SMS認証とは?本人確認の重要性やメリット・デメリット、活用例について

SMS認証とは?本人確認の重要性やメリット・デメリット、活用例について


SMS認証は、携帯電話やスマートフォンで利用されるSMS(ショートメッセージサービス/ショートメール/Cメール)を活用した認証システムです。

認証手順を厳格化することでアカウントのセキュリティ対策が可能となるため、二段階認証に利用されることも多く、個人情報を扱う場合には重視されています。

今回は、セキュリティに優れたSMS認証の仕組みについて説明するとともに、SMS認証の重要性、メリットやデメリット、実際の活用例についても合わせてご紹介していきます。

>>業界最安値水準!SMS認証を実現できる「SMSLINK」の話を聞いてみる


目次[非表示]

  1. 1.SMS認証とは?
  2. 2.SMSが認証システムとして有効な理由
    1. 2.1.認証手段として携帯電話の番号を利用している
    2. 2.2.不正な外部アクセスからの情報流出を防止できる
  3. 3.SMS認証の3つのメリット
    1. 3.1.セキュリティ対策を強化できる
    2. 3.2.システム導入のハードルが低い
    3. 3.3.大量の不正アカウント取得を防げる
  4. 4.SMS認証の2つのデメリット
    1. 4.1.SMS受信拒否設定をしている場合、メッセージが届かない
    2. 4.2.格安スマホでは、SMS認証を行えない場合がある
  5. 5.SMS認証が活用されるシーンをご紹介
    1. 5.1.保険会社|本人確認にSMS認証を活用!
  6. 6.SMS認証でセキュリティ面の強化を図りましょう!

SMS認証とは?

SMS認証とは、携帯電話宛てに4桁や6桁のショートコード(ワンタイムパスワード)が送信され、そのコードを入力してアプリやシステムにログインする仕組みです。

スマートフォンに搭載されているサービスのひとつに、SMS(ショートメッセージサービス)と呼ばれるものがあります。従来、携帯電話を用いた文章のやり取りといえば、メールアドレスを宛先としたEメールがメインでした。パケット通信を利用するEメールは、料金定額制の時代に入ると、通信料を気にすることなく数多く利用されてきました。

それとは別にSMSは、宛先に電話番号を用いて文章のやり取りを行います。ショートメール、iMessage、Cメールなど各キャリアで名称は異なりますが、送信者は1メッセージを送るたびにSMS送信料金を払う必要があるため、あまり活用されてきませんでした。


SMS認証とは、上記に紹介したSMSを活用して、文章のやり取りではなく認証システムとして応用したものです。簡単に文章のやり取りが可能なSMSを利用しているため、手軽に認証できるだけでなく、二段階認証を行うのにも優れています。


SMSが認証システムとして有効な理由

ワンタイムパスワードを発行して送信するだけであれば、メールアドレスでも十分可能です。しかし、セキュリティ面に関してはメールアドレスよりもSMS認証のほうが安全だとされています。

SMS認証がセキュリティに有効な理由は、次の2点が挙げられます。

  1. 認証手段として携帯電話の番号を利用している
  2. 不正な外部アクセスからの情報流出を防止できる


認証手段として携帯電話の番号を利用している

ユーザーにテキストを送る方法は、主にメールアドレスを活用する方法と電話番号を活用する方法の2通りあります。メールアドレスはキャリア発行のメールアドレス以外にも、Yahoo!メールやGmailなど、いくつかの方法で入手することができます。これらのサービスは、IDやパスワードのようなログイン情報さえあれば、簡単に第三者にやり取りの内容が覗かれてしまうリスクが常に付きまといます。また、不正アカウントとして大量取得も可能なため、セキュリティ面で弱い要素が存在します。

一方、携帯の電話番号はSIMカードに情報が紐づけられているため、簡単に乗っ取ることができません。番号の発行までにキャリアによる審査が必要なため、不正な大量入手もできず、セキュリティがより強化され、確実に本人認証を行うことが可能です。


不正な外部アクセスからの情報流出を防止できる

IDとパスワードのみでログインできる場合、情報が流出してしまった際に簡単に不正ログインを許してしまいます。一方、SMS認証で二段階認証をすれば、万が一ログイン情報が知られてしまったとしても、SMSを通した端末での認証が出来なければ不正な外部アクセスからのログインを防ぐことができます。

ログイン先には氏名や住所など、より細かい個人情報が登録されていることが多いです。そのため、SMS認証を行うことにより、個人情報を守る役割も果たしてくれます。

このように、アカウントの不正利用を防止し、セキュリティ面での不安を軽減するSMS認証は、個人情報を扱う場合においては導入が不可欠といえるでしょう。

参考記事: 「ドコモ口座」「SBI証券」の不正出金問題で対策強化 eKYC(KYC)やSMS認証の必要性とは?


