SMS配信とは?注目されている理由や優れているポイント、事例を紹介!

SMS配信とは?注目されている理由や優れているポイント、事例を紹介!


社会にIT技術が浸透していくとともに、顧客への連絡にSMS(ショートメッセージサービス/ショートメール/Cメール)を配信する企業が増えています。SMSは視認性が高く、ユーザーへ連絡する手段として優れており、ツール(SMS配信サービス)を導入している企業も少なくありません。

今回は、SMS配信について注目されている理由、他の連絡手段と比べて優れているポイント、活用事例などを解説します。ぜひ参考にしてください。


>>1通8円~SMSを配信できる!SMS配信サービス「SMSLINK」の資料を請求する【無料】


目次[非表示]

  1. 1.SMS配信とは
  2. 2.SMS配信が注目される理由
  3. 3.SMS配信が他の連絡手段と比べて優れているポイント
    1. 3.1.メッセージの視認性とリーチ率が高い
    2. 3.2.一斉送信も個別送信も可能
    3. 3.3.配信コストが安い
    4. 3.4.アプリをダウンロードする必要がない
  4. 4.SMS配信の活用事例
    1. 4.1.コード配信による本人認証
    2. 4.2.URLを送信することによるサイト誘導
    3. 4.3.緊急度の高い支払い催促の送信
    4. 4.4.顧客満足度アンケート
    5. 4.5.予約や配送確認などの連絡
  5. 5.SMS配信サービスの選び方
    1. 5.1.SMS認証を行いたい
    2. 5.2.伝えたい内容を丁寧に記載したい
    3. 5.3.価格を重視したい
  6. 6.まとめ


SMS配信とは

SMSとは携帯電話のショートメッセージサービスのことです。 SMS配信とは、SMSの一斉配信や、システムと連携して配信することなどを意味します。

SMS配信サービスとは、SMSを使って、本人確認や通知、督促、プロモーションなどを行えるサービスです。SMS配信サービスを提供している事業者を指す場合もあります。


SMSは、スマートフォンなどの携帯端末全てにもともと入っている機能です。誰もが簡単に操作できる仕組みのためリーチ率や視認性が高く、これまでの連絡サービスと比べて多くのメリットがあります。そのため、多くの企業がSMS配信を活用したサービスを提供しています。


SMS配信が注目される理由

SMS配信が注目される理由は、本人に届きやすいことに加えて、長文への対応や本人認証などにも活用できるなど、利便性が高いことです。

アプリをダウンロードする必要がないことも、注目されている理由でしょう。SMS配信は、電話番号にメッセージを配信する仕組みであるため、電子メールと違ってメールアドレスは必要ありません。

メールアドレスは、簡単な操作で変更できるため、ユーザーがメールアドレスを変更すれば配信しても届かなくなるケースがあります。SMSの場合は、電話番号を変更するユーザーは比較的少なく、長い期間配信できます。

長文メッセージ対応のサービスを活用すると、最大670文字程度の長文も配信できます。


参考記事:企業におすすめのSMS配信サービスとは?到達率アップ&コストダウンを実現


SMS配信が他の連絡手段と比べて優れているポイント

SMS配信が、他の連絡手段と比べて優れているポイントは以下の4つです。


  1. メッセージの視認性の高さやリーチ率の高さ
  2. 一斉配信や個別配信も可能
  3. 配信コストが安い
  4. アプリをダウンロードする必要がない


それぞれのポイントについて解説します。


メッセージの視認性とリーチ率が高い

SMS配信の視認性が高い理由は、SMSの配信数がメールに比べて少なく、リーチ率が高いことです。

SMSを受け取ったユーザーは、高い確率で受信したSMSを確認します。プッシュ通知を許可している人が多いことも、視認性が高い理由にあげられます。

リーチ率とは、到達した割合のことです。SMSは電話番号宛に配信されます。電話番号は、メールアドレスのように簡単に変更しません。現在は、キャリアを変えてもそのまま電話番号を使用することが多く、さらに変更されにくくなっています。


一斉送信も個別送信も可能

SMS配信は、ユーザー全てに配信する一斉配信とユーザー1人1人に個別メッセージを送れます。サービスによりますが、特定のグループを指定して配信できるセグメント配信も可能です。伝えたい情報によって配信内容を変えられます。


なお、SMS配信は特定電子メール法の遵守が必要になり、電子メールと同様の運用が求められます。顧客の携帯端末番号を取得しているという理由だけでは、SMSを使ったメルマガやクーポンを配信できないため注意が必要です。必ずユーザーの許可を得てから、SMS配信を行いましょう。


