SMS送信サービスとは?特徴や料金、選び方を徹底解説!

​​​​​​​SMS送信サービスとは?特徴や料金、選び方を徹底解説!


ビジネスでSMS(ショートメッセージサービス/ショートメール/Cメール)を活用するなら、SMS送信サービスを利用するのがおすすめです。SMSをより効率的かつ効果的に運用できるようになります。

この記事では、SMS送信サービスの導入を検討している企業に向けて、その特徴や料金を解説します。選び方のポイントをご説明しますので、ぜひ参考にしてください。

>>>SMS送信サービスで業務が効率化できる「SMSLINK」のサービス資料を請求する【無料】


目次[非表示]

  1. 1.そもそもSMS送信とは?
  2. 2.法人向けのSMS送信サービスの特徴
    1. 2.1.SMS送信サービスの概要
    2. 2.2.SMS送信サービスの活用方法
  3. 3.SMS送信サービスを利用するメリット
    1. 3.1.一斉送信できる
    2. 3.2.送信後の結果をチェックできる
  4. 4.SMS送信サービスを利用するデメリット
    1. 4.1.1通ごとに料金がかかる
    2. 4.2.テキストしか送信できない
    3. 4.3.相手によって受信できる文字数が異なる
  5. 5.一般的なSMS送信の料金の目安
  6. 6.SMS送信サービスの料金の目安
    1. 6.1.国内回線を用いるSMS送信サービス
    2. 6.2.携帯キャリアと直接接続するサービス
    3. 6.3.国際回線を用いるSMS送信サービス
  7. 7.SMS送信サービスの選び方
    1. 7.1.使用環境
    2. 7.2.機能
    3. 7.3.フリーダイヤルの設定可否
    4. 7.4.コスト
  8. 8.まとめ

そもそもSMS送信とは?

SMSは「Short Message Service(ショートメッセージサービス)」を略した表現であり、電話番号を宛先としてメッセージを送信する方法です。送信できる文字数は670文字程度に限られており、文字数に応じて料金が変化します。連絡相手の携帯電話番号さえわかればテキストメッセージを送信することができるため、電話が繋がらない、留守電に切り替わらない場合でも連絡することが可能です。また認証コードや携帯キャリアからの請求などで使われており、eメールのように大量のメルマガに埋もれるリスクが少ないことから視認性が高く、近年はBtoB、BtoCのどちらでも活用されています。


法人向けのSMS送信サービスの特徴

法人向けのSMS送信サービスには、どのような特徴があるのでしょうか。ここでは、法人向けのSMS送信サービスの概要と基本的な活用方法を解説します。


SMS送信サービスの概要

一般的なSMSは、携帯電話やスマートフォンからでないと送信できません。また、1日の送信数にも制限があり、大量送信や一斉送信には向いていません。一方、法人向けのSMS送信サービスを利用すれば、SMSをパソコンから一斉送信することや、API連携で既存システムと連携して一斉送信することができます。

SMS送信サービスは、SMSの大量送信や一斉送信に適したサービスなので、テンプレートを作成したり、送達管理を行えたりする機能がついているサービスもあります。また、SMS内に記載されたURLがクリックされたかどうか確認できる場合もあるので、SMSの効果を把握しやすいです。


SMS送信サービスの活用方法

法人向けのSMS送信サービスは、さまざまな用途に活用できます。たとえば、顧客が自社のサービスを利用する際、携帯電話宛てに4桁や6桁のショートコード(ワンタイムパスワード)を送信し、そのコードを入力して本人確認を行う本人確認(SMS認証)にもよく使われています。また、レストランや美容院では予約日時のリマインドを送ったり、賃貸物件の更新などの重要な情報を通知したりできます。

参考記事: SMS認証とは?本人確認の重要性やメリット・デメリット、活用例について

​​​​​​​

SMSは他の情報伝達手段である、キャリアメールやフリーメールなどと比較すると、受信件数が少ないため埋もれにくく、また、受信時にはポップアップ表示が出るため目に留まりやすいため、業務連絡や緊急連絡を送信するケースも多いです。

