【法人向け】SMSとは?活用例やメリット、注意点を解説

【法人向け】SMSとは?活用例やメリット、注意点を解説


昨今、BtoCビジネスにおいてSMS(ショートメッセージサービス/ショートメール/Cメール)が注目されています。メールマガジンやDMなどの媒体と比べても、メリットが非常に多いため法人の利用に向いています。

この記事はSMSの利用をお考えの法人のSMS利用者向けに、SMSをビジネスで使えるシーンや活用例、メリットについて詳しく解説します。

法人でSMS一斉送信を行う際には、ぜひ参考にしてください。


>>SMSを一斉送信できる!SMS配信サービス「SMSLINK」の資料を請求する【無料】


目次[非表示]

  1. 1.SMSとは?
    1. 1.1.法人向けのSMSが注目を集める理由
  2. 2.SMSをビジネスで使えるケース
  3. 3.SMSを使った活用例
    1. 3.1.督促状
    2. 3.2.リマインド
    3. 3.3.業務通知
    4. 3.4.本人確認
  4. 4.SMSを使うメリット
    1. 4.1.低コストで配信できる
    2. 4.2.視認性が高い
    3. 4.3.顧客と継続的な関係構築ができる
  5. 5.【法人向け】SMSの送信方法
  6. 6.SMSを配信する際の注意点
  7. 7.まとめ


SMSとは?


SMSとは携帯電話番号を使ったショートメッセージサービスです。最近では、企業から顧客に向けての連絡手段や本人認証として活用されています。

一度に大量送信ができるという特徴があるため、ひとつの企業から多くの顧客リストに対しての送信が可能です。またメルマガに比べて視認性が高いため、連絡手段として最適です。


個人の携帯電話でSMSのメッセージを送信する場合は200通という制限がありますが、法人の場合はSMS配信サービスを利用すると無制限で送信できます。ただし送信できる文字数が最大70文字のサービスや、最大670文字程度まで可能なサービスなど、SMS配信サービスも機能が様々です。

多くの情報量を送信したい場合は長文対応のサービスに加入しましょう。



法人向けのSMSが注目を集める理由


法人向けのSMSが注目を集めている理由は、はがきや電話に比べてコストを圧倒的に低く抑えられるということです。

はがきの場合は、デザイン作成や宛名住所の整理、印刷会社への発注など、作業と費用が多く発生するという問題がありました。その点でSMSは携帯番号の宛先リストさえあれば送信でき、パソコン一台で作業が完結するので費用対効果も高いといえます。


また電話の場合は、知らない電話番号などに対して顧客が警戒して出ないという現実があります。そのため、法人企業では何度も電話をかけて要件を伝える必要があり、1日に通話できる数に限界があります。


対してSMSはキャリアからの請求金額お知らせや認証コードなどの送信に使われていますが、1人が受け取る通数は少なく、受信に気付いてもらいやすいため、端的に要件を伝える手段として最適です。

迷惑メールボックスに入ることもなく、見逃されにくい(視認性が高い)点も特徴です。



SMSをビジネスで使えるケース


SMSはビジネスで大いに活用できます。たとえばアンケートをSMSで使うという方法があります。先にも述べたようにSMSは視認性が高いため、さまざまな活用用途があるといえるでしょう。

またシナリオを事前に組んでステップ式で送信したり、顧客セグメントに分けて送信したりといった使い方も可能です。


顧客の絞込みもできるため、特定の行動や数値を超えた顧客のみにメッセージを送信することもできます。



SMSを使った活用例


ここからはSMSを使った活用例を具体的に紹介します。



督促状


たとえばSMSを使った一例として催促状があげられます。具体的には以下のようなケースで顧客に催促を促せます。


  • 税金滞納
  • 組合融資の未払い
  • 家賃・ガス・電気の引き落とし
  • クレジットの引き落とし


このような連絡は、DMはがきのように時間のかかる手段では対応が遅くなる可能性があります。そもそも開封されないかもしれません。

その点SMSを使うことで、顧客に早急に気づいて対応してもらえる可能性が高くなります。また、連絡を受け取る側としても、早めに対策が取れるため双方メリットが多いといえるでしょう。


参考記事:家賃滞納者への催促はSMSが有効?そのメリットとは



リマインド


SMSはリマインドとしても活用できます。たとえば以下のようなケースで活用できます。


  • 病院診察予約 
  • セミナー
  • 飲食店
  • 派遣スタッフ
  • 求職者面談
  • 体験会
  • ホテル
  • 配送日時
  • 体験レッスン  


予約していても、期間が空いたり、その間に別の予定が入ったりすると忘れがちですが、SMSによるリマインドでキャンセルを防止できます。


参考記事:SMSがネット予約キャンセル防止に役立つ?その理由やメリットを紹介




業務通知


顧客に伝えるべき商品入荷や営業日などの業務通知としてもSMSは活用できます。


  • 商品発送通知
  • 店舗での商品取り置きや入荷・修理完了の連絡
  • 契約期間のお知らせ
  • 申込Web・契約登録サイト等のURL送付
  • アミューズメント施設・フィットネス施設の会員への営業再開の通知
  • 劇場の講演延期 


顧客が、重要な連絡やお知らせを見逃すことを回避できるというメリットがあります。

ただし、業務連絡を通知する際は、スマートフォンで読んだ時でも読みやすいように改行を意識することが大切です。


参考記事:小売店でのSMS活用お客様連絡事例



本人確認


SMSはセキュリティ面が高いことがからアプリやサイトの本人確認にも活用されています。たとえばワンタイムパスワード送信は、大幅に本人確認に費やす時間を削減できる方法です。

