRMツールとの連携が可能
    1. 2.1.APIとは
    2. 2.2.SMSとCRMツールを連携するメリット
  3. 3.SMSとCRMツールを連携した活用事例
  4. 4.SMSとCRMツールを連携する際の注意点
    1. 4.1.自社で連携のための開発作業が必要になる
    2. 4.2.API連携する目的を明確化する
  5. 5.API連携ができるSMS配信サービスを選ぶときのポイント
    1. 5.1.API連携が簡単か
    2. 5.2.サポートが充実しているか
    3. 5.3.セキュリティ性は高いか
    4. 5.4.予算に見合ったサービスか
    5. 5.5.国内直収の機能が搭載されているか
  6. 6.SMSとCRMツールを連携するなら「SMSLINK」
  7. 7.まとめ


SMS・CRMとは

SMSやCRMとは、どのようなものなのでしょうか。それぞれの概要について解説します。


SMSの概要

SMSとは、電話番号宛にメッセージを送信できるサービスです。「ショートメール」や「ショートメッセージ」などとよばれる場合もあります。電話番号さえわかればメッセージを送信できて便利なため、ビジネスの連絡に活用している企業も増えてきました。視認性が高く、メール以上にメッセージを確認してもらいやすいです。


ただし、SMSは、基本的に携帯電話やスマートフォン同士で利用できるサービスです。そのため、個別の連絡に適しています。SMSを一斉に送信したり自動的に送信したりするには、SMS配信サービスを契約しなければなりません。


CRMの概要

CRMとは、「顧客関係管理」を意味する言葉です。「Customer Relationship Management」の頭文字をとってCRMと表現されています。CRMは、企業と顧客のつながりを管理し、良好な関係を構築するためのマーケティング手法のひとつです。


ただし、実際には、顧客情報を集めたり分析したりするためのツールも含めてCRMとよぶケースが多くなっています。


SMSはAPIでCRMツールとの連携が可能

SMSは、APIによりCRMツールと連携できます。ここでは、APIの概要と連携のメリットを解説します。


参考記事:「SMSのAPI連携とは?SMSを自動送信するには既存システムとのAPI連携がおすすめ」


APIとは

APIとは、プログラムやソフトウェアをつなぎあわせるインターフェースです。「Application Programming Interface」を略してAPIとよばれています。APIを活用すれば、CRMを含む幅広いアプリやシステムなどの連携が可能です。

APIによりCRMとSMSを連携させた場合、CRMからSMSを自動送信できるようになります。ビジネスにおけるSMSの活用の機会を増やせます。


SMSとCRMツールを連携するメリット

SMSとCRMツールを連携させると、データをいちいち移行させる手間がかかりません。既存のCRMツールで管理している顧客情報をそのまま活用してSMSを送信できます。また、情報の一元管理が可能になり、重複でメッセージを送信する心配もなくなります。


SMSとCRMツールを連携した活用事例

CRMからメールを送っても、相手がメールアドレスを変更していると情報を届けられません。一方、電話番号を活用するSMSは視認性が高く、高い確率で情報を届けられます。メールアドレスは簡単に変えられますが、電話番号を頻繁に変える人は少ないからです。


そのような特徴を踏まえ、SMSとCRMツールを連携させてSMS認証を行うケースも増えています。SMS認証とは、携帯電話やスマートフォンに割り当てられた固有の電話番号を使って本人確認をする方法です。二段階認証の手段としても活用されています。


SMSとCRMツールを連携する際の注意点

SMSとCRMツールを連携させるときは、気をつけたいこともあります。ここでは、具体的な注意点を解説します。


自社で連携のための開発作業が必要になる

SMSとCRMツールをAPIで連携させるには、自社で開発作業に対応しなければなりません。そのためには、専門的な知識やスキルをもつ人材が必要です。開発にあたっては、工数やリソースも割く必要があります。なるべく少ない手間とコストで開発するには、効率的に開発できるシステムを選ぶことが大切です。


API連携する目的を明確化する

APIでSMSとCRMツールを連携させるには開発作業の手間がかかるため、あらかじめ目的を明確にしておく必要があります。目的がはっきりしていると、API連携のための作業を終えた後もスムーズに施策を実行できます。たとえば、本人確認のためという目的があれば、SMSとCRMツールの連携により素早く成果につなげられるでしょう。


