【法人向け】SMSの送り方やビジネスで有効活用するためのポイントを解説

【法人向け】SMSの送り方やビジネスで有効活用するためのポイントを解説


SMS(ショートメッセージサービス/ショートメール/Cメール)は携帯電話番号さえわかればメッセージを送信できるため、ビジネスにも幅広く導入されています。法人がSMSを送信する場合は、SMS送信サービスを活用するとさらに便利です。

この記事ではSMSの概要や送り方とともに、法人向けのSMS送信サービスについて解説します。SMSをうまく使いこなすために、ぜひ参考にしてください。


SMS配信を効果的に行いたい方へ

>>SMS配信で業務を効率化できる!SMS配信サービス「SMSLINK」の資料を請求する【無料】



目次[非表示]

  1. 1.SMS(ショートメッセージサービス)の概要
  2. 2.SMSの特徴
    1. 2.1.携帯電話番号が宛先となる
    2. 2.2.送信できる文字数の上限がある
    3. 2.3.文字数によって料金が変わる
    4. 2.4.キャリアによって呼び方が異なる
    5. 2.5.送信した内容によってはMMSに切り替わる
  3. 3.パソコンでのSMSの送り方
    1. 3.1.「Webタイプ」の送信方法
  4. 4.【法人向け】SMS送信サービスの活用シーン
    1. 4.1.伝えたい情報を一斉に送信できる
    2. 4.2.セキュリティのための認証に利用できる
    3. 4.3.個別対応もできる
    4. 4.4.リマインダーとして使用する
  5. 5.SMS送信サービスの選び方
    1. 5.1.接続方式
    2. 5.2.単価
    3. 5.3.機能性
  6. 6.まとめ


SMS(ショートメッセージサービス)の概要

SMSとは、携帯電話の番号を宛先として短文のテキストメッセージを送信するサービスです。「ショートメッセージサービス」を略して、SMSと呼ばれています。

SMSは世界共通のサービス規格であり、携帯電話番号さえわかれば簡単にテキストメッセージを送信できます。


SMSの特徴

SMSにはさまざまな特徴があります。ここでは、SMSの主な特徴について解説します。


携帯電話番号が宛先となる

SMSでは携帯電話番号宛にメッセージを送るため、相手の携帯電話番号しかわからなくてもメッセージを送信できます。通話が難しい状況でも、SMSならテキストによるコミュニケーションが可能です。

テキストでのやり取りにはメールやLINEが使用されるケースも多いですが、SMSなら相手のメールアドレスやLINE IDを知らなくても携帯電話番号さえ把握していれば、すぐに相手へメッセージを届けられます。


送信できる文字数の上限がある

SMSでは一度に送信できる文字数に上限があるため、メッセージを送信する際は注意が必要です。

送信できる文字数の上限は、キャリアや機種の発売時期によっても異なりますが、全角70文字もしくは全角670文字とされている場合が多いです。


参考記事:SMSには文字数制限がある?上限について説明


文字数によって料金が変わる

SMSを送信する場合、料金は文字数に応じて変動します。キャリアごとに料金設定が異なるため、送信する前に確認が必要です。

たとえば、全角1~70文字は3円、全角71~134文字は6円のように定められています。

なお、SMS送信の料金がかかるのは送信側だけであり、受信側は無料でメッセージを受信・確認できます。


キャリアによって呼び方が異なる

SMSにはキャリアによってそれぞれ異なる名称がつけられています。具体的には、ドコモでは「SMS(ショートメッセージサービス)」、auでは「SMS(Cメール)」、ソフトバンクでは「SMS」または「S!メール」と呼ばれています。

ただし、ソフトバンクのS!メールを送信できるのは、メッセージの送信側と受信側の両方がソフトバンクを利用している場合のみです。


送信した内容によってはMMSに切り替わる

SMSを送信しても、内容がSMSの条件に適していなければ、自動的にMMSに切り替えられます。

MMSとは、キャリアのメールアドレス宛に送信できるメッセージのことです。たとえば、SMSで送信できる文字数を超えていたり、画像を添付していたりすると、MMSへ切り替わります。

