SMS認証は必須?SMS認証サービスを導入するための必要知識を解説します

SMS認証は必須?SMS認証サービスを導入するための必要知識を解説します


二段階認証はソフトやアプリにログインする場合などに、IDとパスワードの組み合わせの他にもう一つの要素の認証を求めるもので、サイトやアプリのセキュリティを高めるうえで欠かせないものです。しかし、二段階認証をどのように導入すればよいかわからない人もいるかもしれません。

この記事では二段階認証やSMS認証について、選び方や導入方法まで詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。


>>API連携でSMS認証ができる「SMSLINK」のサービス資料を請求する【無料】


目次[非表示]

  1. 1.SMS認証とは二段階認証のうちの一つ
    1. 1.1.二段階認証とは
    2. 1.2.二段階認証と二要素認証の違いとは
    3. 1.3.二段階認証の有効性
  2. 2.二段階認証が活用されるケース
    1. 2.1.サービスにログインするとき
    2. 2.2.金融機関や保険会社など
    3. 2.3.チケット購入
  3. 3.なぜSMS認証が二段階認証でよく使われるのか
    1. 3.1.セキュリティ性が高い
    2. 3.2.大量の不正アカウントの取得を防げる
    3. 3.3.ユーザーの利用ハードルが低い
    4. 3.4.コストが比較的安価
  4. 4.SMS認証のデメリット
    1. 4.1.格安SIMスマートフォンはプランによってはSMSが使えない
    2. 4.2.必要な機能がそろっているか
    3. 4.3.スマートフォンが盗まれると意味がない
  5. 5.SMS配信サービス導入時の確認ポイント
    1. 5.1.API連携できるのかどうか
    2. 5.2.国内直収型かどうか
    3. 5.3.導入実績は豊富か
  6. 6.SMS配信サービスの導入方法
    1. 6.1.自社の目的にあったサービスを選ぶ
    2. 6.2.SMS認証を実装する
  7. 7.まとめ

SMS認証とは二段階認証のうちの一つ

二段階認証とはどのような認証方法なのか、その有効性などを解説します。


二段階認証とは

二段階認証とはIDとパスワードの組み合わせによる認証後に、さらに他の要素による認証を要求するものです。例えば、SMS認証、指紋認証、秘密の質問、画像による質問、電話やEメールを活用してのワンタイムパスワードなどが二段階認証として使われています。

二段階認証を用意しておけば、IDやパスワードを入手されても不正ログインがされにくくなり、サイトのセキュリティ性を高められます。


二段階認証と二要素認証の違いとは

本人確認を行うために使われる要素は以下のようなものがあります。

  • 電話番号やパスワードなどの本人のみが知っている情報(知識情報
  • スマートフォンや携帯電話など本人が所有しているもの(所持情報
  • 指紋や虹彩などの生体固有のものを利用する認証(生体情報

二段階認証は、上記のうち一つの要素を使って二回認証することも含まれます。 一方、二要素認証とは、上記のうち二つの要素を利用した認証方法を指します。

参考記事: SMS認証とは?本人確認の重要性やメリット・デメリット、活用例について


二段階認証の有効性

二段階認証であれば、複数回の認証が必要になるため、外部端末からの不正ログインされる可能性を下げられます。さらに、複数の認証要素を組み合わせれば、より本人であるという正確性が高まるでしょう。

また、2020年には新型コロナウイルス感染症が流行し、対面でのやりとりが難しくなってきました。インターネットを介した二段階認証であれば、対面せずに本人確認ができるようになります。


二段階認証が活用されるケース

二段階認証はインターネットの普及により、多くの場面で活用されています。


サービスにログインするとき

二段階認証はSNSや企業が提供するサービスにログインするときによく活用されます。特に、不正ログインによる被害が大きくなりがちな、金銭を扱うサイトで採用されることが多いです。

また、サービス開始時の最初の本人認証はもちろん、ログインするたびに認証を求める場合もあります。出入金など、お金の行き来があるという場合には、都度認証する設計している事業者が多いです。

また、ポイントサイトなど、一人で複数アカウント作ることで不正にポイントを取得されるようなサービスにおいても、本人確認のために二段階認証を採用するケースがみられます。



金融機関や保険会社など

金融機関や保険会社、証券会社のサービスやアプリなどでは二段階認証が採用されています。不正ログインを行われると、不正な送金や出金が行われ、顧客に大きな損失が出る可能性があるためです。また、保険会社で重要書類をメールでやりとりするときに、情報漏洩対策として二段階認証をして本人確認を行う場合もあります。


チケット購入

チケットは高額転売されやすい商品の一つで、大きな社会問題にもなっています。法律でチケットの転売は禁止されていますが、それでも転売しようとする人は少なくありません。

