不動産業界でのSMS活用方法を徹底解説|督促に有効なSMSの使い方とは

不動産業界でのSMS活用方法を徹底解説|促督に有効なSMSの使い方とは


SMS(ショートメッセージサービス/ショートメール/Cメール)とは、携帯電話番号宛にメッセージを送信できるサービスです。不動産業界では顧客に対してさまざまな連絡を入れる機会がありますが、電話やメールではなくSMSを利用するとより便利になります。

この記事では、不動産業界においてSMSを活用するメリットや活用事例などを解説します。ぜひ参考にしてください。


顧客への連絡業務を効率化したい方へ
>>>「SMS配信サービス選び方のポイント」ダウンロード(無料)はこちらから​​​​​​


目次[非表示]

  1. 1.不動産業界で発生しやすい課題
  2. 2.不動産業界でSMSを活用するメリット
    1. 2.1.ほとんどの人に連絡できる
    2. 2.2.時間にとらわれず連絡できる
    3. 2.3.着実に情報を届けられる
    4. 2.4.信頼性がある
    5. 2.5.視認性が高い
    6. 2.6.高いコストパフォーマンスを期待できる
  3. 3.不動産業界におけるSMSの活用事例
    1. 3.1.料金の督促
    2. 3.2.契約更新のリマインド
    3. 3.3.内覧予約のリマインド
  4. 4.不動産業界でSMSを活用するときのポイント
    1. 4.1.要件をなるべく簡潔にまとめる
    2. 4.2.パソコンからSMSを送信できるサービスを活用する
  5. 5.まとめ

 

不動産業界で発生しやすい課題

不動産業界では顧客に連絡を入れる機会が多く、さまざまな課題が発生しています。

たとえば、内覧の予約者に対して事前に連絡し、内覧日時をリマインドしているケースもあるでしょう。家賃を請求したり、更新の返答を促督したりする際は、特に多くの時間や手間がかかっています。

しかし、SMSを利用して顧客に連絡を入れれば、連絡のために発生している時間や手間を減らしてスムーズにメッセージを伝えられるようになります。


不動産業界でSMSを活用するメリット

不動産業界でSMSを活用すると、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、具体的なメリットを解説します。


ほとんどの人に連絡できる

SMSは携帯電話番号を使用して送信できます。現在ではたくさんの人が携帯電話を所有しているため、ほとんどの顧客に対してSMSでメッセージを送信できるようになっています。

電話がつながらないときに備え、顧客とのやり取りのためにメールを活用しているケースもあるでしょう。しかし、顧客のなかには普段メールをほとんど見ていない人もいる可能性があります。SMSはメールほど件数が届かないため、そのような相手にもメッセージを確認してもらいやすいです。


時間にとらわれず連絡できる

SMSはテキストでメッセージを送信する連絡手段です。そのため、顧客は自分の都合がいいときにメッセージを閲覧できます。電話や対面のやり取りでは特定の時間を割く必要がありますが、SMSならお互いの都合があわなくてもスムーズな情報の伝達が可能です。

SMSで送信できる文字数は限られており、メッセージは簡潔にまとめる必要があります。顧客は要点を素早く確認できるため、伝えたいことがきちんと伝わる可能性が高いです。


  SMSには文字数制限がある?上限について説明 SMSの文字数制限や送信にかかる料金、法人がSMSを送信する際の注意点などについて詳しく紹介します。SMSは、電話番号だけでメッセージが送信できる手軽で便利なサービスです。しかし、受信側の機種やキャリアによっては最大70文字までしか送信できないこともあるため注意しましょう。 SMS配信サービス【SMSLINK】/ネクスウェイ



着実に情報を届けられる

メールは相手が設定していないと受信してもらえないことがあります。相手がメールを利用できる状態でも、設定状況によっては送信したメールが迷惑メールに分類されて内容を見てもらえない可能性もあります。

また、メールアドレスは電話番号よりも気軽に変更できます。顧客がメールアドレスを変更すれば、連絡をとれなくなるため注意が必要です。

電話番号を頻繁に変える人はあまりいないため、SMSならメールよりも着実にメッセージを届けられます。


信頼性がある

SMSは信頼性のある連絡手段です。Webサイトへログインする際の認証において、ワンタイムパスワードの通知方法としても採用されています。SMSは電話番号が宛先となっており、不正なアカウントの作成を防止できると考えられているからです。

