SMSの利用方法について徹底解説!メリットや仕組み・SMS認証の実装方法も紹介

SMSの利用方法について徹底解説!メリットや仕組み・SMS認証の実装方法も紹介


こんにちは。SMS配信サービス「SMSLINK」ライターチームです。

SMS(ショートメッセージサービス/ショートメール/Cメール)はユーザーへのメッセージや広告などの他にも、確認コード送信にも利用できます。近年では、SMSを利用した認証システムが増加傾向にあり、ユーザーにとって身近なものとなっています。

この記事では、SMSを利用した確認コードのメリットや仕組み、SMS認証の運用方法などを解説します。ぜひ参考にしてください。


>>>失敗しないSMS配信サービス選び方のポイントと比較表を無料ダウンロード​​​​​​​


目次[非表示]

  1. 1.SMSを利用した本人確認とは
  2. 2.SMSの確認コードとは
  3. 3.SMSで確認コードを送付するメリット
    1. 3.1.メリット1 不正利用を防ぎやすい
    2. 3.2.メリット2 手軽に二段階認証ができる
  4. 4.SMSで確認コードを送付する上で気を付けるポイント
  5. 5.SMSで確認コード送付する際の運用方法
    1. 5.1.確認コードを利用するまでの流れ
    2. 5.2.確認コードの実装方法
  6. 6.【OS別】ユーザーにSMSを確認してもらう方法
    1. 6.1.【iOS】SMSを確認する方法
    2. 6.2.【android】SMSを確認する方法
    3. 6.3.SMSはキャリアによって呼び方が変わる点にも注意
  7. 7.まとめ

 

SMSを利用した本人確認とは

SMSの大きな特徴の1つに、電話番号さえわかればメッセージが送れるという点があります。メールアドレスなどを取得しなくてもメッセージを送信できるため、SMSを活用する企業が増えています。

また、SMSはメッセージや広告の配信などだけに使われるわけではありません。

金融系サービスで本人確認に利用されるシーンも増加しています。本人確認のために、確認コードをSMSで送信し、コードをサイトなどに入力してもらうサービスも増えています。このように、SMSは幅広い用途で利用されています。


  SMS配信とは?注目されている理由や優れているポイント、事例を紹介! 社会にIT技術が浸透していくとともに、顧客への連絡にSMS(ショートメッセージサービス)を配信する企業が増えています。SMSは視認性が高く、ユーザーへ連絡する手段として優れており、ツール(SMS配信サービス)を導入している企業も少なくありません。 今回は、SMS配信について注目されている理由、他の連絡手段と比べて優れているポイント、活用事例などを解説します。ぜひ参考にしてください。 SMS配信サービス【SMSLINK】/ネクスウェイ



SMSの確認コードとは

SMSの確認コードとは、SMS認証や本人確認、2ファクタ認証などで用いられる数字やアルファベットのコードです。例えば、4文字程度のランダム数字列や、数字とアルファベットを組み合わせたものなど、利用するサイトによって確認コードの形式は異なります。

SMSでユーザーの携帯電話やスマートフォンなどに確認コードを送信して、ユーザーにその確認コードを入力してもらう方式です。会員登録や料金の支払いなどの際に、都度発行される確認コードを入力して、本人確認を行います。



SMSで確認コードを送付するメリット

SMSで確認コードを送付するメリットとは何なのでしょうか。SMSで確認コードを送付するメリットは、大きく分けて2つです。ここでは、2つのメリットについて詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。


メリット1 不正利用を防ぎやすい

SMSとは、携帯電話番号を利用して送信できるショートメールサービスです。そのため、1人が複数のアカウント(電話番号)を持つことが難しくなります。EメールやSNSなどの場合は、フリーメールなどを使えば複数のアカウントを持てますが、SMSは携帯電話を複数持つ必要があるため、1人で複数アカウントを利用できません。

複数アカウント所持が難しいSMSを利用して、本人確認の認証をすることで、なりすましなどが防ぎやすくなります。また、不正利用防止の効果も期待できるなど、セキュリティ面での強化が見込めます。


メリット2 手軽に二段階認証ができる

アカウントのセキュリティを高めるという目的から、二段階認証を導入する企業が増加傾向にあります。

専用アプリのダウンロードや自動音声の認証などは手間がかかってしまうため、煩わしい、面倒くさいと感じるユーザーも多く、サービス利用を中断されてしまうリスクが高くなります。