参考記事:特定電子メール法はどんなときに違反になる!?罰則や違反しないための注意点を解説


配信コストが安い

SMS配信は、他のメッセージツールよりも配信コストを抑えられることも優れているポイントです。

料金は、1通ごとの送信あたりに課金される仕組みになっています。さらに、多くのSMS配信サービスは、配信数が多いほど1通単価が安くなるプランを提供しています。

SMS配信サービスを利用したSMSの1通あたりの料金は、数円から数十円です。電話連絡の場合は、人件費と通話料が発生し、ダイレクトメールの場合は、印刷・デザイン・配送などのコストが発生するため、コストパフォーマンスを高めることが期待できます。


参考記事:SMS送受信にかかる料金は?法人向けに徹底解説


アプリをダウンロードする必要がない

SMSを送受信するシステムは、携帯端末にもともと入っている機能であるため、利用する際にアプリをインストロールする必要はありません。スマートフォンを使いこなせていないユーザーであっても簡単に操作できます。

ユーザーからみても、アプリをインストールする手間がかからないのはメリットといえるでしょう。

​​​​​​

SMS配信の活用事例

SMS配信の活用事例を知れば、自社に導入しやすくなるでしょう。以下の5つの事例を紹介します。


コード配信による本人認証

SMSは電話番号に対してメッセージを配信するため、ユーザー本人が所有する携帯端末のみにメッセージを届けられます。このことを活用して認証コードやパスワードなどのコードを配信すれば、本人認証や本人確認ができます。

本人確認や本人認証をすることにより、複数のアカウント取得を防止できます。ログイン時の二要素認証にも利用されるケースも増えています。ログイン時のパスワードやワンタイムパスワードをSMSで配信することにより、セキュリティを高められます。


参考記事:SMS認証は必須?SMS認証サービスを導入するための必要知識を解説します



URLを送信することによるサイト誘導

SMS配信を使ってサイトに誘導する事例も増えています。SMS配信は、URLを貼り付けられるため、自社サイトのURLを配信することにより、自社サイトやサービスサイトへの誘導が可能です。

休業案内や営業時間の変更など、すぐに確認してほしい情報もユーザーに直接伝えられます。利用規約の改定など必ず確認して欲しい情報の場合は、確認してほしいWebページのURLを貼り付けて送りましょう。なお、絵文字は受け取れないキャリアもあるため注意しましょう。



緊急度の高い支払い催促の送信

緊急度の高い支払督促にも、SMS配信が活用されています。

配信すればすぐにユーザーの手元にメッセージが届くことは、SMS配信の大きな特徴です。この特徴を利用すれば、家賃や水道光熱費などの督促を、支払期限の時差なく案内できます。

未入金の確認が取れ次第すぐに手を打つことができるため、家賃や水道光熱費の滞納を防ぐツールとしても役立ちます。


参考記事:督促ならSMSが効果的!メリットや注意点、選ぶ際のポイント8つを紹介


顧客満足度アンケート

顧客満足度のアンケート調査にも、SMS配信が役立ちます。

企業のカスタマーセンターやコールセンターを利用したユーザーや商品・サービスをすでに利用したユーザーなどを対象として、SMS配信でアンケートへの協力を促しながらURLを貼り付けて配信しましょう。

SMSのメッセージから直接アンケートページを開くことができれば、アンケートの回答率をあげられます。



予約や配送確認などの連絡

SMS配信をリマインドや配送確認に活用するケースも増えています。

レストランや美容院などの予約を忘れるユーザーは少なくありません。SMS配信を使って、リマインドメッセージを予約日より前に配信すれば、当日キャンセルなどを防ぐことに役立ちます。


参考記事:急増する無断キャンセルの被害!SMSによる予防対策で利益率を改善しよう


宅配便の配送連絡も、SMS配信を使うことにより配送日時の不在が減少します。配送の二度手間を防げれば、配送業務の効率化が図れるでしょう。



SMS配信サービスの選び方

SMS配信サービスの選び方には、以下の4つのポイントがあります。


>>>「SMS配信サービス選び方のポイント」ダウンロード(無料)はこちらから


SMS認証を行いたい

SMS認証を行うためには API連携が不可欠です。API 連携とは、システム間の連携のことです。このケースでは、SMS配信サービスと自社システムとの連携を指します。

