アイメッセージとSMS・MMSとの違いとは?受信に必要な設定方法や注意点を解説

アイメッセージとSMS・MMSとの違いとは?受信に必要な設定方法や注意点を解説


こんにちは。SMS配信サービス「SMSLINK」ライターチームです。


SMS(ショートメッセージサービス/ショートメール/Cメール)を送信する際に、顧客からアイメッセージとSMSの違いを質問されることもあるでしょう。この記事では、SMSによる顧客連絡を検討している企業の担当者に向けて、アイメッセージの特徴や仕組み、SMS、MMSとの違いについて解説しているため、ぜひ参考にしてください。


SMSでの顧客連絡を検討している方必見
>>>失敗しないSMS配信サービス選び方のポイントと比較表を無料ダウンロード


目次[非表示]

  1. 1.アイメッセージとは
    1. 1.1.Apple製の端末間で利用できる
    2. 1.2.アイメッセージの利用にはApple IDが必要
    3. 1.3.1通あたりの料金目安
  2. 2.アイメッセージのおもな特徴・機能
    1. 2.1.既読や既読時間がわかる
    2. 2.2.テキスト・画像だけでなく動画も送信できる
    3. 2.3.すべてのメッセージをiCloudに保管できる
  3. 3.アイメッセージを送信する際の仕組み
  4. 4.アイメッセージとSMS・MMSの共通点
  5. 5.SMSの特徴とアイメッセージとの違い
    1. 5.1.SMSのおもな特徴
    2. 5.2.アイメッセージとSMSの違い
  6. 6.MMSの特徴とアイメッセージとの違い
    1. 6.1.MMSのおもな特徴
    2. 6.2.アイメッセージとMMSの違い
  7. 7.アイメッセージを顧客に受信してもらうために必要な設定方法
  8. 8.顧客にアイメッセージを送信する際の注意点
    1. 8.1.アイメッセージを直接受信できるのはAppleユーザーのみ
    2. 8.2.送信しても気づかれない可能性がある
    3. 8.3.LTEを利用して送信する場合は通信料がかかる
  9. 9.まとめ

アイメッセージとは

SMSやMMSとの違いを知る前に、アイメッセージとは何か把握しておくことが大切です。以下で詳しく解説します。


Apple製の端末間で利用できる

アイメッセージとは、Apple製品で利用できるサービスです。iPhoneなどからメッセージを送信するために用いられます。アイメッセージは、iOS5以降に発売されているiPhoneやiPadなどが対象で、MacはOS X10.8以降で利用できます。アイメッセージのアイコンは、緑に白の吹き出しのシンプルなデザインです。


アイメッセージの利用にはApple IDが必要

アイメッセージを利用するためには、Apple IDによるサインインが必要です。アイメッセージは、Apple IDや電話番号を利用してメッセージの送受信を行います。Macを使用している企業は、パソコンによるメッセージの送受信が可能です。同じApple IDでサインインすれば、iPhoneで送受信したメッセージをMacで確認できます。



1通あたりの料金目安

アイメッセージは通信料内でメッセージの送受信ができます。Wi-Fiを接続して利用する場合は、通信料もかかりません。SMSのように1通あたりで送料がかかることはありません。



アイメッセージのおもな特徴・機能

アイメッセージには、さまざまな機能や特徴があります。以下では、おもな特徴と機能を解説します。


既読や既読時間がわかる

アイメッセージは、送信したメッセージが相手に開封されると、アプリの画面上に「開封済み」の文字がつきます。表示されるのは「開封済み」だけでなく、送信した時間や受信相手が既読した時間も表示されます。既読表示のオン・オフは自由に設定できるため、送信相手に既読した時間を知られたくない場合に便利な機能です。


テキスト・画像だけでなく動画も送信できる

アイメッセージはテキストや画像だけでなく、動画、ステッカーの送信も可能です。文字数に上限がないため、チャット感覚の気軽なやり取りから長文のメッセージまで、幅広いシーンで利用できます。また、メッセージは全て暗号化されており、セキュリティ面においても安心して使用できるでしょう。