顧客に安心してSMSを確認してもらうためには、あらかじめSMSでメッセージを送る可能性があると伝えておくとよりよいでしょう。


視認性が高い

携帯電話でSMSを受信した場合、画面上に通知のサインが表示されます。設定状況にもよりますが、SMSなら顧客がスマートフォンの画面を見たときにすぐに気づいてもらえる可能性が高いです。

また、SMSで送信できる文字数は少ないため、顧客は気軽に目を通せます。簡単に内容を把握でき、情報を着実に伝えられます。SMSは視認性が高く、ほかの連絡手段よりも顧客に内容を確認してもらいやすいです。


高いコストパフォーマンスを期待できる

電話で連絡する場合は通話料金、DMを送信する場合は印刷代や送料がかかります。

一方、SMSでメッセージを送信する場合は文字数に応じた料金が発生します。情報量に応じて料金が発生するため、無駄がありません。

また、SMSは電話と異なり、連絡したタイミングで相手が気づかなくてもメッセージを伝えられます。何度も連絡する手間がかからないため、高いコストパフォーマンスを期待できます。


  SMS送受信にかかる料金は?法人向けに徹底解説|SMS配信サービス【SMSLINK】 SMS(ショートメッセージサービス)を利用したメッセージ送信を行った際には、料金が発生します。今回は、SMS送信を行った際の送信料金のほか、SMS送信サービス利用した際の料金体系、またSMS送信のコストを抑えることが可能なネクスウェイのSMSメッセージ送信サービス「SMSLINK」についてご紹介します。 SMS配信サービス【SMSLINK】/ネクスウェイ



不動産業界におけるSMSの活用事例

不動産業界では、さまざまなシーンでSMSを活用できます。ここでは、具体的な活用事例について解説します。


料金の督促

SMSを活用すると、料金の督促もスムーズに行えます。

たとえば、賃貸料の支払いが遅延した際も、SMSで通知すれば相手に内容を確認してもらいやすいです。うっかり支払いを忘れていたなら、その時点で対処してもらえます。

電話や訪問で督促するには手間がかかりますが、事前にSMSで督促すると余計な業務を減らすために役立ちます。


  督促ならSMSが効果的!メリットや注意点、選ぶ際のポイント8つを紹介|SMS配信サービス【SMSLINK】 ビジネスシーンで督促をする際には電話やメール、DMといった方法があります。しかし、依然としてユーザーへ繋がらない、反応がないといった問題は絶えません。そこで、より効果的と言われているSMS(ショートメッセージサービス)を督促に使う企業が増えています。この記事では、SMSでの督促にはどのようなメリットがあるのか、SMS送信サービスを選ぶ際の注意点などを紹介します。 SMS配信サービス【SMSLINK】/ネクスウェイ



契約更新のリマインド

契約更新の際には封書などを郵送して連絡することが多いと思いますが、更新書類が返送されてこない場合、電話で連絡を入れるでしょう。しかし、電話をかけても顧客が必ず出られるとは限りません。留守番電話にメッセージを残すのもひとつの方法ですが、相手が気づかない可能性もあります。

顧客が電話に出なかったときにSMSでメッセージを入れると、電話をしたことや要件を着実に伝えられます。上手にSMSを活用すれば、契約更新をスムーズにリマインドできるでしょう。


内覧予約のリマインド

顧客によっては、内覧予約をしたことを忘れる人もいます。また、予約した日時がわからなくなるケースもあるでしょう。顧客が内覧予約の日時に現れなければ、余計な手間や時間が発生します。

そのような事態を防ぐためには、SMSでリマインドすると効果的です。事前にSMSを送信し、内覧予約の日時を通知しましょう。SMSを見て顧客が内覧予約を思い出せば、急なキャンセルも防止できます。



不動産業界でSMSを活用するときのポイント

不動産業界でSMSを活用する際はさまざまなポイントがあります。押さえておくべきポイントを具体的に解説します。


要件をなるべく簡潔にまとめる

顧客がSMSを確認しやすいのは、短文であることが大きな理由です。そのため、SMSを送信する際はなるべく簡潔にまとめるようにし、伝えたい内容がひと目で伝わるようにしましょう。

