飲食店無断キャンセル対策で活躍するSMS配信とは?

飲食店無断キャンセル対策で活躍するSMS配信とは?


目次[非表示]

  1. 1.無断キャンセルによる被害は無視できない
  2. 2.無断キャンセル対策は手間がかからないSMS配信がおすすめ
    1. 2.1.電話での予約確認
    2. 2.2.メールでの予約確認
    3. 2.3.SMSでの予約確認
  3. 3.SMS配信による無断キャンセル対策ツールの特徴
    1. 3.1.一斉送信ができる
    2. 3.2.定型文の保存・呼び出しが容易
    3. 3.3.一括管理ができる
    4. 3.4.予約システムと連携できる
  4. 4.無断キャンセルの削減にはSMS配信サービスが有益

無断キャンセルによる被害は無視できない

経済産業省が2018年11月に発表した「No show(飲食店における無断キャンセル)対策レポート」[注1]によると、無断キャンセルが飲食業界全体に与えている損害は1年で2,000億円、1日前・2日前に生じるキャンセルを加えると約1.6兆円にも及ぶと推計されるそうです。

[注1]経済産業省 サービス産業の高付加価値化に向けた外部環境整備等に関する有識者勉強会:No show(飲食店における無断キャンセル)対策レポート

https://www.meti.go.jp/press/2018/11/20181101002/20181101002-1.pdf


せっかく準備した食材が無駄になって廃棄せざるを得なくなるという経済的損失だけでなく、店舗スタッフの精神的なダメージも無視できません。

意図的な無断キャンセルは偽計業務妨害罪などに該当し、実際に逮捕者も出ています。しかし、店側もできる範囲の自衛策は講じておくべきでしょう。


無断キャンセル対策は手間がかからないSMS配信がおすすめ

店側ができる無断キャンセル対策としては、事前に予約の確認をすることが挙げられます。

事前に予約確認しておくことで、予約していたことを忘れていた・キャンセルするつもりで忘れていたといった、お客様の「うっかりミス」も防げます。

確認方法は、電話・メール・SMSのいずれかが考えられるでしょう。それぞれのメリットとデメリットは次のとおりです。


電話での予約確認

電話は手軽ではあるものの、仕事中やまだ寝ているなど「相手の都合に左右されやすい」というのがデメリットです。また、登録していない番号の場合は出ないという人も少なくありません。

また留守番電話機能を使っていない相手もいるため、電話に出てもらうまで何度もかけ直さなければならず、負担がかかります。


メールでの予約確認

メールなら相手の都合に合わせる必要はなく、送信するだけですむため、手間がかからないというメリットがあります。

しかし、多くの人が毎日大量のメールを受け取っているため、そこに埋もれてしまえば、見てもらえない可能性が高まります。


SMSでの予約確認

SMS(ショートメッセージサービス)は、相手の電話番号に対してテキストメッセージを送ることのできるサービスです。大手携帯電話会社をはじめ、格安SIMを利用していても送受信が可能です。ただし、データ専用SIMなど対応していないケースもあります。

このSMSを使った予約確認も、メールと同様に、送る手間だけで済むのがメリットです。

さらに、SMSはメールのように毎日大量に送られてくるものではないため、視認性が高いというメリットもあります。

また、SMSは電話番号に対して送信するため、メールアドレスのように変更される可能性が少なく、不達率が低いのもポイントです。

しかし、1回に送信できる文字数に制限があること、画像などは送信できないこと、送信には別途通信料がかかることがデメリットといえます。

参考記事:SMS送信サービスとは?特徴や料金、選び方を徹底解説!