すべてのメッセージをiCloudに保管できる

アイメッセージで送受信したすべてのメッセージは、iCloudへ自動的に保存されます。クラウド上に保管できるため、iPhoneなどのデバイスの容量を消費しません。iCloudに紐づけされたデバイスであれば、場所を選ばずにメッセージを確認できます。他のデバイスからメッセージを確認する際は、設定画面で受信したいデバイスを選択しておく必要があります。



アイメッセージを送信する際の仕組み

アイメッセージは、宛先の種類を判別して端末に適したメッセージ機能を使い分けることができます。Apple IDだけでなく、電話番号やメールアドレスを宛先にしたメッセージの送信が可能です。


たとえば、電話番号を宛先にした場合はSMSに、メールアドレスを宛先にすると、MMSにメッセージが送信される仕組みになっています。送信先の端末がApple製品の場合は、電話番号でメッセージを送信してもアイメッセージが優先されます。



アイメッセージとSMS・MMSの共通点

アイメッセージとSMS・MMSの共通点は、チャット形式で気軽なコミュニケーションをとれることです。そのため、端末ごとに異なるメッセージアプリに自動で切り替わっているとは気づかず、使用しているケースも多いでしょう。なかには、送信できる文字数が制限されているものもありますが、いずれもテキストの送信が可能です。



SMSの特徴とアイメッセージとの違い

SMSLINKは、安定した国内の通信網を利用した接続を行っています。そのため、高いメッセージ到達率が期待できます。


SMSのおもな特徴

SMSは、携帯電話会社が提供する音声通話回線を利用しているため、電話番号を宛先にしてメッセージを送信できます。SMSとは、Short Message Serviceの頭文字の略称です。送信できるテキストの文字数は、従来は全角で70文字までが一般的でしたが、機種によって全角で最大670文字まで送信できる場合があります。


アイメッセージとSMSの違い

SMSは、1通あたりの送信料がかかります。なかには、同キャリア同士のみ無料になるケースもあります。また、音声通話回線を使用しているため、テキストのみ送受信可能です。一方で、アイメッセージはOSの種類に関係なくメッセージや画像、動画などを送信できます。SMSは既読表示されませんが、アイメッセージでは「開封済み」と表示されます。



MMSの特徴とアイメッセージとの違い

次に、MMSの特徴とアイメッセージと異なる点について、以下で解説します。


MMSのおもな特徴

MMSとは、Multimedia Messaging Serviceの頭文字の略称で、キャリア携帯会社が独自で提供しているメッセージサービスです。メッセージの宛先には、キャリアのドメインがついたメールアドレスを利用します。テキストの文字数に制限はなく、画像や動画、音声データなども送受信できます。


アイメッセージとMMSの違い

MMSを利用する際に、パケット通信料が発生します。Wi-Fiの環境下でメッセージなどを送信すれば、無料で利用できます。また、既読表示の機能がないため、相手がメッセージを開封したかどうか確認できません。MMSは、キャリア携帯会社が提供するサービスのため、一部の格安SIMを除くキャリアのスマートフォンのみで使用できます。



アイメッセージを顧客に受信してもらうために必要な設定方法

アイメッセージを利用して情報発信する場合は、顧客に受信設定を促す必要があります。iPhoneユーザーの場合、「設定」をタップし、「メッセージ」内にある「iMessage」をオンにしてもらいましょう。さらに、「メッセージ」内の「送受信」を開き、「iMessageにApple IDを使用」を選択し、Apple IDとパスワードを入力してサインインすれば設定は終了です。



顧客にアイメッセージを送信する際の注意点

アイメッセージを利用して顧客へメッセージなどを送信する際は、以下の注意点に気をつけましょう。


アイメッセージを直接受信できるのはAppleユーザーのみ

Appleユーザーのみ、アイメッセージを直接受信できます。ただし、iPhone以外のデバイスでアイメッセージを利用するには、Apple IDが必要です。アイメッセージでAndroidユーザーへメッセージを送信できますが、端末ごとにMMSもしくはSMSに切り替わります。アイメッセージの受信設定をしていない場合、iPhoneでもMMSに切り替わるケースもあります。