SMSを1件1件送ることは時間がかかり、ミスが起きやすいですが、SMS送信サービスを活用すれば、送る相手が多くても伝えたいメッセージを効率的に送信できます。


SMS送信サービスを利用するメリット

SMS送信サービスにはさまざまなメリットがあります。ここでは、メリットを具体的に解説します。


一斉送信できる

一般的なSMSでは一斉送信ができないため、多くの顧客にまとめて情報を伝えるのは困難です。しかし、SMS送信サービスを利用すると、同じメッセージを大量の宛先に対して一斉送信できます。ビジネスでSMSを送信するときは同じ内容を送信するケースが多いため、一斉送信の機能を利用すると便利です。また、名前や日付などを宛先ごとに差し込みできるサービスも多いため、宛先によって異なる内容を伝えたい場合にも活用できます。


送信後の結果をチェックできる

SMS送信サービスでは、送信したSMSの送達結果やクリックログを管理画面で確認できます。SMS内に記載したURLのクリック有無なども確認できるので、SMSの効果を把握するのも簡単です。また、案件一覧や宛先ごとの結果をCSVでダウンロードできるサービスもあり、効果の分析に役立てられます。


SMS送信サービスを利用するデメリット

SMS送信サービスには、デメリットもあります。ここでは、デメリットを具体的に解説します。


1通ごとに料金がかかる

一般的なSMSを送信する際も料金がかかりますが、SMS送信サービスを利用する場合はさらに高い料金がかかります。そのため、SMS送信サービスを利用するなら、費用対効果を検討することが大切です。ただし、運用次第では、DMや電話連絡、メールよりもSMS送信サービスを利用したほうがコストを抑えられる可能性があります。


テキストしか送信できない

一般的なSMSと同じく、送信できるのはテキストだけです。画像や動画は送信できないため、視覚的に相手を惹きつける効果はあまり期待できません。テキストだけでアプローチするには、工夫が必要です。例えば、ネット上の画像・ファイルのURLをSMSのメッセージ内に設置し、リンク先のページで画像や動画などを見てもらうなど、うまく誘導すれば効果的に運用できる可能性があります。

参考記事: SMSから画像・動画を送るには?電話番号で送信する方法


相手によって受信できる文字数が異なる

SMSで受信できる文字数は、端末によって異なっています。スマートフォンであれば670文字程受信できますが、従来のフィーチャーフォン(ガラケー)であれば受信できるのは70文字程度となり、長い文章を送信した場合は、複数に分割して届きます。例えばURLや電話番号が70文字前後に入ってしまうと途切れて届いてしまい、フィーチャーフォン(ガラケー)ユーザーはクリックすることができないため、配慮する必要があります。


一般的なSMS送信の料金の目安

一般的なSMSでも無料では利用できず、送信時には料金がかかります。SMSの料金は70文字までであれば、1通当たり3円です。文字数が増えると料金は高くなり、71~134文字なら6円となります。スマートフォンで送信できる最大文字数の670字になると、料金は30円になります。ただし他キャリアへの送信は70文字しかできないため、注意が必要です。


SMS送信サービスの料金の目安

SMS送信サービスの種類は、主に3つです。ここでは、それぞれの料金の目安を解説します。


国内回線を用いるSMS送信サービス

日本国内の携帯キャリアが正規のルートとして認めている国内回線を介してSMSを送信するサービスです。携帯キャリアからブロックされる可能性が低いため、SMSの内容を相手に届けやすいです。携帯キャリアと直接接続するSMS送信サービスの料金の相場は、10円前後です。


携帯キャリアと直接接続するサービス

携帯キャリアと直接接続しているサービスに接続し、国内網を利用してSMSを送信するサービスです。直接接続しているサービスに接続するSMS送信サービスの料金の相場は、15円前後です。


国際回線を用いるSMS送信サービス

海外のSMS配信サービス会社と接続し、海外網を利用してSMSを送信します。海外回線ではスパムも多く検出されるため、国内向けに送信した際にブロックされるケースもあります。そのため、国内回線を利用する場合に比べると、到達率は低いと言われています。国際回線を用いるSMS送信サービスの料金の相場は、8円前後となっています。


SMS送信サービスの選び方

SMS送信サービスはどのように選べばいいのでしょうか。ここでは、SMS送信サービスの選び方を解説します。


使用環境

選ぶサービスによって、使用環境はそれぞれ異なります。たとえば、Webブラウザ上でアクセスして利用するタイプもあれば、API経由で利用するタイプもあります。それぞれ使い勝手、送信の手順に違いがあるため、自社の目的や頻度にあわせて使いやすいタイプを選びましょう。