送られてくる側も、簡単に設定できて煩雑な本人確認手続きをしなくていいため、送る側と受け取る側ともにメリットの高い活用方法といえます。


参考記事:二段階認証とは?仕組みや二要素認証との違い、利用時の注意点を説明



SMSを使うメリット


ここからはSMSを使うメリット4つをそれぞれ解説します。



低コストで配信できる


SMSは低コストで配信できます。そのため法人で活用している例が多いです。

先にも紹介したとおり、はがきや封書に比べて作成・郵送にかかるコストを圧倒的に低く抑えられます。通常、はがきや封書の場合、発送するために必要な作業以外にも印刷代や郵券代、人件費が必要です。

しかし、SMSの場合は印刷代や郵券代が必要ありませんし、人件費もおさえることができます。



視認性が高い


SMSの特徴は先述したとおり視認性が高いことです。

メールと比較して「あまり数が届かない」といったことも視認性を高める重要なポイントといえます。届く内容としては、認証コードやキャリアからの料金通知などのため、メッセージを受け取る数が少ないのです。

そのため、重要な案内が大量に送られてくるDMやメルマガに埋もれることなく届けることができます。


SMSの送信先は携帯電話番号を利用しているため、メールアドレスのようにいくつも取得したり、簡単に変えたりできません。そのため電話番号はキャリアが変わっても変更する人が少ない傾向にあります。また迷惑メールに振り分けられる心配もありません。



顧客と継続的な関係構築ができる


ナンバーポータビリティ制度が普及したことにより、近年は電話番号を変える人が少なくなりました。この制度はキャリアを変更しても電話番号をそのまま使用できるというものです。

そのため、SMSを使用する場合は顧客との継続的な関係構築ができます。

はがきやメールとは違い、たとえ顧客の住所やメールアドレスが変わったとしても、送ることが可能です。



【法人向け】SMSの送信方法


法人の場合、法人向けのSMS送信サービスを使えば、配信数も無制限に利用可能です。メッセージを送る際にはテンプレートを活用できるので、構成を考える手間が省け、予約配信機能を使うことで都合のいい時間帯に送ることもできます。


API連携で送信するとすでに利用しているアプリケーションや顧客管理システムと連携して送信することも可能になります。


参考記事:SMSのAPI連携とは?SMSを自動送信するには既存システムとのAPI連携がおすすめ



SMSを配信する際の注意点


SMSを配信する際には注意すべき点がいくつかあります。

そのひとつが特定電子法メール送信の適正化に関する法律を守るということです。たとえば送信相手の同意を得る、送信元の連絡先を記載する、同意を受けた際の記録を残すなどがこれにあたります。これらはしっかりと守らないと、企業の信用問題にもつながりますので気をつけてください。


参考記事:特定電子メール法とは?SMSも対象?担当者の疑問にお答え


また他の媒体と比べると、低コストではありますが配信料が発生することにも注意が必要です。そのため大量の顧客リストに対して一斉送信する際にはある程度、まとまった予算が必要になるため注意しましょう。



まとめ


SMSは視認性が高く、到達率も高いため、顧客コミュニケーションに非常に優れているツールです。アンケートや催促状、リマインドや本人確認といったビジネスで欠かせない連絡手段に活用できます。


また、ポータビリティ制度の導入により継続的な顧客との信頼関係も可能です。ぜひSMSを活用してスムーズな顧客との連絡や関係構築にお役立てください。


ネクスウェイのSMSLINKは簡単操作でパソコンからSMSを配信できます。API連携での自動配信で業務を効率化できることはもちろん、効果的な文面作成もサポートします。


>>SMS配信で業務が効率化できる「SMSLINK」のサービス資料を請求する【無料】


活用事例集


一覧に戻る >

SMSLINK紹介ページへ戻る >


株式会社ネクスウェイ SMS推進室
株式会社ネクスウェイ SMS推進室

主にtoC領域の企業様のコミュニケーション課題に対し、SMS配信サービス「SMSLINK」を用いた改善策の立案、サポートを提供。 顧客との様々なコミュニケーションにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

SMS配信の基礎知識

【法人向け】おすすめのSMS配信サービスについて解説。料金や特徴などのポイントをご紹介

法人向けSMS配信サービスのメリットや選び方を解説します。メールに比べて到達率と視認性が高い情報伝達手段として、特にBtoCの分野でSMS(ショートメッセージサービス)の再評価が進んでいます。ユーザーへ確実にメッセージを届けるSMS配信サービスについてご紹介します。

SMS送受信にかかる料金は?法人向けに徹底解説

SMS(ショートメッセージサービス)の利用には料金が発生します。今回はSMS配信サービスを利用した際の料金体系、またコストを抑えることが可能なネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」についてご紹介します。

特定電子メール法とは?SMSも対象?抑えるポイントと対策を解説

広告や宣伝を目的とするメールを規制し、良好なインターネット環境の保持を目的とした「特定電子メール法」。担当者の方は、配信予定のメールが法に抵触しないか確認をしておきましょう。今回は「特定電子メール法」の概要等についてご紹介します。

SMS配信の仕組み、メリット・デメリットを徹底解説

さまざまなコミュニケーションツールの中で、顧客への連絡手段としてSMS(ショートメッセージサービス)を選択する企業が増えています。メールや電話などと違い、SMSにはどのようなメリットがあるのか、SMS配信に適したSMS配信サービスについても合わせてご紹介いたします。

SMSには文字数制限がある?上限について説明

近年SMS(ショートメッセージサービス)は70文字の制限を超えて送信することが可能になりました。しかし、文字数に応じて送信料金も異なります。今回は字数制限や送信にかかる料金、法人がSMSを送信する際の注意点などについて詳しくご紹介します。

顧客とのコミュニケーションに

SMS配信サービスを導入してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら
デモ依頼やサービスに関するお問い合わせはこちらから
SMSLINKに関する資料をこちらからダウンロードできます