送信しても気づかれない可能性がある

アイメッセージを送信しても、顧客に気づかれない可能性があることも理解しておきましょう。たとえば、アイメッセージやMMSからGmailに送信しても、相手がアイメッセージの受信設定をオンにしていれば、アイメッセージのアプリ内にメッセージを受信します。Gmailなど特定のメールサービスに送信したい場合は、アイメッセージをオフにするなどの設定を促しましょう。


LTEを利用して送信する場合は通信料がかかる

LTEを利用すると通信料がかかる場合もありますが、Wi-Fiを利用すれば無料で済みます。また、iPhone同士でメッセージを送信した場合でも、受信側の端末がアイメッセージの受信設定をしていない場合は、MMSに送信されてしまいます。アイメッセージとSMS・MMSは、吹き出しの色で見極められます。アイメッセージが青で、SMS・MMSは緑色です。



まとめ

アイメッセージは、テキストや画像、動画を送信できるメッセージアプリです。事前に顧客の端末がApple製品であることを知っていれば、料金が安く有効な手段と言えます。しかし、もし顧客の端末がApple以外であれば、SMSなどに置き変わって送信されるため一括送信などができなくなります。


株式会社ネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」は、パソコンから一括でSMSを送ることができるサービスです。業界最安値水準の1通8円~で、使いやすい機能も利用できます。保守・運用・サポートも充実しています。気になる方は無料で問い合わせと資料請求ができるため、お試しください。



>>SMS配信で業務効率化を支援する「SMSLINK」を詳しく見る

>>>パソコンからSMSが一斉配信できる「SMSLINK」のサービス資料を請求する【無料】

活用事例集


一覧に戻る >

SMSLINK紹介ページへ戻る >


株式会社ネクスウェイ/SMS推進室
株式会社ネクスウェイ/SMS推進室

主にtoC領域の企業様のコミュニケーション課題に対し、SMS配信サービス「SMSLINK」を用いた改善策の立案、サポートを提供。 顧客との様々なコミュニケーションにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

SMS配信の基礎知識

SMSの開封率は高い?見られやすい理由やSMS配信サービスを使うメリットも解説!

SMS(ショートメッセージサービス)の利用には料金が発生します。今回はSMS配信サービスを利用した際の料金体系、またコストを抑えることが可能なネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」についてご紹介します。

督促メールをビジネス相手に送るには?|ビジネス向けの例文とともに解説

ビジネスで督促メールを送信する際は、さまざまな配慮をしなければなりません。この記事では、督促メールを適切に送りたいと考えている企業の担当者に向けて、督促メールの送り方のポイントや例文を解説します。督促メールを適切に送信するために、ぜひ参考にしてください。

MNP転出をしてもSMSの送受信はできるのか?MNP転出による影響について解説

SMS(ショートメッセージサービス)の利用には料金が発生します。今回はSMS配信サービスを利用した際の料金体系、またコストを抑えることが可能なネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」についてご紹介します。

SMSの活用方法は?改行・文字数の注意点やビジネスの例文を紹介

SMS(ショートメッセージサービス)は便利な連絡手段であり、ビジネスでも活用可能です。ただし、SMSには文字数や改行方法に関して注意点があります。この記事では、ビジネスでSMSを活用したいと考えている人に向けて、SMSの特徴や注意点を解説します。SMSを有効活用してビジネスを推進するために、ぜひ参考にしてください。

会社の緊急連絡網の作り方は?連絡手段の選び方や連絡網作成の注意点を紹介

緊急時に速やかに従業員と連絡が取れると、二次災害を抑えられます。しかし、災害に強い連絡手段を選ばなければ、せっかくの緊急連絡網が活用されません。 ここでは、会社の緊急連絡網の作成を任されている担当者に向けて、緊急連絡網の作り方や連絡手段の選び方、連絡網作成の注意点などを紹介します。緊急時のリスク対策に向け、参考にしてください。

顧客とのコミュニケーションに

SMS配信サービスを導入してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら
デモ依頼やサービスに関するお問い合わせはこちらから
SMSLINKに関する資料をこちらからダウンロードできます