SMS認証コードが届かない原因とは?認証コードの仕組みから認証失敗時の対策まで解説

SMS認証コードが届かない原因とは?認証コードの仕組みから認証失敗時の対策まで解説


こんにちは。SMS配信サービス「SMSLINK」ライターチームです。


認証コードの送付方法としてSMS(ショートメッセージサービス/ショートメール/Cメール)を利用する企業が増えています。

この記事では、認証コードの送付のためにSMSを利用したいと考えている企業の担当者に向けて、SMSを使って認証コードを送る仕組みやメリット・デメリットを解説します。具体的な導入方法についても解説するため、ぜひ役立ててください。


SMSを使った認証を検討している方へ
>>SMS配信サービスの選び方のポイントと比較表をダウンロードする【無料】


目次[非表示]

  1. 1.認証コード送付にSMSを使う仕組みについて
    1. 1.1.認証コードとは本人確認を行う際に用いられる手段のひとつ
    2. 1.2.SMSを使えば第三者による不正な利用を未然に防げる
  2. 2.認証コードの送付にSMSが使われるようになったきっかけ
    1. 2.1.携帯電話番号の登録で利用できるWebサービスの需要が高まったため
    2. 2.2.不正利用による被害が増えたため
  3. 3.SMSを使って認証コードを送るメリット
    1. 3.1.セキュリティの強化を図れる
    2. 3.2.ユーザーに確認されやすい
  4. 4.SMSを使って認証コードを送るデメリット
  5. 5.企業におけるSMS認証の活用例
    1. 5.1.一定額を超える金融機関などへの振込
    2. 5.2.スマートフォンアプリやWebサービス内での電子決済
    3. 5.3.会員サイトの運営
  6. 6.認証コードをSMSで送信する流れと具体的な方法
    1. 6.1.SMSで認証コードを送信する流れ
    2. 6.2.SMS配信サービスを利用して送信する方法
  7. 7.効率よく認証コードを送信するためにSMS配信サービスを選ぶ際の注意点
    1. 7.1.API連携が可能なサービスを選ぶ
    2. 7.2.国内回線を利用できるサービスを選ぶ
  8. 8.SMS認証に失敗する原因と対策
    1. 8.1.SMS受信拒否設定されている
    2. 8.2.国内携帯キャリアにブロックされている
  9. 9.まとめ


認証コード送付にSMSを使う仕組みについて

認証コードを送付するために使用するSMSとは、どのようなものなのでしょうか。まずは認証コードとSMSの仕組みを解説します。


認証コードとは本人確認を行う際に用いられる手段のひとつ

認証コードは、携帯電話やスマートフォンを使って本人確認を行うために使用します。ユーザーの電話番号を把握している場合に自動音声やSMSを使って認証コードを送信します。

メールアドレスに対して認証コードを記載したメールを送ったり、専用のアプリから認証コードを通知したりするのもひとつの方法です。認証コードは安全性の高い方法で通知する必要があります。


SMSを使えば第三者による不正な利用を未然に防げる

単に携帯電話番号を登録するだけでは、本人が知らないところで第三者が悪用する恐れがあります。また、メールアドレスとパスワードを使用してログインする方法もありますが、メールアドレスには不正ログインのリスクがあります。

SMSは電話番号が割り振られている端末に直接届くため、確実に本人に確認してもらうことが可能であり、悪意ある第三者の不正利用を防止できます。


  SMS認証とは?本人確認の重要性やメリット・デメリット、活用例について SMS認証は、携帯電話の番号を利用して本人確認を行うセキュリティ強化に有効な二段階認証の手法です。スマートフォンの普及により、誰もが自由にインターネットを利用できる時代になりました。同時に、より一層セキュリティの強化が懸念されています。今回は、SMS認証導入の重要性、またSMS認証のメリットやデメリット、実際の活用シーンについて紹介します。 SMS配信サービス【SMSLINK】/ネクスウェイ



認証コードの送付にSMSが使われるようになったきっかけ

認証コードの送付方法としてSMSが活用されるようになったのは、なぜでしょうか。ここでは、そのきっかけについて解説します。


携帯電話番号の登録で利用できるWebサービスの需要が高まったため

携帯電話やスマートフォンの利用者が急増し、パソコンを所有していない人でもWebサービスが手軽に使えるようになりました。また、Webサービスを利用する際にアカウント作成を求められるものも増えました。

しかし、メールアドレスだけでは不正アカウントを作成される恐れがあり、電話番号の登録が必須のサービスが増えました。



不正利用による被害が増えたため

携帯電話番号を登録させるWebサービスにおいて、電話番号の入力だけでは、他人の番号を不正に使用する問題が多発しました。安全にWebサービスを利用するためのセキュリティ強化の手段として、SMSで認証コードを送信して本人確認を行う方法が採用されるようになりました。



