SMSで既読機能は利用できるの?メッセージが見られたか確認する方法も紹介

SMSで既読機能は利用できるの?メッセージが見られたか確認する方法も紹介


こんにちは。SMS配信サービス「SMSLINK」ライターチームです。

メッセージアプリの普及により、メッセージの既読機能が社会に浸透してきています。SMS(ショートメッセージサービス/ショートメール/Cメール)を検討中、あるいは利用中の人は、SMSでも既読機能が使用できるか疑問を感じているかもしれません。

この記事では、顧客対応にSMSを活用したいと考える企業の担当者に向けて、SMSの既読機能について解説します。メッセージが顧客に届いたか確認する方法や、SMSを導入する際のポイントも紹介するので参考にしてください。


>>>失敗しないSMS配信サービス選び方のポイントと比較表を無料ダウンロード​​​​​​​


目次[非表示]

  1. 1.SMSとは
  2. 2.既読機能とは
  3. 3.SMSに既読機能はない
  4. 4.SMSとその他のメッセージツールとの違いは?
  5. 5.企業でSMS配信が注目されている理由
    1. 5.1.見てもらいやすいから
    2. 5.2.携帯番号だけでメッセージを送信できるから
    3. 5.3.他のメッセージに埋もれにくいから
    4. 5.4.セキュリティ性が高くユーザーに安心感を与えるから
  6. 6.【企業でSMSの導入を検討するなら】検討すべきポイント3つ
    1. 6.1.【ポイント1】必要なコスト
    2. 6.2.【ポイント2】目的に応じた機能がついているか
    3. 6.3.【ポイント3】システムの使いやすさ
  7. 7.まとめ

 

SMSとは

SMSは「ショートメッセージサービス」の略語であり、キャリアによっては異なる名称で呼ばれる場合もあります。SMSは、顧客の携帯電話さえわかれば短いテキストメッセージを送信できます

SMSの利用にあたり、顧客にアプリをインストールしてもらう必要はありません。フィーチャーフォンとスマートフォンの区別なく、すべての携帯電話にSMSの機能は標準で搭載されています。



既読機能とは

既読機能とは、受信者がメッセージを開いたか、送信者側で確認できる機能です。既読機能は多くのメッセージアプリに搭載されています。

受信者がメッセージを開封すると、送信者の画面には「既読」と表示されます。必ず見てほしいメッセージを送信する際に、既読機能は便利です。既読がつかない場合、受信者がメッセージを把握していないことが確認できます。

また、既読機能があれば、メッセージを見たことを自動的に送信者に伝えられるため、受信者は「確認しました」とわざわざ返信する必要がありません。既読機能は、送信元と受信者の両方にとってメリットがあるといえます。


SMSに既読機能はない

基本的に、SMSには既読機能がありません。

一部のスマートフォンでは、既読機能のあるSMSに似たアプリを使えます。ただし、携帯電話に標準搭載されている機能はSMSのみです。携帯電話の機種を問わずメッセージを送るなら、SMSが便利です。

SMSには既読機能はありませんが、SMSの送達は確認できます。SMSC(ショートメッセージサービスセンター)の「送達確認機能」をONにすると、送達通知を受信可能です。


SMSとその他のメッセージツールとの違いは?

SMSとその他のメッセージツールでは、清算方法が異なります。

SMSの利用料金は通話料から清算され、全角70文字までならば3円(税別)で送信可能です。利用料金は送信者のみが支払います。また、SMSは短い文字のやり取りを想定しているため、長文には不向きです。70文字を超えると、文字数に応じて送信料金が加算されます。

メールやアプリでは、メッセージごとに料金が発生するわけではありません。メッセージは文字や画像送信によるデータ通信として、パケット料に含まれます。


  SMS送受信にかかる料金は?法人向けに徹底解説|SMS配信サービス【SMSLINK】 SMS(ショートメッセージサービス)を利用したメッセージ送信を行った際には、料金が発生します。今回は、SMS送信を行った際の送信料金のほか、SMS送信サービス利用した際の料金体系、またSMS送信のコストを抑えることが可能なネクスウェイのSMSメッセージ送信サービス「SMSLINK」についてご紹介します。 SMS配信サービス【SMSLINK】/ネクスウェイ



企業でSMS配信が注目されている理由

数多くの連絡手段があるにもかかわらず、多くの企業はSMSを活用しています。電話やメール、その他のメッセージツールと比べ、SMSが顧客との連絡に向いている理由を解説します。


見てもらいやすいから

既読機能こそありませんが、SMSの着眼率は90%以上といわれています。

SMSを受信すると、ポップアップウィンドウでメッセージが表示されます。受信時に端末を使っていなくても、ロックを解除する際に、メッセージがポップアップ表示されるため見逃しません。加えて、ポップアップされた状態でメッセージの一部が見えるため、注意を引きつけられます。