二段階認証で本人確認を行うことで、チケットを購入した本人のみが購入できるような仕組みを作れます。


なぜSMS認証が二段階認証でよく使われるのか

SMS認証は二段階認証の中でも多くの企業が採用している方法です。SMS認証がなぜ多く使われているかについて解説します。


セキュリティ性が高い

SMS認証はIDとパスワードによる知識認証とは異なり、所有物認証での認証となるため、二つの認証の種類をかけ合わせるため、セキュリティ性がより高くなります。

該当する電話番号の携帯電話やスマートフォンを所持していなければ不正ログインはできず、万が一IDとパスワードが流出したときでも安心です。スマートフォンは肌身離さず持っているという人も多く、本人であることを証明しやすいでしょう。


大量の不正アカウントの取得を防げる

SMS認証では、携帯電話の番号を利用してメッセージを発信するため、メールアドレスのように、同一人物が大量の不正アカウントを取得してサービスを利用することが難しいといえます。そのため、不正利用を目的とした複数アカウントの作成防止にも、SMS認証は効果的です。


ユーザーの利用ハードルが低い

SMS認証では携帯電話宛てに4桁や6桁のショートコード(ワンタイムパスワード)が送信され、そのコードを入力するだけで、アプリやシステムにログインできます。機種によっては受信したショートコードが自動で入力できるなど、より手軽に入力できるものもあります。ユーザーが認証できずに、サービスの利用を諦めるようなことは起こりにくいでしょう。

また、アプリ認証のようにユーザーがアプリをインストールする手間もかかりませんし、スマートフォンだけでなくガラケーユーザーでもSMSは受信できることもメリットといえます。


コストが比較的安価

SMS認証は二段階認証の中でも、導入コストが比較的安価な方法です。サービスによっては初期コスト0円で導入できるものもあります。導入の手間も少なく、時間的な労力もかかりません。

また、一通あたりの送信コストも比較的安く、企業の負担も少ないでしょう。

参考記事:【徹底解説】SMS送受信にかかる料金は?


SMS認証のデメリット

SMS認証は多くのメリットがありますが、デメリットもあります。ここではSMS認証のデメリットについて解説します。


格安SIMスマートフォンはプランによってはSMSが使えない

格安SIMスマートフォンの場合、SMSが受信できない場合があります。格安SIMのプランにはデータ通信のみのものがあり、この場合、電話回線は利用できないためSMSが受け取れません。また、スマートフォンの設定でSMSの受信拒否設定をしている人もいます。場合によっては、メールアドレスに番号を通知するなどの代替手段を用意しなければならないでしょう。


必要な機能がそろっているか

自社で必要な機能がそろっているサービスかどうか確認しましょう。例えば、長文対応であることや文字数を抑えるための短縮URL挿入機能、顧客ごとの名前や日付などの情報を差し込む機能など、用途にあわせて必要な機能が揃っているか確認しましょう。


SMSが使えない場合の対策法

ユーザーがSMSを使用できない場合の対策として、まずはSMS受信拒否設定をしないようにアナウンスをしましょう。事前にアナウンスしておけば、SMS認証が届かないという問い合わせを減らせるかもしれません。

また、どうしてもSMS認証が受け取れない人のために、電話、メールなど違う手段で認証できるように対策しましょう。


スマートフォンが盗まれると意味がない

ユーザーのスマートフォンが第三者に盗まれた場合、SMS認証をしても不正ログインをされてしまう可能性があります。IDやパスワードが端末に保存されている場合は、すぐに不正ログインされてしまいます。

盗難対策は個人で行うしかないものですが、不正ログインがされた場合に企業側ではどのように対処し被害を抑えるのかについて方針を決めておく必要があります。


SMS配信サービス導入時の確認ポイント

SMS認証を行うためにSMS配信サービスを導入する場合、導入をスムーズに行うために、どのような点に気を付ければいいのかについて解説します。


API連携できるのかどうか

自社のサイトとSMS配信サービスを連携させるためには、API連携できるサービスを選ばなければなりません。APIとはアプリケーションやソフトウェアをプログラムとつなぐためのツール、もしくはプロトコルのことです。


SMS認証を行うためには、ユーザーからのアクションに対して、SMSを自動で瞬時に送る必要があります。SMSを自動送信するためには、API連携できるSMS配信サービスが欠かせません。

例えば、Webサイトで新規会員登録したユーザーに対し、ワンタイムパスワードや本人認証URLを発行して、自動でSMSを送信する場合、API連携が必要です。自社システムで管理している顧客情報とSMS配信サービスをAPI連携することで、SMSを自動で瞬時に送ることができます。

API連携ができるサービスでなければ、導入しても使用できないため、事前によく確認しておきましょう。

参考記事:SMSのAPI連携とは?SMSを自動送信するには既存システムとのAPI連携がおすすめ


国内直収型かどうか

SMS配信サービスには、国内回線網と国際回線網を用いるものの2種類があります。

国際回線網を用いるサービスは、海外のSMS配信サービス会社と接続し、海外の回線を利用してSMSを送信するものです。しかし、海外回線はスパムが多く検出されることもあり、通常のメッセージであっても受信側でブロックされるケースもあります。そのため、国内回線を利用する場合に比べると、到達率は低いと言われています。

一方で、国内回線網を用いるサービスは、日本国内の携帯キャリアが正規のルートとして認めている国内回線を介してSMSを送信するサービスです。携帯キャリアからブロックされる可能性が低いため、SMSの内容を相手に届けやすいです。携帯キャリアと直接接続するSMS送信サービスの料金の相場は、10円前後です。

また、携帯キャリアと直接接続しているサービスに接続し、国内網を利用してSMSを送信するサービスが直収型と呼ばれるサービスです。直接接続しているサービスに接続するSMS送信サービスの料金の相場は、15円前後です。

参考記事: SMS送信サービスとは?特徴や料金、選び方を徹底解説!