その点、SMSの確認コードによる認証なら、SMSに送信される確認コードを入力するだけです。ユーザー側の手間が少なくなり簡単に二段階認証ができるため、煩わしさからサービス利用を中断するといったリスクが低くなります。


SMS認証については下記の記事で詳細に記載していますので、ご一読ください。


  SMS認証とは?本人確認の重要性やメリット・デメリット、活用例について SMS認証は、携帯電話の番号を利用して本人確認を行うセキュリティ強化に有効な二段階認証の手法です。スマートフォンの普及により、誰もが自由にインターネットを利用できる時代になりました。同時に、より一層セキュリティの強化が懸念されています。今回は、SMS認証導入の重要性、またSMS認証のメリットやデメリット、実際の活用シーンについて紹介します。 SMS配信サービス【SMSLINK】/ネクスウェイ



SMSで確認コードを送付する上で気を付けるポイント

SMSで確認コードを送付する際には、気を付けたいポイントがあります。


まずは、格安SIMやデータ通信専用スマホなどをユーザーが使用している場合です。この場合、電話回線の契約をしていないケースがあります。電話回線の契約をしていないことは、電話番号を持っていないことになるため、SMSの利用はできません。


また、基本的に電話回線は1人につき1回線となりますが、海外サービスの利用や複数の回線を持つ裏技も存在しています。そのため、なりすましなどに利用されてしまう恐れもあります。大きな被害が考えられるようなサービスの場合は、SMS確認コードだけでなく、他の認証方法もあわせて利用すると安心です。



SMSで確認コード送付する際の運用方法

SMSで確認コードを送付する場合、どのように運用すればよいのでしょうか。ここでは、SMSで確認コードを送付する際の流れについて解説します。確認コード利用までの流れや、確認コードの実装方法を紹介するので、参考にしてください。


確認コードを利用するまでの流れ

確認コードを実装したいが、どのような流れで利用するのかわからないという人も多いでしょう。確認コードを利用するまでの流れは以下のとおりです。


  1. ユーザーが簡易認証画面で電話番号を登録する
  2. サーバーからSMS送信依頼
  3. SMSにて確認コードをユーザーへと送信する
  4. 送られてきた確認コードをユーザーが確認し、認証画面に入力する
  5. サーバーが入力内容とSMS送信時に保管していた確認コードと一致しているか確認
  6.  一致していれば認証完了


このような流れで確認コードの利用が行われます。


確認コードの実装方法

実際に確認コードを実装するにはどうすればよいのでしょうか。

確認コードを実装するには、API(Application Programming Interface)を利用する必要があります。APIとはソフトウェアやアプリの機能をつないで共有させる役割を持つものです。APIを利用し、アプリにSMSを利用した認証システムを組み込みましょう。

これらのシステムの開発や実装にかかる負担はさほど大きくありません。ただし、認証システムの構築などには専門的なプログラミング知識が必要です。SMS認証を検討している場合は、自社APIと連携できるSMS配信サービスを選びましょう。


  SMSのAPI連携とは?SMSを自動送信するには既存システムとのAPI連携がおすすめ SMS(ショートメッセージサービス/ショートメール/Cメール)は通常、1つの宛先にしか送信できませんが、SMS一斉配信サービスを利用することにより、複数の宛先にメッセージを届けられます。SMS一斉配信サービスは、SMSのメリットを活かし、さまざまな使い方ができます。 この記事では、SMSを一斉配信したいと考えている、顧客対応の担当者に向けて、SMS一斉配信サービスとは何か、どのようなメリットやデメリットがあるのかを解説します。 SMS配信サービス【SMSLINK】/ネクスウェイ



【OS別】ユーザーにSMSを確認してもらう方法

確認コードを利用した認証を行う際は、ユーザーが確実にSMSを確認できるように、キャリアごとのSMS確認方法を把握しておくことも大切です。

以下ではOS別のSMS確認方法について詳しく解説します。


【iOS】SMSを確認する方法

iOSの場合、ホーム画面にある緑色に白い吹き出しのアイコンが、SMSアイコンとなっています。このアイコンをタップすると、送信・受信したSMSの確認が可能です。

ポップアップ通知を設定している場合には、ポップアップからもSMSを確認できます。ポップアップをタップして、セキュリティを解除すれば届いたSMSをすぐに確認できるため便利です。