SMSを使って認証コードを送るメリット

SMSを使用して、認証コードを送付することでさまざまなメリットがあります。ここでは、具体的なメリットを解説します。


セキュリティの強化を図れる

SMSで認証コードを送付する方法は、二段階認証のひとつです。二段階認証とは、複数の認証方法を組みあわせてセキュリティを強化する方法です。たとえば、メールアドレスとパスワードによる認証を行ったうえでSMS認証を実施すれば、セキュリティをさらに高められます。

少ない手間で簡単にセキュリティを強化できるため、多くの企業が導入しています。


  二段階認証とは?仕組みや二要素認証との違い、利用時の注意点を説明 二段階認証とは、システムやアプリなどへのアクセスの際に、2回認証を行うことを指します。 この記事では二段階認証とは何なのか、仕組みや利用するメリットなどを詳しく解説します。 この記事を読んで、自社に合う二段階認証の方法を見つけましょう。 SMS配信サービス【SMSLINK】/ネクスウェイ


ユーザーに確認されやすい

携帯電話やスマートフォンは広く普及しており、多くの人が保有しています。電話番号を宛先とするSMSは、メールよりも確認されやすいため、伝えたい内容がユーザーに届きやすいというメリットがあります。

認証コードはすぐに確認して使用するものなので、確認しやすいSMSが適しています。



SMSを使って認証コードを送るデメリット

一部の格安SIMでは、SMSの機能を利用できないスマートフォンを扱っている場合もあります。また、なかにはSMSの受信を拒否する設定をしている人もいるため、必ず全員にSMSが届くとは限りません。

認証コードが届かない場合に備えて、IVR認証などの代替方法を用意する必要があります。


  IVR認証とは?ほかの認証方法との違いやメリットなどを解説 自社のサービスのセキュリティを強化するためには、認証方法も丁寧に検討しなければなりません。認証方法のひとつとして、音声自動応答システムを活用するIVR認証があります。 この記事では、IVR認証のメリットやほかの認証方法との違いを解説します。認証方法の選び方についても解説するため、ぜひ参考にしてください。 SMS配信サービス【SMSLINK】/ネクスウェイ



企業におけるSMS認証の活用例

SMS認証はさまざまな場面で活用されています。ここでは、SMS認証を活用している例を紹介します。


一定額を超える金融機関などへの振込

一定額を超える振込は、適切な振込であることを確認するために認証が必要となります。

SMSでワンタイムパスワードを送付し、確認のために活用している企業も多くなっています。ワンタイムパスワードとは、限られた時間だけ使用できる期限付きのパスワードです。SMSで送付した認証コードが入力欄に入力されると、振込を受け付ける仕組みになっています。


スマートフォンアプリやWebサービス内での電子決済

電子決済を行う際にSMS認証を必須としているサービスもあります。たとえば、インターネット上で決済サービスにログインする際やスマートフォンアプリで決済する際に活用されています。

SMSで送信した認証コードの入力を求め、正しい認証コードが入力されたら決済手続きを進められる仕組みです。


会員サイトの運営

会員サイトでもSMS認証により本人確認を行っているケースがあります。例えば、チケットを販売している会員サイトでは会員登録の時点で本人確認を実施しており、SMS認証を活用しています。

本人確認が必要なため、1人で複数のアカウントを作成することはできません。これにより、チケットの買い占めのために複数のアカウントを作成しようとする人が発生しないようにしています。



認証コードをSMSで送信する流れと具体的な方法

SMSで認証コードを送信するには、どうすればいいのでしょうか。ここでは、流れと具体的な方法について解説します。


SMSで認証コードを送信する流れ

SMSの配信サービスを使用せず1件ごとに認証コードを送付する場合は、最初に認証コードを発行します。そのうえで、送信者は電話番号をもとにSMSで認証コードをユーザーへ送信します。ユーザーがSMSを確認し、指定されている入力欄に認証コードを入力すると認証作業が完了します。


SMS配信サービスを利用して送信する方法

よりスムーズにSMSで認証コードを送信したい場合は、SMS配信サービスを利用すると便利です。システムを通して認証コードを自動的に配信するため、少ない手間で認証作業を進められます。

認証コードを送信する際は、ユーザーが利用する際に迅速に対応できなければなりません。そのためには、自社のシステムとAPI連携できるサービスを選ぶのがおすすめです。



効率よく認証コードを送信するためにSMS配信サービスを選ぶ際の注意点

認証コードの送信に利用するSMS配信サービスを選ぶときは、気をつけたいことがあります。ここでは、具体的な注意点を解説します。


API連携が可能なサービスを選ぶ

効率的に認証コードを送信するには、システムの機能を共有するためのAPI連携が必須です。API連携が可能なサービスを選ぶと、既存のシステムやアプリケーションで管理している顧客情報をそのまま利用できます。社内で保有している情報を有効活用できるため、業務効率化につなげやすくなります。


  SMSのAPI連携とは?SMSを自動送信するには既存システムとのAPI連携がおすすめ SMS(ショートメッセージサービス/ショートメール/Cメール)は通常、1つの宛先にしか送信できませんが、SMS一斉配信サービスを利用することにより、複数の宛先にメッセージを届けられます。SMS一斉配信サービスは、SMSのメリットを活かし、さまざまな使い方ができます。 この記事では、SMSを一斉配信したいと考えている、顧客対応の担当者に向けて、SMS一斉配信サービスとは何か、どのようなメリットやデメリットがあるのかを解説します。 SMS配信サービス【SMSLINK】/ネクスウェイ