SMS配信による無断キャンセル対策ツールの特徴

予約確認にSMSを使うメリットをお伝えしましたが、予約を受けるたびにスマホから予約確認の文章を打つのは多少なりとも面倒なものです。

そこで、パソコンや予約を受けるシステムなどから、簡単にSMSが送信できるツールを利用すると、手間が大幅に削減できます。

ここでは、SMS配信サービス「SMSLINK」の主な特徴をご紹介しましょう。


一斉送信ができる

たとえば、同じ日に何十件と予約が入っている場合、1件ずつ送るのは手間も時間もかかります。

SMSLINK」を使えば、異なる宛先へ一斉送信することが可能です。しかも、宛先毎に違う予約の日時も、差込機能によって個別に設定した状態で一斉送信できます。


定型文の保存・呼び出しが容易

予約確認の文章を毎回考えて打つのも面倒な作業です。

SMSLINK」は定型文を作って保存しておくことができます。定型文を呼び出して名前や日時を変更し、送信するだけなので、手間がかかりません。

差込機能を使えば、定型文を呼び出した後は送信ボタンを押すだけと、とても簡単にメッセージが送信できます。


一括管理ができる

予約案件ごとに、送信完了・不達のステータスや、メッセージ内URLのクリックの有無などを管理できます。

全案件を一覧表示できるほか、データをダウンロードすることもできるため、顧客情報の管理に役立てることが可能です。


予約システムと連携できる

独自の予約システムを導入している場合でも、API(Application Programming Interface)タイプを利用すれば、そのシステムからSMSを送信できます。

予約の受付から予約確認まで1つのシステムで完了できるため、ミスの混入を防ぐことにもつながります。

参考記事:SMSのAPI連携とは?SMSを自動送信するには既存システムとのAPI連携がおすすめ


無断キャンセルの削減にはSMS配信サービスが有益

多忙や人手不足などに悩む飲食店では、いかにコストをかけずに無断キャンセル対策を行うかが大きな課題でしょう。

電話のように手間がかからず、メールより視認性が高いという特徴を持ったSMSを無断キャンセル対策に役立ててください。

ネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」は、マニュアル不要の簡単操作で、使いやすい機能が揃っています。また、業界最安値水準(8円/通~)で、保守・運用・サポートも充実しています。SMS配信サービスをお探しなら、ぜひお問い合わせください。


>>SMS配信で業務が効率化できる「SMSLINK」のサービス資料を請求する【無料】


SMSLINK活用事例集無料ダウンロード



一覧に戻る >

SMSLINK紹介ページへ戻る >


株式会社ネクスウェイ SMS推進室
株式会社ネクスウェイ SMS推進室

主にtoC領域の企業様のコミュニケーション課題に対し、SMS配信サービス「SMSLINK」を用いた改善策の立案、サポートを提供。 顧客との様々なコミュニケーションにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

SMS配信の基礎知識

SMS送受信にかかる料金は?法人向けに徹底解説

SMS(ショートメッセージサービス)の利用には料金が発生します。今回はSMS配信サービスを利用した際の料金体系、またコストを抑えることが可能なネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」についてご紹介します。

SMS配信とは?注目されている理由や優れているポイント、事例を紹介!

社会にIT技術が浸透していくとともに、顧客への連絡にSMS(ショートメッセージサービス)を配信する企業が増えています。SMSは視認性が高く、ユーザーへ連絡する手段として優れており、ツール(SMS配信サービス)を導入している企業も少なくありません。 今回は、SMS配信について注目されている理由、他の連絡手段と比べて優れているポイント、活用事例などを解説します。ぜひ参考にしてください。

【法人向け】SMS配信サービスの料金や使い方、メリットなどを解説

SMS(ショートメッセージサービス)は携帯電話の番号宛にメッセージを送る仕組みのことです。法人がSMS配信サービスを使用する際の料金やメリット、個人でのSMS利用との違いなどを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

企業におすすめのSMS配信サービスとは?到達率アップ&コストダウンを実現

メールを送っても反響がない・視認性が低い、電話だと工数がかかるというお悩みはありませんか。本記事では、SMS(ショートメッセージサービス)をPCから送れるSMS配信サービスが企業の顧客コミュニケーションにおすすめの理由について解説します。視認性が高いSMSを用いて、顧客コミュニケーション効果を高めてください。

【法人向け】おすすめのSMS配信サービスについて解説。料金や特徴などのポイントをご紹介

法人向けSMS配信サービスのメリットや選び方を解説します。メールに比べて到達率と視認性が高い情報伝達手段として、特にBtoCの分野でSMS(ショートメッセージサービス)の再評価が進んでいます。ユーザーへ確実にメッセージを届けるSMS配信サービスについてご紹介します。

顧客とのコミュニケーションに

SMS配信サービスを導入してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら
デモ依頼やサービスに関するお問い合わせはこちらから
SMSLINKに関する資料をこちらからダウンロードできます