SMS認証の3つのメリット

SMS認証のメリットには、次の3つが挙げられます。

  1. セキュリティ対策を強化できる
  2. システム導入のハードルが低い
  3. 大量の不正アカウント取得を防げる


セキュリティ対策を強化できる

IDやパスワードを入力する認証方法は「知識認証」と呼ばれます。知識認証は記憶している情報に基づいて利用者を確認する認証方法であり、一般的な認証手段です。パスワードを忘れた際に試用される「秘密の質問」も、知識認証にあたります。その情報さえ知っていれば誰でもなりすますことができるため、セキュリティ面では弱い認証方法であるといえます。

一方、SMS認証は「所有物認証」です。所有物認証はユーザーの所持している物を通じて認証する手法のことです。SMS認証で発行される認証コードは携帯電話の番号に配信されるため、携帯端末に依存する所有物認証です。ほかにも、USBメモリ型のセキュリティキーを用いたり、セキュリティトークンという機器から発行されるワンタイムパスワードを利用したりします。所有物認証には専用の機器が必要なケースも多いため、SMS認証は一番身近な認証方法だといえるでしょう。

所有物認証は携帯端末やセキュリティキー自体を奪われない限り、なりすますことはできません。そのため、IDやパスワードのような知識認証と比べてセキュリティ対策を強化できます。


システム導入のハードルが低い

SMSは携帯電話の番号を用いてメッセージ機能を利用するサービスであり、どのキャリアにおいてもほぼ全ての端末にデフォルトで搭載されている機能です。そのため、ユーザーは新たなアプリやサイト登録を行う必要がなく、配信側・受信側双方にとって導入のハードルが低いと言えます。

また、メッセージ送信の単価も一通8円~と安いため、コスト面での負担が減らすことができるというメリットもあります。

この2点から、SMS認証は、高価なシステムを導入せず、比較的簡単にセキュリティ強化を行いたい場合に最適な認証方法だといえます。


大量の不正アカウント取得を防げる

SMS認証では、携帯電話の番号を利用してメッセージを発信するため、メールアドレスのように、同一人物が大量の不正アカウントを取得してサービスを利用することが難しいといえます。そのため、不正利用を目的とした複数アカウントの作成防止にも、SMS認証は効果的です。


>>API連携でSMS認証ができる「SMSLINK」のサービス資料を請求する【無料】


SMS認証の2つのデメリット

SMS認証のデメリットには、次の2つが挙げられます。

  1. SMS受信拒否設定をしている場合、メッセージが届かない
  2. 格安スマホでは、SMS認証を行えない場合がある


SMS受信拒否設定をしている場合、メッセージが届かない

そもそも受信側でメッセージの受信拒否設定がされている場合は、SMSが届きません。そのため、前もって送信相手のSMSが受信拒否となっていないかを確認したうえでサービスを利用しなければなりません。


格安スマホでは、SMS認証を行えない場合がある

格安SIMを利用しているスマホの場合、電話回線の契約をしていないことからSMSの利用ができず、SMS認証を行えない場合があります。

そのため、格安スマホ利用者に対してSMS認証を行う場合は、SMS認証以外の連絡手段を組み合わせたうえで利用する必要があります。


SMS認証が活用されるシーンをご紹介

最後に、SMS認証が利用されている活用例をご紹介します。


保険会社|本人確認にSMS認証を活用!

ある保険会社では、保険の申込に関する重要書類などのやり取りの際に、SMS認証による本人認証を取り入れています。

新型コロナウィルス感染症拡大などの影響もあり、書類などのやり取りはメールか郵送で行うように変更したものの、例えばメールだと他のメールに埋もれてしまうなど、なかなか確認してもらえないという課題を抱えていました。

そこで、保険会社からお客様に「書類を送りましたよ」という連絡と共に、同時にSMS認証で本人認証もするというようにご利用いただいています。


導入事例集


SMS認証でセキュリティ面の強化を図りましょう!

携帯の電話番号を利用して本人確認を行うSMS認証は、シンプルでありながらセキュリティ面の強化に役立ちます。二段階認証の手法として採用する企業も多く、セキュリティ強化を目指す場合にはぴったりの方法といえるでしょう。

また、昨今ではほとんどの人がスマートフォンを所有しているため、非常に普及率の高い認証システムでもあります。シチュエーションを問わずさまざまなアプリやサービスにて本人確認などが行えます。ぜひ今回ご紹介した内容を参考に、手軽で低コストでありながら、セキュリティ面でも信頼のおけるSMS認証を、有効なセキュリティ対策の1つとして検討・導入されることをおすすめします。

ネクスウェイの SMSLINKはWebから操作できる「Webタイプ」とシステム連携に便利な「APIタイプ」の2タイプをご用意しており、SMS認証のシーンでは、「APIタイプ」をご提供しています。

導入いただいている企業や開発エンジニアの方から、ほぼもれなくおっしゃっていただけるのが

  • 非常に開発がしやすい
  • 使いやすい仕様を準備していただいていたので、当初想定していたリソースよりも少なく、工期が短く済んだ

ということです。

直接的なコストのみならず、リソースも含めた、総合的なコストもおさえていただけることが大きなポイントです。

SMS認証の導入をお考えなら、ぜひお問い合わせください。


>>API連携でSMS認証ができる「SMSLINK」のサービス資料を請求する【無料】


一覧に戻る >

SMSLINK紹介ページへ戻る​​​​​​​ >


株式会社ネクスウェイ SMS推進室
株式会社ネクスウェイ SMS推進室

主にtoC領域の企業様のコミュニケーション課題に対し、SMS配信サービス「SMSLINK」を用いた改善策の立案、サポートを提供。 顧客との様々なコミュニケーションにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

顧客とのコミュニケーションに SMS配信サービスを導入してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら
デモ依頼やサービスに関するお問い合わせはこちらから
SMSLINKに関する資料をこちらからダウンロードできます