なお、そもそも連携が必要なのかについても改めて検討すべきです。個別対応が必要な場面が多いなら、わざわざSMSとCRMを連携させてもあまり活用できない可能性があります。


API連携ができるSMS配信サービスを選ぶときのポイント

API連携ができるSMS配信サービスを選ぶ際は、確認したいポイントがあります。具体的なポイントを解説します。


API連携が簡単か

APIにはさまざまな仕様があり、SMS配信サービスによって対応している仕様は異なります。スムーズにSMSとCRMツールの連携を進めるためには、なるべく開発が簡単なサービスを選ぶことが大切です。サービスの提供元に連携のしやすさについて確認をとりましょう。


なお、事例が多く紹介されていれば、使いやすいサービスである可能性が高いです。あわせて事例もチェックしておきましょう。


サポートが充実しているか

SMS配信サービスを選ぶときは、サポートの充実度も重要です。万全なサポート体制があれば、サービスを導入した後にわからないことがあってもすぐに確認できます。安心して使いこなすためには、サポートが充実していていつでも頼れるサービスを選ぶ必要があります。


セキュリティ性は高いか

SMS配信サービスでは顧客情報を扱うため、高いセキュリティ性を備えているかどうかも重要です。仮に悪意をもつ第三者に不正ログインされた場合、自社の顧客情報が流出する恐れがあります。


API連携の機能を提供しているサービスのセキュリティ性も確認し、安全に使えるかどうか検討しましょう。実績が豊富かどうかも重要な判断基準のひとつです。


予算に見合ったサービスか

SMS配信サービスを選ぶうえでは、予算との兼ね合いも大切です。自社がしたいことを予算内で実現できるサービスであるか確認しましょう。SMS配信サービスには、API連携以外にもさまざまな機能がついている場合があります。予算とともに、自社が必要としている機能があるかどうかチェックしてください。


国内直収の機能が搭載されているか

相手にメッセージを届けるには、国内直収の機能が搭載されているSMS配信サービスを選びましょう。国内直収とは、国内回線を利用してSMSを送受信することです。国際回線を利用してSMSを送受信するサービスもありますが、SMSが相手に届かない可能性があります。国際回線を経由するSMSはスパムメッセージも多く、ブロックされやすいためです。


SMS配信サービスを選ぶ際は、国内直収かどうかについても必ず確認してください。


参考記事:「SMSが送信できない原因とは?事業者側・顧客側別に徹底解説【法人向け】」


SMSとCRMツールを連携するなら「SMSLINK」

SMSLINKは、BtoC向けのSMS配信サービスです。パソコンから簡単な操作で効率的にSMSを送信できます。本人確認、予約のリマインド、督促連絡など、幅広い目的で活用可能です。高い到達率を誇るため、メッセージを確認してもらいやすいです。


SMSLINK APIタイプを選べば、自社のCRMとSMSを簡単に連携させられます。API連携の初期費用はかからず、テスト環境も無料です。サポート体制も充実しているため、不安なことやわからないことがあればいつでも相談できます。


まとめ

CRMとSMSをAPIで連携させれば、効率的に相手へメッセージを届けられます。一斉送信や自動送信も可能です。


ネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」は、マニュアルレスで簡単に操作できます。業界最安値水準の1通8円から利用可能です。FAX、郵送、メールなどの通信インフラを30年間提供してきた実績があり、運用、保守、サポートも充実しています。CRMとSMSを連携させて便利に活用するために、ぜひ導入してください。


>>【無料ダウンロード】安全で確実なSMS配信サービスなら「SMSLINK」

>>「SMSLINK」を詳しく見る


SMS 活用のノウハウ&事例集ダウンロード


一覧に戻る >

SMSLINK紹介ページへ戻る >

株式会社ネクスウェイ/SMS推進室
株式会社ネクスウェイ/SMS推進室
主にtoC領域の企業様のコミュニケーション課題に対し、SMS配信サービス「SMSLINK」を用いた改善策の立案、サポートを提供。 顧客との様々なコミュニケーションにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

今月の人気記事ランキング

SMS配信の基礎知識

顧客とのコミュニケーションに

SMS配信サービスを導入してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら
デモ依頼やサービスに関するお問い合わせはこちらから
SMSLINKに関する資料をこちらからダウンロードできます