SMSの活用方法を徹底解説!~企業でのおすすめのSMS活用方法とは?

SMSの活用方法を徹底解説!~企業でのおすすめのSMS活用方法とは?

企業内でのSMS(ショートメッセージサービス/ショートメール/Cメール)活用が注目を集めています。

この記事では、企業内で活用されている事例やSMSのメリットなどを解説いたします。
SMS送信を使った業務改善を検討の場合、ぜひ参考にしてください。


>>パソコンからSMSが一斉配信できる「SMSLINK」のサービス資料を請求する【無料】


目次[非表示]

  1. 1.企業でのSMS活用方法にはどのようなものがある?
    1. 1.1.本人認証(SMS認証)
    2. 1.2.予約確認
    3. 1.3.面接や説明会などの日程通知
    4. 1.4.契約更新や検診通知など、定期的な案内の通知
    5. 1.5.従業員への緊急連絡
  2. 2.企業でSMSを活用する4つのメリット
    1. 2.1.視認性の高さ
    2. 2.2.送信コストの抑制
    3. 2.3.電話番号でメッセージの送信が可能
    4. 2.4.到達率の高さ
  3. 3.企業内でSMSを活用するなら「SMSLINK」
  4. 4.SMS活用は企業でも注目されている有効な連絡手段!

企業でのSMS活用方法にはどのようなものがある?

企業での連絡手段としても利用されるSMSには、さまざまな活用方法があります。

たとえば、次の5つの活用方法は、企業での活用方法としても多く利用されているものとして知られています。

  1. 本人認証(SMS認証)
  2. 予約確認
  3. 面接や説明会などの日程通知
  4. 契約更新や検診通知など、定期的な案内の通知
  5. 従業員への緊急連絡

以下、これら5つの活用方法について具体的に確認していきましょう。


本人認証(SMS認証)

SMSを利用した本人認証(SMS認証)は、携帯電話の電話番号をつかって本人確認を行う認証手段の一つです。スピーディーでセキュリティ面でも安心できる認証手段であり、多くの企業で導入されています。

SMSは、携帯電話番号を利用して本人にメッセージを送信できるほか、電子メールと異なり契約したSIMカードに対して1つだけの設定となるため、1人が複数人になりすまして利用することを防ぐことが可能です。

また、携帯電話番号は、各携帯電話キャリアが免許証などでの本人確認を行い付与されるものであるため、本人確認の手段としても非常に有効なものとなっています。

参考記事:SMS認証とは?本人確認の重要性やメリット・デメリット、活用例について


予約確認

現在社会問題化している無断キャンセル被害防止にも、SMSを活用した対策が有効です。

顧客の携帯電話番号を利用して、SMSによるメッセージ送信を行えば、事前に予約情報の連絡を行うことができます。

予約確定後のキャンセルについては、キャンセルまでの期日と連絡先を送信し、前日に再度予約内容を送ることで、無断キャンセル防止にも効果を発揮します。

参考記事:美容院のSMS配信によるキャンセル防止策!