ただし、MMSに対応していないキャリアや格安SIMの場合はエラーになり、SMSで送信したメッセージは相手に届きません。


パソコンでのSMSの送り方

SMSは、フィーチャーフォン(ガラケー)とスマートフォンのどちらでも送受信できます。

携帯電話にはSMSの機能がプリインストールされているため、改めて専用のアプリをダウンロードする必要はありません。OSによる差もなく、AndroidとiPhoneのどちらでも利用可能です。

また、SMS送信サービスを利用することで、パソコンからで送信することも可能です。

たとえば、SMS送信サービスの「SMSLINK」では、パソコンから簡単にSMSを送信できる「Webタイプ」という方法があります。


「Webタイプ」の送信方法

Webタイプでは、パソコンのWebブラウザ上でサービス画面へログインすると簡単にSMSを送信できます。メッセージを送信するために必要なものは、送信したい相手の電話番号とメッセージ文のみです。たとえば、顧客の電話番号をリスト化すれば、まとめてサービス画面にアップロードできます。

SMSLINKではSMSの個別送信はもちろん、複数の相手への同時配信も可能です。日時を指定すると予約送信もでき、最大1万件の電話番号に対して一度にメッセージを届けられます。

また、メッセージにURLを記載した場合はクリックログをチェックできるため、SMSの効果も簡単に把握できます。


【法人向け】SMS送信サービスの活用シーン

ここでは、SMS送信サービスは法人、事業者のどのような場面で活用できるか解説します。


伝えたい情報を一斉に送信できる

法人のなかには、SMS送信サービスを活用して顧客へメッセージを一斉送信している企業もあります。

複数の宛先へメッセージを一斉送信できれば、顧客に対する連絡を効率的に行えます。たとえば、面談や予約の日程のリマインド、商品入荷の連絡、賃貸の更新連絡のために一斉送信の機能を活用しているケースも多いです。

SMSで面談についてリマインドすれば、相手が忙しくてなかなか電話に出られなくても日程を確認してもらえます。また、電話番号しかわからない顧客でも、SMSなら予約の日時を簡単にリマインドできて業務効率化につながります。


参考:SMS送信の活用シーン一覧


セキュリティのための認証に利用できる

インターネットの活用の広がりにより、セキュリティ確認が必要な場面が増えています。しかし、担当者がすべて手作業で対応すると、手間や時間がかかり過ぎるという課題があります。

対策として、セキュリティの認証にSMSを導入する企業が多くなりました。

たとえば、SMSを活用することで、Webサービスやアプリログイン時の本人認証やワンタイムパスワードの発行も行えます。

API連携することで、システムから自動でSMSが送信され、顧客がスムーズに認証を受けられるため、自社の商品やサービスを利用してもらえる機会も増える可能性があります。


参考記事:SMSのAPI連携とは?SMSを自動送信するには既存システムとのAPI連携がおすすめ


個別対応もできる

SMS送信サービスを利用すれば、メッセージの一斉送信が可能です。

さらに、全員に同じメッセージを送信するだけでなく、それぞれの顧客にあわせた個別のメッセージも組み込めます。なかには、顧客からの問い合わせに対応し、適切な内容を返信できるサービスもあります。

SMS送信サービスは状況に応じたさまざまなメッセージの送信に対応できるため、幅広い場面で活用できるでしょう。


リマインダーとして使用する

すでに触れたとおり、SMSは視認性が高いため、リマインダーとして活用しても効果的です。

面談やアポイント、レストラン予約の日時をリマインドするだけでなく、家賃や公共料金などの支払いの締切日を通知するために活用するのもひとつの方法です。顧客がうっかり支払いを忘れるケースが減るため、未納や未回収の防止につながります。


SMS送信サービスの選び方

ここでは、SMS送信サービスを選ぶとき、どのようなポイントを確認すればいいか解説します。


接続方式

SMS送信サービスには、「国内直収接続」「国際網接続」という2つの接続方式があります。

国内直収接続は、国内の携帯キャリアと直接接続してメッセージを送信する方式です。一方、国際網接続は海外の回線を経由したうえでメッセージを送信します。

メッセージを送信する相手が国内にいる場合は、国内直収接続方式がおすすめです。なぜなら、顧客の受信設定によっては、国際網接続によるメッセージを迷惑フィルタ設定していることもあり、メッセージが届かない可能性もあるからです。