SMS配信サービスの多くは、API連携機能が装備されていますが、SMS認証の実現にはリアルタイムでの配信が必要です。自社システムとAPI連携ができて、リアルタイムに配信できるSMS配信サービスを選ぶことがポイントです。


参考記事:SMSのAPI連携とは?SMSを自動送信するには既存システムとのAPI連携がおすすめ


伝えたい内容を丁寧に記載したい

SMS配信サービスを導入する場合は、長文のSMSに対応しているかどうかもポイントです。短いメッセージだと伝えたい内容が入りきらない、丁寧な文章にならないなどSMSを受け取る側からみて、良い印象がありません。またURLを入れることもできなくなってしまいます。

長文対応のサービスであれば、660文字前後の文章を配信できます。さらに、URLのクリック率が分かる機能や、個人情報の差込機能などが搭載されているかもチェックしましょう。


価格を重視したい

SMS配信サービスは、従量課金制を採用しているサービスが多く、1通に対して料金が発生します。サービスによっては、月額料金が発生するものや文字数に応じて料金が変動する場合もあります。文章を最適化し、配信数を減らすことによりコストダウンできます。

ボリュームディスカウントプランが用意されているサービスでは、配信数が多くなれば単価が安くなるケースがあります。SMS配信サービスよって、料金体系が異なるため、自社の方針や予算などに適したサービスを選びましょう。


参考記事:SMS送受信にかかる料金は?法人向けに徹底解説



まとめ

SMS配信は、視認性が高くリーチ率も高いため、コミュニケーションで活用されることが増えています。一斉配信やセグメント配信や個別配信もでき、コストパフォーマンスも高いため、多くの企業から注目されています。


ビジネスを目的としてSMS配信の導入を検討するのなら、SMSLINKに相談してください。パソコンから簡単にSMSを配信でき、マーケティング活動のコストダウンも図れます。専門のカスタマーサクセスチームが、より効果の出るメッセージ作成も手伝ってくれるため、安心して利用できるでしょう。


>>>業界最安値水準でSMS一斉配信ができる「SMSLINK」のサービス資料を請求する【無料】


活用事例集


一覧に戻る >

SMSLINK紹介ページへ戻る >


株式会社ネクスウェイ SMS推進室
株式会社ネクスウェイ SMS推進室

主にtoC領域の企業様のコミュニケーション課題に対し、SMS配信サービス「SMSLINK」を用いた改善策の立案、サポートを提供。 顧客との様々なコミュニケーションにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

SMS配信の基礎知識

SMS送受信にかかる料金は?法人向けに徹底解説

SMS(ショートメッセージサービス)の利用には料金が発生します。今回はSMS配信サービスを利用した際の料金体系、またコストを抑えることが可能なネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」についてご紹介します。

SMS配信とは?注目されている理由や優れているポイント、事例を紹介!

社会にIT技術が浸透していくとともに、顧客への連絡にSMS(ショートメッセージサービス)を配信する企業が増えています。SMSは視認性が高く、ユーザーへ連絡する手段として優れており、ツール(SMS配信サービス)を導入している企業も少なくありません。 今回は、SMS配信について注目されている理由、他の連絡手段と比べて優れているポイント、活用事例などを解説します。ぜひ参考にしてください。

【法人向け】SMS配信サービスの料金や使い方、メリットなどを解説

SMS(ショートメッセージサービス)は携帯電話の番号宛にメッセージを送る仕組みのことです。法人がSMS配信サービスを使用する際の料金やメリット、個人でのSMS利用との違いなどを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

企業におすすめのSMS配信サービスとは?到達率アップ&コストダウンを実現

メールを送っても反響がない・視認性が低い、電話だと工数がかかるというお悩みはありませんか。本記事では、SMS(ショートメッセージサービス)をPCから送れるSMS配信サービスが企業の顧客コミュニケーションにおすすめの理由について解説します。視認性が高いSMSを用いて、顧客コミュニケーション効果を高めてください。

【法人向け】おすすめのSMS配信サービスについて解説。料金や特徴などのポイントをご紹介

法人向けSMS配信サービスのメリットや選び方を解説します。メールに比べて到達率と視認性が高い情報伝達手段として、特にBtoCの分野でSMS(ショートメッセージサービス)の再評価が進んでいます。ユーザーへ確実にメッセージを届けるSMS配信サービスについてご紹介します。

顧客とのコミュニケーションに

SMS配信サービスを導入してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら
デモ依頼やサービスに関するお問い合わせはこちらから
SMSLINKに関する資料をこちらからダウンロードできます