面接や説明会などの日程通知

面接や説明会の日程通知などを伝えたい場合、日中に電話をとることができない求職者宛てにも、SMSであれば、確実にメッセージを届けることができます。

文字として情報が残るSMSは、求職者側でも都合のつく時間帯にゆっくりと確認がしやすく、求職者と採用者側とでの確実なコミュニケーション手段としても有効です。


契約更新や検診通知など、定期的な案内の通知

家賃や保険の更新、また、病院の検診などといった定期的な案内の通知にもSMSが活用できます。

SMSの予約配信機能を利用することで、メッセージの送り忘れや連絡漏れ防止にも対応できます。

参考記事:家賃滞納者への催促はSMSが有効?そのメリットとは


従業員への緊急連絡

災害に強い音声通話の回線ネットワークを利用しているSMSは、従業員への緊急連絡にも利用できます。

すでに多くの企業では、社員の災害時における安否確認や情報共有手段として活用されています。

参考記事:従業員への緊急連絡にSMSが選ばれる理由とは


企業でSMSを活用する4つのメリット

このように企業での連絡手段として利用されているSMSですが、企業内でSMSを活用するメリットには、次の4つが挙げられます。

  • 視認性の高さ
  • 送信コストの抑制
  • 携帯電話番号へのメッセージの送信が可能
  • 到達率の高さ

ここでは、これら4つのメリットについて解説いたします。


視認性の高さ

SMSでのメッセージ送信は、相手方の携帯電話にポップアップ表示され、Webメールよりも気付きやすいと言われています。

また、1人あたりの受け取るSMSの数は非常に少ないため、実際にSMSが届くと、重要なメッセージかどうかを確認するためにSMSをチェックする可能性が高まります。


送信コストの抑制

SMSは、連絡がとれるまで何度も連絡をとる必要がないため、電話など従来からの連絡手段と比較すると低コストで利用できます。

結果として、連絡業務に関わる従業員の人件費や、連絡に必要な通信費の削減につながるでしょう。


電話番号でメッセージの送信が可能

携帯電話の番号さえわかればメッセージの送信が可能なSMSは、相手を問わず確実に情報を伝えられます。

また、相手先の端末がスマートフォンだけでなく、ガラケー(フィーチャーフォン)でも対応できるため、スマホを所持していない年配者にも有効です。


到達率の高さ

SMSは、電子メールでのメールアドレスと異なり、アドレスの変更が少ないという点で、メッセージ未達率が低い傾向にあります。

そのため、未達を防ぎ、確実に相手先に情報を届けたいという場合にも、SMSの利用はおすすめです。


企業内でSMSを活用するなら「SMSLINK」

企業内での活用が注目を集めているSMSですが、より便利に利用するのであればSMS配信サービスの利用が便利です。

ネクスウェイのSMSLINKは、業界最安値水準の1通あたり8円~という低価格で、高いメッセージ到達率を実現した高品質な配信サービスを提供しています。

パソコンから簡単に送信できる「Webタイプ」とシステム連携で自動送信できる「APIタイプ」をご用意し、お客様ごとに最適なプランや運用方法をご提案させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。


SMS活用は企業でも注目されている有効な連絡手段!

メッセージの到達率や視認性が高く、送信コストの抑制もできるSMSは、電話や電子メールにかわる、企業でも注目の有効な連絡手段です。

企業内でもさまざまなシーンで利用されているSMSを上手に活用し、課題の解決に活かしてみてはいかがでしょうか。


活用事例集


一覧に戻る >

SMSLINK紹介ページへ戻る >


株式会社ネクスウェイ SMS推進室
株式会社ネクスウェイ SMS推進室

主にtoC領域の企業様のコミュニケーション課題に対し、SMS配信サービス「SMSLINK」を用いた改善策の立案、サポートを提供。 顧客との様々なコミュニケーションにかかわる人にとって、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

SMS配信の基礎知識

SMS送受信にかかる料金は?法人向けに徹底解説

SMS(ショートメッセージサービス)の利用には料金が発生します。今回はSMS配信サービスを利用した際の料金体系、またコストを抑えることが可能なネクスウェイのSMS配信サービス「SMSLINK」についてご紹介します。

SMS配信とは?注目されている理由や優れているポイント、事例を紹介!

社会にIT技術が浸透していくとともに、顧客への連絡にSMS(ショートメッセージサービス)を配信する企業が増えています。SMSは視認性が高く、ユーザーへ連絡する手段として優れており、ツール(SMS配信サービス)を導入している企業も少なくありません。 今回は、SMS配信について注目されている理由、他の連絡手段と比べて優れているポイント、活用事例などを解説します。ぜひ参考にしてください。

【法人向け】SMS配信サービスの料金や使い方、メリットなどを解説

SMS(ショートメッセージサービス)は携帯電話の番号宛にメッセージを送る仕組みのことです。法人がSMS配信サービスを使用する際の料金やメリット、個人でのSMS利用との違いなどを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

企業におすすめのSMS配信サービスとは?到達率アップ&コストダウンを実現

メールを送っても反響がない・視認性が低い、電話だと工数がかかるというお悩みはありませんか。本記事では、SMS(ショートメッセージサービス)をPCから送れるSMS配信サービスが企業の顧客コミュニケーションにおすすめの理由について解説します。視認性が高いSMSを用いて、顧客コミュニケーション効果を高めてください。

【法人向け】おすすめのSMS配信サービスについて解説。料金や特徴などのポイントをご紹介

法人向けSMS配信サービスのメリットや選び方を解説します。メールに比べて到達率と視認性が高い情報伝達手段として、特にBtoCの分野でSMS(ショートメッセージサービス)の再評価が進んでいます。ユーザーへ確実にメッセージを届けるSMS配信サービスについてご紹介します。

顧客とのコミュニケーションに

SMS配信サービスを導入してみませんか?

お電話でのお問い合わせはこちら
デモ依頼やサービスに関するお問い合わせはこちらから
SMSLINKに関する資料をこちらからダウンロードできます