導入実績は豊富か

SMSサービスを導入するならば、導入実績が豊富なサービスを選択したほうがいいでしょう。さまざまな種類の企業に導入していれば、API連携について的確なアドバイスがもらえるかもしれません。
SMS認証に問題が起きれば、顧客への損害が大きく自社の信頼も失ってしまうこともあります。安心して任せられるサービスを選ぶようにしましょう。


SMS配信サービスの導入方法

SMS認証を導入するために、SMS配信サービスを利用するまでの具体的な手順について解説します。


自社の目的にあったサービスを選ぶ

まず、どのようにSMS認証を利用したいのか、自社の目的を明確にしましょう。自社が欲しいセキュリティ性能は満たしているのか、機能は十分備わっているのか、自社にあったSMS配信サービスを選ぶようにしましょう。

また、価格や料金プランも、それぞれのサービスによって異なります。自社に必要な機能を予算内で利用できるかどうかチェックしましょう。単に便利な機能がついているかどうかだけでなく、費用対効果についてきちんと確認する必要があります。料金が安くても手間がかかると効率が下がるため、注意が必要です。


SMS認証を実装する

利用するSMS配信サービスが決まったら、そのサービスが提供する仕様書やサンプルコードを参考にし、自社サイトにSMS認証を実装しましょう。

テスト環境が使えるか、アフターフォローまでしっかりとしているかなどの観点でSMS配信サービスを選びましょう。


まとめ

SMS認証はセキュリティ性を高めるために有効で、ユーザー側の入力操作も簡単である点がメリットです。企業側も導入までのハードルが低く、ランニングコストもそこまでかかりません。二段階認証の導入を検討している場合はSMS認証がおすすめです。

ネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」は、マニュアルレスで簡単に操作できます。使いやすい機能が充実しているのに加え、1通あたり8円~という業界最安値水準です。 FAX、郵送、メールなどの通信インフラを30年間に渡って提供してきた実績があり、保守・運用・サポートが充実しています。


>>パソコンからSMSが一斉配信できる「SMSLINK」のサービス資料を請求する【無料】



活用事例集


一覧に戻る >

SMSLINK紹介ページへ戻る >


株式会社ネクスウェイ SMS推進室
株式会社ネクスウェイ SMS推進室

主にtoC領域の企業様のコミュニケーション課題に対し、SMS配信サービス「SMSLINK」を用いた改善策の立案、サポートを提供。 顧客との様々なコミュニケーションにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

SMS配信の基礎知識

SMS送受信にかかる料金は?法人向けに徹底解説

SMS(ショートメッセージサービス)の利用には料金が発生します。今回はSMS配信サービスを利用した際の料金体系、またコストを抑えることが可能なネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」についてご紹介します。

SMS配信とは?注目されている理由や優れているポイント、事例を紹介!

社会にIT技術が浸透していくとともに、顧客への連絡にSMS(ショートメッセージサービス)を配信する企業が増えています。SMSは視認性が高く、ユーザーへ連絡する手段として優れており、ツール(SMS配信サービス)を導入している企業も少なくありません。 今回は、SMS配信について注目されている理由、他の連絡手段と比べて優れているポイント、活用事例などを解説します。ぜひ参考にしてください。

【法人向け】SMS配信サービスの料金や使い方、メリットなどを解説

SMS(ショートメッセージサービス)は携帯電話の番号宛にメッセージを送る仕組みのことです。法人がSMS配信サービスを使用する際の料金やメリット、個人でのSMS利用との違いなどを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

企業におすすめのSMS配信サービスとは?到達率アップ&コストダウンを実現

メールを送っても反響がない・視認性が低い、電話だと工数がかかるというお悩みはありませんか。本記事では、SMS(ショートメッセージサービス)をPCから送れるSMS配信サービスが企業の顧客コミュニケーションにおすすめの理由について解説します。視認性が高いSMSを用いて、顧客コミュニケーション効果を高めてください。

【法人向け】おすすめのSMS配信サービスについて解説。料金や特徴などのポイントをご紹介

法人向けSMS配信サービスのメリットや選び方を解説します。メールに比べて到達率と視認性が高い情報伝達手段として、特にBtoCの分野でSMS(ショートメッセージサービス)の再評価が進んでいます。ユーザーへ確実にメッセージを届けるSMS配信サービスについてご紹介します。

顧客とのコミュニケーションに

SMS配信サービスを導入してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら
デモ依頼やサービスに関するお問い合わせはこちらから
SMSLINKに関する資料をこちらからダウンロードできます