携帯番号だけでメッセージを送信できるから

SMSは携帯番号さえわかれば、相手にメッセージを送信できます。

近年はMNPの普及により、携帯番号を変える機会が減りました。一方、メールアドレスやSNSのアカウントは機種変更やキャリアの変更にともない変わる可能性があります。迷惑メールが増えた、連絡先を整理したいなどの理由でも、メールアドレスやSNSのアカウントは変更されてしまいます。

携帯番号がわかれば顧客に直接電話をかけられますが、知らない携帯番号を敬遠する人もいれば、タイミングがあわずに電話に出られない人もいるかもしれません。着実に顧客と連絡を取りたい場合は、携帯番号でSMSを利用しましょう。


他のメッセージに埋もれにくいから

SMSの受信頻度は、他のメッセージツールの受信頻度よりもわずかです。他のメッセージに埋もれないため、着眼率が上がります。そもそも、SMSの送信数は携帯キャリアごとに制限されており、迷惑メールではあまり利用されません。

一方、Eメールは迷惑メールが多く、メッセージの着眼率が低くなります。顧客が迷惑メールフォルダを設定していれば、メッセージが一切見られないまま消去される恐れもあります。


  SMS配信とは?注目されている理由や優れているポイント、事例を紹介! 社会にIT技術が浸透していくとともに、顧客への連絡にSMS(ショートメッセージサービス)を配信する企業が増えています。SMSは視認性が高く、ユーザーへ連絡する手段として優れており、ツール(SMS配信サービス)を導入している企業も少なくありません。 今回は、SMS配信について注目されている理由、他の連絡手段と比べて優れているポイント、活用事例などを解説します。ぜひ参考にしてください。 SMS配信サービス【SMSLINK】/ネクスウェイ



セキュリティ性が高くユーザーに安心感を与えるから

携帯番号を利用するSMSはセキュリティ性が高く、なりすましを防げます。

携帯番号は端末ごとに紐づけられています。携帯番号さえ間違わなければ、顧客本人に必ず連絡可能です。携帯番号ごとにアカウントを割り振ると、複数のアカウント作成も防止できます。


また、SMSのメッセージは端末が手元になければ見られないため、二要素認証に役立ちます。SMSによる二要素認証は、金融機関やEC業界、行政などで導入されています。


  多要素認証と二段階認証の違いとは?メリット・デメリットや認証方法の種類を解説 自社サービスのセキュリティ対策強化を行う上で、多要素認証や二段階認証が有効な手段として注目を集めています。この記事では、認証システムの導入を検討している企業や担当者に向けて、2つの認証システムの概要や、それぞれの違い、メリット・デメリットなどを解説しています。セキュリティ対策強化を検討していましたら、ぜひ参考にしてください。 SMS配信サービス【SMSLINK】/ネクスウェイ




【企業でSMSの導入を検討するなら】検討すべきポイント3つ

パソコンからSMSを送信するためには、SMS配信サービスを契約する必要があります。SMS配信サービスを導入する際に、検討すべきポイントを3つ紹介します。コストや企業ごとの課題、使いやすさに着目して、業務に役立つサービスを契約してください。


【ポイント1】必要なコスト

導入費用や月額費用に加え、1通ごとの送信料を比較しましょう。SMS配信サービスを導入する理由に、コスト削減を挙げる企業も多いです。送信料はサービスごとに差があるため、大量にSMSを配信する予定がある企業ほど、送信料が安いサービスがお得です。

SMSの利用目的や想定される利用頻度をもとに、トータルでかかるコストを算出してください。

また、それほどSMSを配信する予定がなければ、導入費用や月額費用がかからない従量課金制のサービスが向いています。


  【法人向け】SMS配信サービスの料金や使い方、メリットなどを解説|SMS配信サービス【SMSLINK】 SMS(ショートメッセージサービス)は携帯電話の番号宛にメッセージを送る仕組みのことです。法人がSMS配信サービスを使用する際の料金やメリット、個人でのSMS利用との違いなどを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 SMS配信サービス【SMSLINK】/ネクスウェイ



【ポイント2】目的に応じた機能がついているか

契約するSMS配信サービスに、導入目的に応じた機能が備わっているか確認しましょう。SMS配信サービスごとに、強みとする機能は異なります。代表的な機能には、自動再送信サービス、テンプレート登録などが挙げられます。

たとえば、認証コードをSMSで送信する場合、API連携が欠かせません。顧客に直接連絡を取るために導入する場合は、発信元の専用番号が表示されるものがおすすめです。他にも、リマインドや督促をする、緊急連絡の通知に使うなど、目的が変われば必要な機能も変わります。