国内回線を利用できるサービスを選ぶ

SMSを送信できる回線としては、国内回線網と国際回線網があります。国際回線網を使用するサービスを選ぶと、国内のキャリアの携帯電話やスマートフォンでメッセージがブロックされる恐れがあります。

認証コードは確実に相手に届かなければ意味がありません。国際回線網ではなく、国内回線網を使用しているサービスを選んだほうが安心です。



SMS認証に失敗する原因と対策

SMS認証は失敗するケースもあります。ここでは、SMS認証に失敗する原因と対策を解説します。


SMS受信拒否設定されている

ユーザーがSMSの受信拒否設定をしていれば、SMSを送信しても届きません。SMSの受信拒否設定をしていなくても電話帳以外の電話番号の着信を拒否しているとSMSが届かないため、注意が必要です。

これらに該当する場合、SMSで認証コードを届けるためにはユーザーに設定を変更してもらう必要があります。SMS認証を実施する前にユーザーに確認を促し、スムーズに認証コードを送信できるようにしましょう。


国内携帯キャリアにブロックされている

海外のSMS配信サービスは国際回線網を経由するため、国内キャリアの携帯電話やスマートフォンにSMSを送信してもブロックされることがあります。キャリアはスパムからユーザーを保護する目的で、国際回線網を経由しているSMSの一部をブロックしています。

すでに利用しているSMS配信サービスが国際回線網を経由している場合は、国内回線網を利用しているSMS配信サービスへの切り替えがおすすめです。



まとめ

SMSを利用して認証コードを送信すれば、セキュリティを強化しつつ簡単に本人確認を行えます。さまざまな用途で利用できるため、ぜひ活用しましょう。


ネクスウェイのSMSLINKは、業界最安値水準の1通あたり8円から利用できるSMS配信サービスです。マニュアルレスで簡単に操作でき、使いやすい機能が備わっています。FAX、郵送、メールなどの通信インフラを30年間に渡って提供してきた実績があるため、安心して利用できます。


認証コードの送付にSMSをご検討でしたら、ぜひご相談ください。


>>>業界最安値水準でSMS配信ができる「SMSLINK」のサービス資料を請求する【無料】


活用事例集


一覧に戻る >

SMSLINK紹介ページへ戻る >


株式会社ネクスウェイ/SMS推進室
株式会社ネクスウェイ/SMS推進室

主にtoC領域の企業様のコミュニケーション課題に対し、SMS配信サービス「SMSLINK」を用いた改善策の立案、サポートを提供。 顧客との様々なコミュニケーションにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

SMS配信の基礎知識

会社の緊急連絡網の作り方は?連絡手段の選び方や連絡網作成の注意点を紹介

緊急時に速やかに従業員と連絡が取れると、二次災害を抑えられます。しかし、災害に強い連絡手段を選ばなければ、せっかくの緊急連絡網が活用されません。 ここでは、会社の緊急連絡網の作成を任されている担当者に向けて、緊急連絡網の作り方や連絡手段の選び方、連絡網作成の注意点などを紹介します。緊急時のリスク対策に向け、参考にしてください。

飲食店がキャンセル料を請求する方法は?算定基準や注意点などを解説

飲食店でキャンセルが発生した場合、さまざまな損害が発生します。急なキャンセルが発生したときは、キャンセル料を請求するのも解決方法のひとつです。この記事では、キャンセルの発生に備えたいと考えている飲食店に向けて、キャンセル料の請求方法を解説します。キャンセルによる損害を小さく抑えるため、ぜひ参考にしてください。

SMS(ショート メール)を確認してもらうには?迷惑メールと間違われない文例を紹介!

SMS(ショートメッセージサービス)の利用には料金が発生します。今回はSMS配信サービスを利用した際の料金体系、またコストを抑えることが可能なネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」についてご紹介します。

アイメッセージとSMS・MMSとの違いとは?受信に必要な設定方法や注意点を解説

SMS(ショートメッセージサービス)の利用には料金が発生します。今回はSMS配信サービスを利用した際の料金体系、またコストを抑えることが可能なネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」についてご紹介します。

SMSとはどんなもの?仕組みやメリットを知って活用してみよう!

SMS(ショートメッセージサービス)はさまざまなシーンで使用できるため、SMSをビジネスに活用している企業は多いです。しかし、SMSを使ってみたいと思っていても、仕組みやメリットがわからず困っているケースもあるでしょう。この記事では、企業のサービス開発担当者に向けて、SMSの仕組みやメリットなどを解説します。SMSを上手に活用するためにぜひ役立ててください。

顧客とのコミュニケーションに

SMS配信サービスを導入してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら
デモ依頼やサービスに関するお問い合わせはこちらから
SMSLINKに関する資料をこちらからダウンロードできます