【android】SMSを確認する方法

androidの場合、ホーム画面に表示されている「メッセージ」というアイコンをタップすることで、受信・送信したSMSを確認可能です。また、ポップアップ通知の設定を行っていれば、ポップアップをタップして確認できます。

androidの場合、さまざまなメーカーがあります。機種によっても多少アイコンのデザインに違いがあるため、その点だけ注意しましょう。androidのSMSアイコンでメジャーなデザインは、水色に白い吹き出しがついたものです。


SMSはキャリアによって呼び方が変わる点にも注意

SMSはキャリアによって呼び方が異なるケースがあります。大手3キャリアでも、SMSの名称はさまざまです。auの場合は「Cメール」、docomoの場合は「ショートメッセージサービス」、SoftBankの場合は「SMS」という名称を使用しています。

自社サービスにSMS認証を実装する場合には、ユーザーが困惑しないようにする必要があります。例えば、「SMS(Cメールやショートメール)」というように、それぞれのキャリアの名称を記載しておくなど、説明の仕方を工夫しましょう。



まとめ

SMS認証とは、SMSで送信した確認コードをユーザーが認証画面に入力し、本人確認などを行う方法です。手軽に二段階認証が利用でき、不正利用を防ぎやすいというメリットがあるため、SMS認証を実装する企業も増えています。

ネクスウェイのSMSLINKは、FAX・郵送・メールなどの通信インフラを30年間に渡って提供してきた実績があります。業界最安値水準(8円/通~)での利用が可能で、マニュアルレスのカンタン操作が可能です。使いやすい機能が充実しているだけでなく、保守・運用・サポートが充実しており初めてでも使いやすくなっています。

SMSを用いた認証の運用をお考えなら、ぜひ一度お問い合わせください。



>>>業界最安値水準でSMS配信ができる「SMSLINK」のサービス資料を請求する【無料】


活用事例集


一覧に戻る >

SMSLINK紹介ページへ戻る >


株式会社ネクスウェイ/SMS推進室
株式会社ネクスウェイ/SMS推進室

主にtoC領域の企業様のコミュニケーション課題に対し、SMS配信サービス「SMSLINK」を用いた改善策の立案、サポートを提供。 顧客との様々なコミュニケーションにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

SMS配信の基礎知識

会社の緊急連絡網の作り方は?連絡手段の選び方や連絡網作成の注意点を紹介

緊急時に速やかに従業員と連絡が取れると、二次災害を抑えられます。しかし、災害に強い連絡手段を選ばなければ、せっかくの緊急連絡網が活用されません。 ここでは、会社の緊急連絡網の作成を任されている担当者に向けて、緊急連絡網の作り方や連絡手段の選び方、連絡網作成の注意点などを紹介します。緊急時のリスク対策に向け、参考にしてください。

飲食店がキャンセル料を請求する方法は?算定基準や注意点などを解説

飲食店でキャンセルが発生した場合、さまざまな損害が発生します。急なキャンセルが発生したときは、キャンセル料を請求するのも解決方法のひとつです。この記事では、キャンセルの発生に備えたいと考えている飲食店に向けて、キャンセル料の請求方法を解説します。キャンセルによる損害を小さく抑えるため、ぜひ参考にしてください。

SMS(ショート メール)を確認してもらうには?迷惑メールと間違われない文例を紹介!

SMS(ショートメッセージサービス)の利用には料金が発生します。今回はSMS配信サービスを利用した際の料金体系、またコストを抑えることが可能なネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」についてご紹介します。

アイメッセージとSMS・MMSとの違いとは?受信に必要な設定方法や注意点を解説

SMS(ショートメッセージサービス)の利用には料金が発生します。今回はSMS配信サービスを利用した際の料金体系、またコストを抑えることが可能なネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」についてご紹介します。

SMSとはどんなもの?仕組みやメリットを知って活用してみよう!

SMS(ショートメッセージサービス)はさまざまなシーンで使用できるため、SMSをビジネスに活用している企業は多いです。しかし、SMSを使ってみたいと思っていても、仕組みやメリットがわからず困っているケースもあるでしょう。この記事では、企業のサービス開発担当者に向けて、SMSの仕組みやメリットなどを解説します。SMSを上手に活用するためにぜひ役立ててください。

顧客とのコミュニケーションに

SMS配信サービスを導入してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら
デモ依頼やサービスに関するお問い合わせはこちらから
SMSLINKに関する資料をこちらからダウンロードできます