SMS配信で介護サービスの業務効率化を行うには

SMS配信で介護サービスの業務効率化を行うには


携帯電話番号だけでメッセージが送れるSMSは、スタッフの連絡業務における負担軽減や業務効率化につながるツールとして、さまざまな業種で注目されています。

もちろん、介護サービスにおいても例外ではありません。

そこで今回は、SMSを活用した介護サービスでの業務効率化にスポットをあて、そのメリットや活用例を挙げてご紹介していきます。

>>SMS配信で業務が効率化できる「SMSLINK」の話を聞いてみる


目次[非表示]

  1. 1.介護サービスにおいて連絡業務は負担が大きい
  2. 2.SMSの活用で連絡業務が効率化ができる!
  3. 3.介護サービスの現場におけるSMSの利用のメリットは3つ!
    1. 3.1.緊急連絡でも即座に連絡ができる
    2. 3.2.検診のお知らせや送迎時間の連絡を一斉送信できる
    3. 3.3.写真へのリンクURL付きメッセージを送ることもできる
  4. 4.介護サービスでの実際のSMS配信の活用例
    1. 4.1.送迎時間や休業日の連絡にSMS配信を活用
    2. 4.2.特定健診の受診勧奨通知にSMS配信を利用
  5. 5.介護サービスの現場でもSMSを上手に活用して職員の負担軽減を!

介護サービスにおいて連絡業務は負担が大きい

施設から利用者のご家族に連絡をしてもなかなか電話に出てもらえないといった話は、多くの介護サービス事業者の職員の方から聞かれる悩みの1つです。

現に、利用者のご家族と連絡をとるため、職員の方が何度も電話をかけ続けている、といった状況に陥っている現場もあるのではないでしょうか。

介護サービスの職員の方が、施設利用者やご家族からの信頼を得るためにも、連絡を密に取り合うことは必要ですが、場合によっては、この連絡業務が職員の方の大きな負担になっていることもあります。


SMSの活用で連絡業務が効率化ができる!

利用者への連絡業務に負担を感じている介護サービス事業者の方にぜひおすすめしたいのが、SMS(ショートメッセージサービス)の活用です。

利用者のご家族とのコミュニケーションツールとしてSMSを活用することで、施設職員の方の負担を減らし、業務の効率化につなげることが可能となります。


介護サービスの現場におけるSMSの利用のメリットは3つ!

介護サービスの現場においてSMSを利用することによるメリットには、以下の3つが挙げられます。

  • 緊急連絡でも即座に連絡ができる
  • 検診のお知らせや送迎時間の連絡を一斉送信できる
  • 写真へのリンクURL付きメッセージを送ることもできる


緊急連絡でも即座に連絡ができる

利用者の体調の急変といった緊急連絡は、ご家族に連絡が取れるまで何度も電話をする場合もあり、結果として職員の方の負担につながります。

しかし、SMSを利用すれば、ご家族にメッセージを送信しておくことで即座に連絡事項を伝えられます。

とくに仕事などでつながりにくい相手に連絡をする際には、SMSによるメッセージ送信は有効な連絡手段です。


検診のお知らせや送迎時間の連絡を一斉送信できる

検診や送迎時間といった、多くの利用者に一括で知らせたい連絡事項についても、SMSであればパソコンから一斉送信できます。

電話連絡のように各利用者の方に個別に連絡する必要や掛け直しの手間がないため、職員の方の負担軽減にもつながります。


写真へのリンクURL付きメッセージを送ることもできる

SMSの場合、写真を添付することはできません。しかし、クラウドストレージに保管した写真へのリンクURLをメッセージ内に差し込めば、受信した人はそのリンクから写真を確認することも可能です。

言葉だけでは伝わりにくい利用者の様子を写真で伝えることができるため、ご家族もより安心して施設を利用していただけます。

参考記事: SMS配信サービスの6つのメリットとは!?


介護サービスでの実際のSMS配信の活用例

介護サービスでの実際のSMS配信の活用例を2つご紹介します。


送迎時間や休業日の連絡にSMS配信を活用

介護サービス施設への送迎時間や休業日の連絡に、SMS配信が活用できます。

SMS配信を活用することで、電話連絡の場合にありがちな、「正確な情報がきちんと伝わらない」「相手が出られない場合に、出てもらうまで掛け直す手間がかかってしまう」という問題が解消できます。


特定健診の受診勧奨通知にSMS配信を利用

横浜市では、SMSを利用した特定健診の受診勧奨通知を試験的に行っています。

SMS配信は未受診者がいる世帯のみが対象となっていますが、SMSで受診勧奨することで、特定健診受診率が向上するかについての検証を行うという目的のもと実施されています。

参考 横浜市ホームページ:SMS(ショートメッセージサービス)及びハガキによる特定健診のお知らせ

このように、SMS配信はスタッフの負担を減らし、業務効率化を図れるツールとして、さまざまな業種で導入されています。


介護サービスの現場でもSMSを上手に活用して職員の負担軽減を!

今回は、介護サービスの現場で、SMSを活用し業務効率化を目指す方法についてご紹介しました。

SMSを利用者への連絡手段として導入することで、職員の方の負担軽減につながり、よりよいサービスの向上にもつながります。

ネクスウェイの「SMSLINK」は、介護サービスに携わる職員の方の負担を軽減し、業務の効率化に有効なSMS送信サービスです。

業界最安値水準でリリース当初より多くのお客様にご利用いただいている「SMSLINK」の導入をぜひこの機会にご検討ください。


>>SMS配信で業務が効率化できる「SMSLINK」のサービス資料を請求する【無料】


活用事例集


一覧に戻る >

SMSLINK紹介ページへ戻る >


株式会社ネクスウェイ SMS推進室
株式会社ネクスウェイ SMS推進室

主にtoC領域の企業様のコミュニケーション課題に対し、SMS配信サービス「SMSLINK」を用いた改善策の立案、サポートを提供。 顧客との様々なコミュニケーションにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

顧客とのコミュニケーションに SMS配信サービスを導入してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら
デモ依頼やサービスに関するお問い合わせはこちらから
SMSLINKに関する資料をこちらからダウンロードできます