  SMSのAPI連携とは?SMSを自動送信するには既存システムとのAPI連携がおすすめ SMS(ショートメッセージサービス/ショートメール/Cメール)は通常、1つの宛先にしか送信できませんが、SMS一斉配信サービスを利用することにより、複数の宛先にメッセージを届けられます。SMS一斉配信サービスは、SMSのメリットを活かし、さまざまな使い方ができます。 この記事では、SMSを一斉配信したいと考えている、顧客対応の担当者に向けて、SMS一斉配信サービスとは何か、どのようなメリットやデメリットがあるのかを解説します。 SMS配信サービス【SMSLINK】/ネクスウェイ



【ポイント3】システムの使いやすさ

使いやすいシステムでなければ、日常的な利用には不向きです。管理画面のシンプルさ、操作の簡単さなどに着目して、SMS配信サービスを選びましょう。テンプレート登録や予約送信など、業務を効率化させる機能もサービスの使い勝手を良くします。

担当者により技術のレベルは変わるため、本人の意向を反映してSMS配信サービスを決めてください。


自社に最適なサービスを選びたい方へ
>>>「SMS配信サービス選び方のポイント」ダウンロード(無料)はこちらから



まとめ

SMSには既読機能がありません。ただし、SMSCの送達確認機能をONにすると、送達通知を受け取れます。既読機能はなくても他のメッセージツールと比べて視認性が高いため、顧客への連絡にSMSの活用はおすすめできます。

なお、パソコンからSMSを送信するには、SMS配信サービスへの登録が必要になります。



ネクスウェイのSMSLINKはマニュアルレスで簡単に操作でき、使いやすい機能が満載です。また、1通あたりの送信料は業界最安値水準の8円/通~です。ネクスウェイは、FAX、郵送、メールなどの通信インフラを30年間に渡って提供してきました。豊富な実績をもとに、 保守・運用・サポートが充実しています。


SMS配信サービスのご利用をお考えなら、ぜひ一度お問い合わせください。


>>>業界最安値水準でSMS一斉配信ができる「SMSLINK」のサービス資料を請求する【無料】


活用事例集


一覧に戻る >

SMSLINK紹介ページへ戻る >


株式会社ネクスウェイ/SMS推進室
株式会社ネクスウェイ/SMS推進室

主にtoC領域の企業様のコミュニケーション課題に対し、SMS配信サービス「SMSLINK」を用いた改善策の立案、サポートを提供。 顧客との様々なコミュニケーションにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

SMS配信の基礎知識

会社の緊急連絡網の作り方は?連絡手段の選び方や連絡網作成の注意点を紹介

緊急時に速やかに従業員と連絡が取れると、二次災害を抑えられます。しかし、災害に強い連絡手段を選ばなければ、せっかくの緊急連絡網が活用されません。 ここでは、会社の緊急連絡網の作成を任されている担当者に向けて、緊急連絡網の作り方や連絡手段の選び方、連絡網作成の注意点などを紹介します。緊急時のリスク対策に向け、参考にしてください。

飲食店がキャンセル料を請求する方法は?算定基準や注意点などを解説

飲食店でキャンセルが発生した場合、さまざまな損害が発生します。急なキャンセルが発生したときは、キャンセル料を請求するのも解決方法のひとつです。この記事では、キャンセルの発生に備えたいと考えている飲食店に向けて、キャンセル料の請求方法を解説します。キャンセルによる損害を小さく抑えるため、ぜひ参考にしてください。

SMS(ショート メール)を確認してもらうには?迷惑メールと間違われない文例を紹介!

SMS(ショートメッセージサービス)の利用には料金が発生します。今回はSMS配信サービスを利用した際の料金体系、またコストを抑えることが可能なネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」についてご紹介します。

アイメッセージとSMS・MMSとの違いとは?受信に必要な設定方法や注意点を解説

SMS(ショートメッセージサービス)の利用には料金が発生します。今回はSMS配信サービスを利用した際の料金体系、またコストを抑えることが可能なネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」についてご紹介します。

SMSとはどんなもの?仕組みやメリットを知って活用してみよう!

SMS(ショートメッセージサービス)はさまざまなシーンで使用できるため、SMSをビジネスに活用している企業は多いです。しかし、SMSを使ってみたいと思っていても、仕組みやメリットがわからず困っているケースもあるでしょう。この記事では、企業のサービス開発担当者に向けて、SMSの仕組みやメリットなどを解説します。SMSを上手に活用するためにぜひ役立ててください。

顧客とのコミュニケーションに

SMS配信サービスを導入してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら
デモ依頼やサービスに関するお問い合わせはこちらから
SMSLINKに関する資料をこちらからダウンロードできます