機能

SMS送信サービスでは単にメッセージの送信ができるだけでなく、API連携や決済まで対応しているものもあります。なかには、メッセージを送信する相手を条件に応じて絞込める機能がついているものもあります。自社に必要な機能が備わっているサービスを選ぶことが大切です。


フリーダイヤルの設定可否

フリーダイヤルに対応しているSMS送信サービスを選べば、顧客に安心感を与えられます。SMSを見た顧客が電話による問い合わせを行う可能性も高めることが可能です。サービスの提供元が用意した番号を使用する場合と、自社で用意した番号を使用する場合があるので、あらかじめ確認しておきましょう。


コスト

価格や料金プランも、それぞれのサービスによって異なります。自社に必要な機能を予算内で利用できるかどうかチェックしましょう。単に便利な機能がついているかどうかだけでなく、費用対効果についてきちんと確認する必要があります。料金が安くても手間がかかると効率が下がるため、注意が必要です。


まとめ

SMS送信サービスを利用すれば、ビジネスにおいてSMSを有効活用できるようになります。サービスによって使用環境や機能は異なるため、自社に適しているものを選びましょう。コストや費用対効果についても、確認することが大切です。

ネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」は国内網を利用し、携帯キャリアと直接接続をしており、到達率と安定性に高い信頼性があり、さらに、業界最安値水準の1通8円からSMSを送信できます。操作が簡単なうえにサポートも充実しているため、スムーズに導入できます。活用事例も公開しているので、ぜひ導入を検討してみてください。


>>SMS配信で業務が効率化できる「SMSLINK」のサービス資料を請求する【無料】


活用事例集


一覧に戻る >

SMSLINK紹介ページへ戻る >


株式会社ネクスウェイ SMS推進室
株式会社ネクスウェイ SMS推進室

主にtoC領域の企業様のコミュニケーション課題に対し、SMS配信サービス「SMSLINK」を用いた改善策の立案、サポートを提供。 顧客との様々なコミュニケーションにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

SMS配信の基礎知識

SMS送受信にかかる料金は?法人向けに徹底解説

SMS(ショートメッセージサービス)の利用には料金が発生します。今回はSMS配信サービスを利用した際の料金体系、またコストを抑えることが可能なネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」についてご紹介します。

SMS配信とは?注目されている理由や優れているポイント、事例を紹介!

社会にIT技術が浸透していくとともに、顧客への連絡にSMS(ショートメッセージサービス)を配信する企業が増えています。SMSは視認性が高く、ユーザーへ連絡する手段として優れており、ツール(SMS配信サービス)を導入している企業も少なくありません。 今回は、SMS配信について注目されている理由、他の連絡手段と比べて優れているポイント、活用事例などを解説します。ぜひ参考にしてください。

【法人向け】SMS配信サービスの料金や使い方、メリットなどを解説

SMS(ショートメッセージサービス)は携帯電話の番号宛にメッセージを送る仕組みのことです。法人がSMS配信サービスを使用する際の料金やメリット、個人でのSMS利用との違いなどを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

企業におすすめのSMS配信サービスとは?到達率アップ&コストダウンを実現

メールを送っても反響がない・視認性が低い、電話だと工数がかかるというお悩みはありませんか。本記事では、SMS(ショートメッセージサービス)をPCから送れるSMS配信サービスが企業の顧客コミュニケーションにおすすめの理由について解説します。視認性が高いSMSを用いて、顧客コミュニケーション効果を高めてください。

【法人向け】おすすめのSMS配信サービスについて解説。料金や特徴などのポイントをご紹介

法人向けSMS配信サービスのメリットや選び方を解説します。メールに比べて到達率と視認性が高い情報伝達手段として、特にBtoCの分野でSMS(ショートメッセージサービス)の再評価が進んでいます。ユーザーへ確実にメッセージを届けるSMS配信サービスについてご紹介します。

顧客とのコミュニケーションに

SMS配信サービスを導入してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら
デモ依頼やサービスに関するお問い合わせはこちらから
SMSLINKに関する資料をこちらからダウンロードできます