伝えたい内容が多くてSMSだけでまとめられないときは、URLを記載してWebサイトに誘導する方法もあります。


パソコンからSMSを送信できるサービスを活用する

基本的にSMSは携帯電話からでないと送信できません。たくさんの顧客へSMSを送信するためには、パソコンからSMSを送信できるサービスを利用すると便利です。SMSの配信サービスなら、個別配信はもちろん、同時配信にも対応しています。

さまざまなシーンで顧客との連絡に役立つため、ぜひパソコンでSMSを利用できるサービスを導入しましょう。


>>>「SMS配信サービス選び方のポイント」ダウンロード(無料)はこちらから



SMS配信サービスの料金や特徴などは下記の記事にまとめておりますので、ぜひご覧ください。


  【法人向け】SMS配信サービスの料金や使い方、メリットなどを解説|SMS配信サービス【SMSLINK】 SMS(ショートメッセージサービス)は携帯電話の番号宛にメッセージを送る仕組みのことです。法人がSMS配信サービスを使用する際の料金やメリット、個人でのSMS利用との違いなどを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 SMS配信サービス【SMSLINK】/ネクスウェイ


まとめ

不動産業界では顧客に連絡を入れる場面が多いため、SMSを活用するとやり取りを効率化できます。SMSにはたくさんのメリットがあり、不動産業界で活用できるシーンがたくさんあります。


ネクスウェイのSMSLINKは、誰でも使いやすいSMS配信サービスです。FAX、郵送、メールなどの通信インフラを30年間提供してきた実績をもとに、便利な機能を提供しています。

業界最安値水準である1通8円からメッセージを送信できます。サポートも充実しているため、ぜひ導入を検討してください。



>>>業界最安値水準でSMS一斉配信ができる「SMSLINK」のサービス資料を請求する【無料】


活用事例集


一覧に戻る >

SMSLINK紹介ページへ戻る >


株式会社ネクスウェイ/SMS推進室
株式会社ネクスウェイ/SMS推進室

主にtoC領域の企業様のコミュニケーション課題に対し、SMS配信サービス「SMSLINK」を用いた改善策の立案、サポートを提供。 顧客との様々なコミュニケーションにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

SMS配信の基礎知識

会社の緊急連絡網の作り方は?連絡手段の選び方や連絡網作成の注意点を紹介

緊急時に速やかに従業員と連絡が取れると、二次災害を抑えられます。しかし、災害に強い連絡手段を選ばなければ、せっかくの緊急連絡網が活用されません。 ここでは、会社の緊急連絡網の作成を任されている担当者に向けて、緊急連絡網の作り方や連絡手段の選び方、連絡網作成の注意点などを紹介します。緊急時のリスク対策に向け、参考にしてください。

飲食店がキャンセル料を請求する方法は?算定基準や注意点などを解説

飲食店でキャンセルが発生した場合、さまざまな損害が発生します。急なキャンセルが発生したときは、キャンセル料を請求するのも解決方法のひとつです。この記事では、キャンセルの発生に備えたいと考えている飲食店に向けて、キャンセル料の請求方法を解説します。キャンセルによる損害を小さく抑えるため、ぜひ参考にしてください。

SMS(ショート メール)を確認してもらうには?迷惑メールと間違われない文例を紹介!

SMS(ショートメッセージサービス)の利用には料金が発生します。今回はSMS配信サービスを利用した際の料金体系、またコストを抑えることが可能なネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」についてご紹介します。

アイメッセージとSMS・MMSとの違いとは?受信に必要な設定方法や注意点を解説

SMS(ショートメッセージサービス)の利用には料金が発生します。今回はSMS配信サービスを利用した際の料金体系、またコストを抑えることが可能なネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」についてご紹介します。

SMSとはどんなもの?仕組みやメリットを知って活用してみよう!

SMS(ショートメッセージサービス)はさまざまなシーンで使用できるため、SMSをビジネスに活用している企業は多いです。しかし、SMSを使ってみたいと思っていても、仕組みやメリットがわからず困っているケースもあるでしょう。この記事では、企業のサービス開発担当者に向けて、SMSの仕組みやメリットなどを解説します。SMSを上手に活用するためにぜひ役立ててください。

顧客とのコミュニケーションに

SMS配信サービスを導入してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら
デモ依頼やサービスに関するお問い合わせはこちらから
SMSLINKに関する資料をこちらからダウンロードできます