国内直収接続方式なら、メッセージの到達率も高いうえに、セキュリティ面についても安心して利用できます。


単価

SMS送信サービスの種類によって料金設定は異なります。たとえば、初期費用の有無や1通ごとの単価もそれぞれです。なかには、初期費用がかかるものの、1通ごとの単価が安いサービスもあります。

利用する頻度や人数を考慮し、自社にとって最適なサービスを選びましょう。


参考記事:SMS送信サービスとは?特徴や料金、選び方を徹底解説!


機能性

SMS送信サービスの利用を検討している場合、一斉送信サービス機能、メッセージ文の拡張機能、API機能などを活用したいと考えている人も多いでしょう。

ただし、選ぶSMS送信サービスによって使用できる機能は違います。そのため、自社がどのような使い方をするか具体的に想定したうえでSMS送信サービスを選ぶ必要があります。


まとめ

SMSはさまざまな活用方法があり、ビジネスにおいても幅広く役立てられます。SMS送信サービスを使えばパソコンからでも簡単にSMSを送信できるため、効率的な利用が可能です。


***


ネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」は、マニュアルレスで簡単に操作できます。機能が充実しており、1通ごとの単価は8円~と、業界最安値の水準です。保守やサポートの体制も整っているため、安心してSMSを活用するためにぜひ相談してみてください。


>>SMS送信業務が効率化できる!SMS配信サービス「SMSLINK」の資料を請求する【無料】


活用事例集


一覧に戻る >

SMSLINK紹介ページへ戻る >


株式会社ネクスウェイ SMS推進室
株式会社ネクスウェイ SMS推進室

主にtoC領域の企業様のコミュニケーション課題に対し、SMS配信サービス「SMSLINK」を用いた改善策の立案、サポートを提供。 顧客との様々なコミュニケーションにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

SMS配信の基礎知識

SMS送受信にかかる料金は?法人向けに徹底解説

SMS(ショートメッセージサービス)の利用には料金が発生します。今回はSMS配信サービスを利用した際の料金体系、またコストを抑えることが可能なネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」についてご紹介します。

SMS配信とは?注目されている理由や優れているポイント、事例を紹介!

社会にIT技術が浸透していくとともに、顧客への連絡にSMS(ショートメッセージサービス)を配信する企業が増えています。SMSは視認性が高く、ユーザーへ連絡する手段として優れており、ツール(SMS配信サービス)を導入している企業も少なくありません。 今回は、SMS配信について注目されている理由、他の連絡手段と比べて優れているポイント、活用事例などを解説します。ぜひ参考にしてください。

【法人向け】SMS配信サービスの料金や使い方、メリットなどを解説

SMS(ショートメッセージサービス)は携帯電話の番号宛にメッセージを送る仕組みのことです。法人がSMS配信サービスを使用する際の料金やメリット、個人でのSMS利用との違いなどを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

企業におすすめのSMS配信サービスとは?到達率アップ&コストダウンを実現

メールを送っても反響がない・視認性が低い、電話だと工数がかかるというお悩みはありませんか。本記事では、SMS(ショートメッセージサービス)をPCから送れるSMS配信サービスが企業の顧客コミュニケーションにおすすめの理由について解説します。視認性が高いSMSを用いて、顧客コミュニケーション効果を高めてください。

【法人向け】おすすめのSMS配信サービスについて解説。料金や特徴などのポイントをご紹介

法人向けSMS配信サービスのメリットや選び方を解説します。メールに比べて到達率と視認性が高い情報伝達手段として、特にBtoCの分野でSMS(ショートメッセージサービス)の再評価が進んでいます。ユーザーへ確実にメッセージを届けるSMS配信サービスについてご紹介します。

顧客とのコミュニケーションに

SMS配信サービスを導入してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら
デモ依頼やサービスに関するお問い合わせはこちらから
SMSLINKに関する資料をこちらからダウンロードできます